一級建築士の「住宅のヒントと秘訣」

注文住宅を考えたら「住宅の考え方が180度変わる」住宅勉強会やセミナー、他では聞けない住宅や建築がわかるブログ。

上棟にクレーン車2日間の理由(2)

2018年09月15日 09時40分06秒 | 住宅ノウハウ・実例
▲ 2日目は、この屋根パネルを揚げるために
クレーン車が必要でした


上棟が終わって、連続してクレーン車を必要としたのは
特殊な屋根パネルを使うためです。

構造上、許容応力度計算を満たすには、プランを成立させるためには
この屋根パネルの強度がどうしても必要でした。

建築基準法上の木造2階建てだけの計算では、もちろん不要ですが
時々、この屋根パネルを使います。

建物が特別大きくない場合は、
上棟の日に1日でクレーン車で行うこともあります。
 


▲▼屋根パネル 断熱性能と強度を備えた優れものです。
デメリットは、ひとつ、ちょっと高いのです。


この屋根パネルは、いつも同じメーカーの担当者が設計時の打ち合わせから、
施工当日も来てくれて、付きっ切りで施工指導してくれます。
15年前から、ミタス一級建築士事務所には同じ担当者で安心です。

……………………………………………………………………………

ご意見があれば、お気軽にどうぞ!

メールでのお問い合せ

注文住宅 横浜市

横浜市 一級建築士事務所


All contentsCopyright R 2018 mitasu 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 上棟にクレーン車2日間の理由... | トップ | 不動産売買仲介のお仕事 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

住宅ノウハウ・実例」カテゴリの最新記事