きばなの硝子瓶

呑兵衛夫婦の日々の食卓.......

鶏だいこん塩煮

2018-12-10 | 鍋もの
                 

イメージは塩おでん


◆手羽元・塩・酒

 ・かるく揉んでおく
 ・サッと下茹でする(表面だけ)

◆大根

 ・下茹でする



◆昆布だし(昆布は入れたまんま)
◆酒(たっぷり)
◆塩・胡椒
◆ナンプラー・根昆布だし(隠し味)
◆大蒜(一粒)

※ナンプラー類がない場合は、「昆布と鰹節の出汁」を使うか
 隠し味で、鶏がらスープの素をすこし忍ばせるか........

 ・大根を入れて火にかけ、沸騰したら手羽元を入れ
  灰汁をとる.................

 ・1時間以上、弱火でほたほた煮込む

※うちは保温鍋で2時間くらい保温した

◆塩・胡椒
◆梅酢(小さじ半ぶんくらい)

 ・再びガス火にかけ味見をし、味を調える

※梅酢は酢でもいいが、もっと少量でいい
 味をしめ美味しくしてくれる
※塩味がとんがってると感じたら、砂糖をひとつまみ忍ばせる

 ・土鍋にうつし卓上コンロへ




◆和がらし・タデギ(テグタンの)


コメント

おかか三つ葉

2018-12-10 | オカズ・野菜

                   

ごはんのおとも


◆おかか
◆三つ葉(生をきざむ)
◆白ごま
◆七色
◆醤油



とっても美味しい





コメント

たらの粕味噌づけ・鶏と大根のおつゆ・・・朝餉

2018-12-10 | 朝ごはん・昼ごはん
                

◆ごはん(つや姫)
◆おつゆ

 ・鶏と大根の塩煮(※上記事)を薄め
  きょねん味噌を薄めに溶き、スナップ豌豆

◆酢なっと(たれ・千鳥酢)
◆人参のきんぴら(※下記事)
◆おかか三つ葉(※上記事)

◆たらの粕味噌づけ



◆たら(甘塩)・酒粕・味噌・酒・味の母


   ・・・

◆ヨーグルト・柿・珈琲(あさげ前)





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今日は稚内へ出張、しかもプロペラ機で

札幌はたまに雪がちらつくけど、おおむね青空の晴天(厚別区は風があるけど)
あしたっまでだらだらしよ~っと思いつつ、このブログを更新していたら電話が鳴る

新千歳空港からだった、引き返して来たんだって、むこうは悲惨だったらしい

今夜はかえってくんのかぁ



ふつうに暮らしてるつもりなんだけど、精神状態はぐっちゃぐちゃで
泣いてばかりで、人生で最大級に荒みきってるもんだから(自分で言うな)
毎夜よっぱらってはおっとをいじめている、今夜はいじめないように頑張ろう


コメント

ぎんなん塩煎り

2018-12-10 | 豆・木の実など

あっついとこを、殻をむきむき食べるので.............
そのとき指についたお塩が銀杏について、ちょうどいい塩梅

もちもちしてて、すごく美味しかった


◆ぎんなん

 ・トンカチで殻を割り

◆塩水

 ・ひたひた程度の塩水で、殻ごと茹でる(強火)
 ・塩が吹くまで乾煎りする







この銀杏は、大地を守る会(千葉)からお取り寄せした

ことしお初、やっと食べられて心が豊かになる


銀杏、困ったことに近所のスーパーでは水煮しかみかけず
そういや、北海道って銀杏を食べなかったっけ、と思い出す

栗、銀杏、無花果、明日葉、つるむらさき、おかひじき、菊花
すだち、かぼす、柚子、そら豆、つわぶき、筍、実山椒、花わさび

探せばあるだろうけど、一般的にはあまり販売されていない
だから売っていたとしても少量だし、品質も良くない

どうも、季節を告げる物ほど無いので、ちょっと寂しい

意外だったのは小松菜、20年くらい前はこれほど売っていなかったし
本州からので鮮度が落ち美味しくなかった、今じゃ普通に栽培している

※ただし夏だけ、青菜も葱も北海道は夏秋が旬、冬が旬の野菜は存在しない

今、野菜は少しづつ本州ものに切り替わっている、先日買った大根は千葉、菜の花は宮崎?のだった

おっとが「このへんの大根だって美味しいのに、なんで千葉のを売るのかなぁ」と言うから
あほかおまえはっ外を見ろ(雪景色)、大根なんて生えてたってシバレてるわ、と諭してやる

大根売り場の前でば~ちゃん達が、安いけど「むろ」にたくさんあるから要らないと言っていた
いいなぁ~むろ、うちもむろがあったら買いだめできるのになぁ~、とすごく羨ましかった

そういえば、思ってたより「れんこん」「里芋」がいい、昔なんて水煮しかなかったのに
関東とかわらない鮮度だし量もいっぱい、普通に食べるようになったみたいだ.........

あと、いつも並んでるには並んでるけど、ゴーヤ、とっても少量で品質もいまいち
あんまり食べないみたい、でもわかる気がする、ゴーヤって「暑く」ないと美味しくないもん

郷にいては・・・だけど、17年しみついた関東生活は容易に抜けそうもない

北海道仕様に戻そうとしてずっとやせ我慢してたけど、ちょっと疲れてきたし
考えたら無理する必要なんてないや、便利な世の中になったんだ、それを利用しながら
ゆっくり土地に馴染んでいったら良いんだよなぁ、と思いなおした今日このごろ

定期会員じゃないからすこし割高だけど、まとめでお取り寄せしたら送料は590円しか掛からない
たまに季節ものなんかは大地からお取り寄せしよう、それだけで心の負担が減るんだから安いもんだ

今回お取り寄せしたのは、本枯れ鰹節、煮干し、海苔、銀杏、有機人参、調味料各種


余談だけど、北海道は遠いから送料がバカ高い、これは本当に凹んだことのひとつ
だから「まとめ買い」するのがコツといや~コツ、送料無料か最安値になるから

コメント

人参のきんぴら

2018-12-10 | オカズ・野菜

◆せん人参
◆ぱぱっと椎茸(細かくした干し椎茸)
◆太白ごま油

 ・サッと炒め

◆酒
◆うすくち醤油

 ・薄味を煎りつけ、冷ます


コメント

白和え

2018-12-10 | 和えもの

のこりもんで白和え


◆茹でほうれん草(カットして冷蔵してあったもの)

 ・鍋を熱くし、茹でほうれん草を入れ
  手でかき混ぜながら、かるく乾煎りし取り出す

※和え衣が薄味なら、醤油洗いしてかるく絞る

◆せん人参の甘塩和え(冷蔵)

 ・次いで、軽く乾煎りして取り出す


◆もめん豆腐

 ・容器にペーパーを敷いて、豆腐をちぎって入れ
  かるくレンチン、冷めたら紙ごと絞る

 ・小さな笊に入れ(2人分で少量だから)、すりこ木で濾す

◆白ごま

 ・ねっとりするまで擦る

◆味噌(淡色か白みそ)
◆きび砂糖・醤油(各少々)

 ・すりごまに擦り混ぜ、つぎに濾した豆腐衣を擦る

 ・供す直前に野菜を和え、ごまを天盛りする



コメント

テグタン

2018-12-09 | 鍋もの

                

テグとは真鱈のことらしい、漢字で書くと大口湯、らしいたぶん

先日ちらりと、たち(白子)いりのテグタンがTVに映り
それを見たおっとが食べたがったので、拵えてみる

ありがたいことに、食材には困らない北海道

辛いけど、あっさりしてて美味しい鍋


◆スープ

 ・昆布と煮干しの出汁
 ・牛スープの素(韓国製)
 ・根昆布だし
 
 ・酒・醤油・みりん・塩

※真鱈のアラがあれば、それで出汁をひく
※うまみは濃い方が美味しい

◆大根

 ・しばらく煮込む

◆タデギ

 ・おろし大蒜・おろし生姜
 ・韓国唐辛子(粗挽き・粉引き)
 ・コチュジャン
 ・醤油・酒

※分量は適当、大蒜も生姜もたっぷり、唐辛子2に対しコチュと醤油は1くらいだった



 ・大根いりのスープに溶かし込み、味をみて「醤油・塩」などで調節する
 ・卓上コンロへ

◆真鱈のぶつ切り
◆たち(助たち)

※白子がない場合は「豆腐」を追加する



◆大豆もやし・ねぶか葱
◆菜花(セリのかわり)



 ・たら、たち、野菜をクツクツ煮ながら食べる



冷え込んだ翌朝................................



残った「たち」と「野菜」を追加して......ぽっかぽか




おまけ.................................



大めばちの「ハラス」って書いてあった、それってトロってことじゃないのか?
安価だったけど美味しかった、あっさりした中トロって感じで................


※レシピブログ・くらしのアンテナ・「ラムレーズンのホットケーキ」掲載中♪



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



きのう、大晦日用に毛ガニを買った
あたしは嫌いなので、おっとの分だけだけど

2Lサイズの1㎏以上あるのだから、けっこ~なお値段だった
あたしの頭ん中の相場は20年以上前のだから、すごく高く感じた

けどさっきネットで見てみたら、相場の半値以下だった
オホーツク産のだったけど、これって安かったんだぁ

びっくり、高くなったなぁ~毛ガニもっ

ま~ここだけの話(笑)、来春昇進するらしいから前祝いってことで

あとはどうしよう、正直「おせち」を拵える気力もないんだけど
そういうわけにもいかんしなぁ、がんばらないとなぁ........

食器でも買ってテンションあげっぺかぁ~

その前にクリスマスがあったっけ

男ってイベント好きだから、なにもしないと寂しいだろうしな
今から毎夜キラキラ灯しちまってるから、すっとぼけるワケにもいかんし

みんな、なに拵えるんだろ

コメント (2)

ツリーとマフラー

2018-12-07 | 好きなこと


やりなおした



これでいいことにしよう

クリスマスが近づいたら、いろんな電飾をつかって出窓をキラキラ飾る予定






手前のミニツリーは、数年前にニトリで買ったもの
ゆっくり色が変化しながら灯るから、なかなか綺麗なんだ

もっと欲しくて翌年さがしたけど、もう売りだされなかった

これだけズラ~ッと並べただけでも、かなり雰囲気でるんだけどな
また販売してくれないかな~ニトリさん...................

クリスマスが近づいたら、出窓に電飾まいてもっとライトアップしよっと



そしてマフラー



長さは2m弱、休み休み編んでたから、おとといやっと編みあがる

今日はいちにち雪、今度こそ根雪になるのかな

毎日が、ホワイトクリスマス


サンタさん、こないかなぁぁ~

コメント (2)

ポークチャップ丼・・・おっと朝餉

2018-12-07 | 朝ごはん・昼ごはん

冷蔵庫は相変わらずのお寂し村で、納豆すらないし
昨夜のおっとは、りんご1個と三角チーズ1個だけだった

ってことで、好物のポークチャップ丼にしてやる

キャベツは半生なくらいのパリパリ炒めで、たっぷりと敷いた
ケチャップソースは、甘くなり過ぎないよう注意した

母の拵えるポークチャップは、ケチャップもお砂糖もこってりの
甘く味の濃いものだったけど、それだとおっとの口に合わないから



◆キャベツ(色紙切り)・サラダ油

 ・強火でサッと炒め、取り出す

※所どころ生が混じってるくらいでいい、余熱も計算しとく

◆豚肉とんかつ用・サラダ油

 ・強めの火加減でこんがりと焼く

◆ケチャップ・酒・味マルジュウ(醤油)・きび砂糖

 ・ガ~ッと炒りつけ火を止める


◆ごはん

 ・熱いごはんにキャベツを敷きつめ
 ・カットした豚肉、ケチャップソース
 ・黒こしょうを挽く

◆おつゆ(玉葱・小松菜)
◆白菜の古漬け


   ・・・


◆ヨーグルト・キウイ・コーヒー(あさげ前)




お弁当は休みにしてもらった、今夜は会社のクリスマスパーティーらしいので
「おひるは軽くしなさい」と言っといたけど、がっつり食べるような気がする

きのうの「いなり弁当」でも、けっきょく「カレー蕎麦」を合いの手に食べたらしいし

来週の健康診断の結果がおそろしい





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





漫才師のくせに、悪口がマヌケな若者と同じってことにショックをうけている

漫才師って言葉の職業でしょ? 

失礼とか無礼とかより、「低能っぷり」にショックをうけている


自分より年上を攻撃するとき、愚かな若輩は「ばばぁ」とか「古い」とか「更年期」とか
もうすぐ自分だって「おなじ」になるのに、ほかに言うことないもんだから「老い」を出してくる

つまり「若さ」を武器だと勘違いしてるし、しかも「ただ幼いだけ」なのに若さを自慢する恥ずかしさ
つまりはつまりは、自分には「なんにもない、自慢するものがない」と公言してるわけで、みじめの極地

ってことに気づかないのが「子供の特徴」だけど(私もそうだったし今でもついつい、こっぱずかしい)

あの2人はもはや中年じゃないか、自分だって「立派なおっさんの中古」じゃん
おっさんがおばさん罵ってバカみたい、男って気づかないんだよね~自分の老いに

舅が誰かを指して、「おばさんおばさん」って言ってて呆れたことがある
誰よりも「じいさん」なのに、「おばさん」って言葉を悪口で使ってた

聞いていて非常に不愉快だったけど、呆れかえりすぎて憐れになった
姿は老いさらばえてんのに頭ん中は15歳、ってどういうことだろ


あの2人はどっちも興味がなくて、正直なにか面白いのか解んない
たぶんこれからも面白くないと思う、中学生の芸に興味はない


コメント

フジコ

2018-12-07 | 本と映画の話

ドラマを一挙にみる、あ~おもしろかった
で思い出したけど、原作を読むのを忘れていた

慌てて、続編と合わせアマゾンする

※ドラマ公式サイト


全編とおして登場する曲があるんだけど、耳から離れない、つい歌ってしまう

そしてズンと気分が落ちる

※夢見るシャンソン人形

オリジナルを聞くと楽しい曲だけど、歌詞は怖い

ドラマん中では、もの悲し~旋律で歌われている


コメント

焼き納豆ツナ丼・いなり弁当

2018-12-06 | 朝ごはん・昼ごはん

冷蔵庫、とくに野菜室がお寂し村、なので朝餉もお弁当も簡単ですませる


いつもの「焼き納豆丼」にツナと葱を足したけど、ごちゃついてしまう
味は美味しかったらしく喜んでいたけど、なんだか潔くない感じ

◆なっと(たれ)・卵・ツナ(水煮)・ネギの青いとこ
◆ごはん・醤油
◆おつゆ(ほうれん草・小松菜・ことし味噌)
◆梅干し


◆ヨーグルト・柿・珈琲(あさげ前)



お弁当は、市販品の「いなり煮」をつかって、おいなりさん
あとは社食の、「かけ蕎麦かかけ饂飩」を注文してもらうことに



いなり揚げ、そのままでは味が気に入らないのでちょい煮直している

◆水・酒・きび砂糖・味マルジュウ・醤油

 ・ここに「いなり揚げ」を入れ、5分ほど煮て一晩やすませる
 ・翌朝、再び5分ほど煮て火を止める
 ・笊にあげ、煮汁をきっておく


「酢飯」は千鳥酢だけ、炊きたての熱いごはんに酢をふり
さっくり混ぜて、布巾をかけてしばし蒸らす...........

酢飯は丸めず、すこしづつ取っては揚げに詰める
このほうがフンワリできていい.............

◆紅しょうが・ほうれん草の茹でたの





※レシピブログ・くらしのアンテナ「ピーマンと油揚げの和えもの」掲載中♪





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



50cmほどの、ちっちゃいツリーを買った





付属のオーナメントは気に入らないから、もってる「ちっちゃもん」をぶらさげたり
ビーズでわっかを作ったり、ライトストーンのブローチとかピアスとかヘアピンとか

で、やりすぎる

ただいま全部はずしてやり直し中


コメント (2)

さばピザトースト

2018-12-06 | ゴハン・パン・メン
                  

チリソース味の「さば缶」をつかって、酒肴&夕餉

美味しかった


◆食パン
◆無塩バター
◆ケチャップ
◆さばのチリソース煮(缶詰)
◆玉葱スライス
◆パプリカスライス(緑)
◆コショウ
◆ミックスチーズ



 ・いつもより低めの温度でじっくり焼く

◆タバスコ



コメント

星印

2018-12-06 | つぶやき

ある晩テレビをみていたら、手相の話になった

星印の話になったから、いつものように手のひらを眺める
前にもさんざん見て探してたから、無いのはわかっていたけども

がしかしっ

薬指の下に星印があるっ!え~いつのまにぃ

画像はわかりにくいけど、肉眼ではもっとハッキリ見えます

うまれてはじめて年末ジャンボ宝くじを買いました


そんで面白いから手のひらを撮って気づいたんだけど

まんなか、知能線の末端にも星印がでているっ!

ど~いうこっちゃ


なんか怖い




コメント

海苔だんだん・・・おでぶのおしょくじ

2018-12-05 | 朝ごはん・昼ごはん

               

自分用に「海苔だんだん」、お醤油に一味ふってピリカラ味
おかずは、めだまの両面焼き、ベーコン、ほうれん草のマルジュウ炒め
それから漬物いろいろ、あとはおつゆ..................



「まんぷく」みながら食べて、おなかパンパンでこれを書いています



本日からブログ再開、なにがあったかは聞かないでくださいお察しください


いつまでも、泣きだおして後悔したって時間はもどらない
そうわかっちゃいるけど、どうにもこうにも涙が止まってくれない

地団太踏んだり頭を叩いたり、なんとか抜け出そうともがいてみるけど
忘れられないし諦められないし納得できないし申し訳ないし会いたいし

さびしくてさびしくて気が変になりそうだ、悲しみに溺死しそうだ

だけど、このままでは雨降り地区でびちょびちょだ、それは寒そうで可哀そう
そう思って、すこしでも泣かないよう日常にもどれるよう今日から努力します



料理はがんばって拵えていた、数日後からは撮影も再開していた
だけどアップする気力が、文章を書く気力が、どうにもわかなくて

ってことで、2929n .mamaさん、都の座敷ぶたさん、ほたるさん、ライチ!さん
返信が遅れて申し訳ありません、ご心配ありがとうございました............

今回に限り、ここで返信させて頂きます、すみません



しらんまに師走だった、今年もあと3週間とちょっとしか残ってねぇじゃねぇ~か

って、ゆうべ寝るときに気がついた

毎年毎年はやいけど、今年はなんてぇ~1年だったんだ、ものすごく超特急だった
ほんとにほんとに色んなことがあった、ありすぎた、つらいつらい1年だった

泣いてばかりの年だった


だけど思えば最後の、幸せの最後の一滴を、みんなで絞りに絞って味わいつくすような
そんな1年でもあった、食いしん坊の我が家らしい................

地獄の苦しみは極上の幸せがあったからこそ、その裏返し

今はまだまだ無理だけど、そのうちこの幸せを噛みしめ、感謝できる自分になる
そうだ、来年の抱負はそれにしよう....................

とにかくがんばる



この話はこれにておしまい



コメント

キャベツのウォルドルフ風

2018-12-05 | サラダ

本当の「ウォルドルフサラダ」は林檎とセロリなんだけど、セロリが売ってなかった
じゃ~ってんでキャベツで拵えてみたら、なかなか美味しかった.................

※たしか「エプロンメモ」に書いてあった気がする


林檎とレーズンと胡桃が入ってるけど、香辛料は使ってないから「ごはん」にもあう

レタスをあしらうのが本式と聞いたので、わざわざサラダ菜を
おっとに買ってきてもらったにも関わらず、使うのを忘れる~


キャベツとレタスの緑と、林檎の赤、クリスマスサラダに良いかも


◆レーズン(今回はミックス)

 ・ひたひたの水に浸けて戻す(加減は好みで)

※うちは水にウイスキーを落として香りづけした
※ブランディー・ラム酒・キルシュなど使っても

◆くるみ

 ・乾煎りして、かるく割っておく

◆せんキャベツ

 ・冷水に晒しパリッとさせ、完璧に水切りしとく

◆林檎(皮の赤いの・冷蔵庫で冷たくしたの)

 ・無農薬じゃなかったので、粗塩でこすり洗いしたあと
  切って薄い塩水にくぐらせ、水気をふき取る

◆マヨネーズ・ヨーグルト・塩



 ・器に、キャベツ・林檎・レーズン・くるみ・ドレッシングを
  「段々」にふんわり盛りつける...................

 ・最後に、レーズンとくるみ


コメント (2)