一級建築士の「住宅のヒントと秘訣」

注文住宅を考えたら「住宅の考え方が180度変わる」住宅勉強会やセミナー、他では聞けない住宅や建築がわかるブログ。

住宅の断熱性と快適性を考える(8)

2018年05月01日 09時01分47秒 | 住宅ノウハウ・実例
▲ ロフトへの吹抜けを下のリビングから見たところ


吹き抜けからの光は明るくて良いですね。
それだけでなく、上下の風は流れやすくて有効です。

住宅の断熱性と快適性を考える(7)
でも説明しました。

今回は、実践編というべき内容です。

1階から階段を伝わって2階へと風が流れ、さらに2階リビングの吹き抜けから
ロフトの窓へと流れるパターンです。

これだけ上下差があると、外にあまり風が吹いていなくても
そよそよと流れるのです。

でも、冬は少し不安という人もいます。
天井扇を付けるような大きな吹き抜けではないので

階段は、引き違いで塞げるように
その吹き抜けは、冬は風を止めることができるように考えてみました。

ロフトの窓は、電動開閉式で2階からリモコンで開閉できます。

窓の開閉を目で確かられるように、まだリモコンが問題なく作動するように
されに、光を取り入れるために、アクリルパネルを透明にしました。

そのアクリルパネルを、季節に応じて手動で簡単に開閉できるように
簡単なアイデアを具現化するために、
ホームセンターにいって小道具を探してきました。

作業も私がひとりでセッティングしましたので、写真で紹介しましょう。

 

▲上に見える左の窓は電動開閉して風が流れます。
現在は、窓も閉めていますし透明のアクリルパネルが置かれているので
光は溢れていますが、風は流れません。作業完了形で、冬のパターンです。



▲アクリルパネルのチェーンを引っ張り、手前のフックに掛けて
オープンにしたところです。開いた状態を簡単に維持します。


▲これがチェーンを掛けているフック。
通常のハンガーフックを、上下さかさまにして、
リングを付けてチェーンに簡単に掛けられるようにしています。

閉めたとき、開けたとき、いずれもチェーンのリングがそれぞれの場所に付けたので
ここで簡単に掛けられるようになっています。


▲アクリルパネルを閉めたところを、ロフトから見下ろしています。
チェーンが付いていますが、閉めた状態でチェーンを開けるときに
使いやすいように、手前のフックに掛けて確保しています。



▲ロフトから誤って落ちないように、手摺り壁で立ち上げていますが
この手摺り壁にフックを付けて、チェーンで留めています。



大きな透明のアクリルパネルに直径10ミリの穴を2カ所あけます。

ギリギリ入る程度のチェーンをリングに掛けて、2箇所に通します。
このチェーンは1本の耐荷重90キロで、それが2本で5キロくらいの
アクリルパネルを引っ張りあげますので、充分安全をみています。

ですが、荷重がかかるのはその時だけで、
開けているとき、閉めているときにはこのチェーンには
チェーンの自重以外の荷重は、かかりません。

フックとチェーン、さらにリングを4つ、
そしてフックを留めるビスは同封されたビスが短いので
同じような色で、長いタイプを別に購入しました。
石膏ボードの上から留めるため、同封のビスでは下地までしっかり留めるには
短か過ぎるためです。

開けたとき、閉めたときの位置に、それぞれリングを固定して
リングをフックに掛ければ出来上がりです。

作業は短時間で終わりましたが、

どういう方法で安全に開閉しようか、
どういう道具にしようか、

それに合わせて、事前に木工事をしてもらうために
その方法を職人さんと現場監督に伝えて

と考えたり探したりする手間のほうが掛かりましたが

想像したようにできました。

次回のシリーズにへ続く



……………………………………………………………………………

ご意見があれば、お気軽にどうぞ!

メールでのお問い合せ

注文住宅 横浜市

横浜市 一級建築士事務所


All contentsCopyright R 2018 mitasu 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 軽量鉄骨の増築について | トップ | 油そば ラーメン花月 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

住宅ノウハウ・実例」カテゴリの最新記事