My Life After MIT Sloan

組織と個人のグローバル化から、イノベーション、起業家育成、技術経営まで。

人が組織のために倫理を犯してしまう時-クリステンセン教授のメッセージ

2010-04-26 03:20:17 | MBA: MBA授業

米国ではゴールドマンサックスの不祥事が連日のように新聞の一面をにぎわせている。
それに関連して、先月、「イノベーションのジレンマ」で有名なクリステンセン教授が、MITで講義をしたときに話していた内容を、忘れないように書いておく。

クリステンセン教授の授業は4回シリーズで行われた。
2時間の長時間授業だが、400人収容のホールが前シリーズに渡って満席で、立ち見も。
イノベーションのジレンマ(Innovator's dilemma)」や続編「イノベーションの解(Innovator's solution)」
に書かれていた内容に加え、2000年代に行われた彼の研究が主な講演内容。

確か3回目の講演で、授業のうち30分を使って教授がした話。
スライドには「Don't Go Jail」と書いてある。
「私のハーバード時代の同級生のうち、3人もが逮捕された。まだ服役中の人もいる。
 一人はインサイダー取引、一人はある大企業での会計不正・・・」

昔から悪人だった、というなら分かる。
でも、どの友人も学生時代からクラスの人たちの信頼が厚く、リーダーシップを取っていた人たちだった。
間違っても不正などしないであろう、と思うような高潔な人たちだった。
そんな人たちが、何故このような事態になるのか。

人は、組織に入り、組織の人間として動いてしまうと、だんだん自分が当たり前に思っていた規律を無くしていく。
最初は、自分や家族の約束や規律から。
そうしてだんだん自分の倫理に関するところまで・・。
一度、その規律を無くしてしまうと、ある意味なし崩しに、人としての最低限の倫理観にまで突入してしまう。
だから、どんな状況でも、自分の規律を守ることから始めるのは大切なのだ。
多くの場合、自分がそういう行動に出ても、実は組織はちゃんと回ったりするのだ。

そうして、クリステンセン教授の大学時代と、
大手コンサルティングファームに勤めていた時代の話を一つずつシェアしてくれた。

クリステンセン教授は、大学時代はイギリスのオックスフォードの経済学部だったが、
背の高い彼は(190センチ以上はある)、大学バスケットボールのチームで主要選手として活躍していたそうだ。
ある年、全英大学トーナメントでチームが勝ち進み、ついに宿敵の大学と準決勝で戦うことになった。
チームにとっては、ここ一番の大事な試合だ。
ところが、その試合開催が、日曜になったのだという。

クリステンセン教授は宗教上の理由で、小さいときに神に「日曜日は安息を取る」ことを誓っていた。
日曜に球技を行うことは、自分がずっと守ってきた規律を破ることになる。

でも、ここは大事な試合だ。
コーチも、チームもみんな自分の活躍に期待している。
この期待を裏切ることは、自分の規律を破ることより大きなことなんじゃないか?
そう思って、試合先のホテルの部屋で悶々と悩んだ。

悩んだ末、コーチに相談に行くと、コーチは
「そうか。良く分かるが、君の貢献が無くなったら、チームは崩壊だ。
 君は非常に優秀な選手で、前回の試合だって君無しには進めなかった。
 ちゃんと理由があるんだから、この一度だけ規律を破るのを、神様も許してくれるよ」
という。

またホテルの部屋に帰り、一人悩む。
「今回だけ破るっていうのもアリなんじゃないか?あれだけみんなが期待してるんだから。」

1日近く悩んだ後、
「長い人生の中で、今回よりも大切なことが日曜日に起こる可能性はゼロじゃない。
 もし今回規律を破ってしまったら、またそんな瞬間が来たとき、
 「あの時よりも、今回のほうがずっと重要だ」と結論して、また破ることになるだろう。
 だから今破ったら、なし崩しになる。やめよう。コーチとチームにちゃんと言おう」
という結論に至り、みんなに話にいった。

結局、補欠要員がチームに入り、チームは無事勝ち進んだ。
「実は自分なんかいなくても良かったのでは?」という一抹の不安を覚えたが、
チーム全体が自分を求めてる時に、自分が規律を守っても、組織は回るんだ、という自信が持てた。

その後、大手コンサルティングファームで働くようになって、「どうしても日曜に働かなくては」
という事態になったときがあった。
そのときも、結局周囲を説得して、無事回避することが出来たのだそうだ。
もし、大学時代に自分が戒律を破っていたら、ここでも同じように破っていたかもしれない、という。

「日曜に安息を取る」などというのは、見る人が見れば、下らない規律に思えるかもしれない。
何故そんなもののために、組織全体の利益を損ねるのか?と言う人は必ずいる。
同様に下らないと見えるかもしれないものとして、「土曜は妻と過ごす」というのもあるだろう。

でも「全ての曜日で働けない」と言ってるわけじゃない。
ただの一週間に一度だけ、(妻との約束も入れると2度だけ)、働けない日がある。
本当にその日に働かないと、組織は回らないのだろうか?
そして、蓋を開けてみると、そんなことはないのだ。

この話は考えさせられた。
インサイダーや不正会計などの組織犯罪に至ってしまうのも全く同じ原理なのだ。
自分の利益のためだけだったら、彼等だって不正を起こしたりはしない。
追い込まれた状況で、「この情報を話すことが、この会社を救うんだ。顧客のためになるんだ。」
と言われ、自分の倫理を犯してしまう。
或いは、周囲のみんながやってるのに、自分だけやらないわけには行かない、という理由で、
自分の倫理観を破ってしまう。

でも、そのときに考えるべき。
「自分がこの倫理観を犯さないと、本当に組織は回らないだろうか?」
「本当に自分もやらないと、ダメになっちゃうだろうか?」
そして、そんなことは絶対に無いのだ。

それから、自分が「やらない」と決断したことを、きちんと組織に説明するのも大切だと思う。
個人的な倫理観で「やらない」と決めたことを、ちゃんと伝えて、承認してもらう。

MBAにいるような私たち若い学生は、組織の下っ端か、せいぜい小さなベンチャーの社長くらいなので、
20年後に、組織を守るために自分の倫理を破るような行為を求められることがすぐには想像できない。

でも、クリステンセン教授が言ったように、それは小さなことでも同じことなのだ。
どんなに回りに期待され、周りが平気でやっていたとしても、
自分が小さな頃から心に決めてるようなことを破らない、とか。

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)
クレイトン・クリステンセン,玉田 俊平太
翔泳社


最終講義の後、有志で取った写真。
クリステンセン教授は中央後ろ。

←面白かったら、クリックして、応援してください

『社会』 ジャンルのランキング
Comments (18)   この記事についてブログを書く
« 今、米国MBAに行く意味はどれ... | TOP | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

18 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ken)
2010-04-26 09:15:18
周りからはただのKYとレッテル貼られちゃいそうですね。
自分のルールを押し通す変わりの何かがないと。

教授にライトが当たってない!
欲望の果て (石川)
2010-04-26 09:31:52
優秀な人は人間性の幅が狭くなるのですよ。自分が見つめている先ばかりでなく、自分の背中になにがあるのか振り返ることができる人は、暴走しません。

なので、アメリカは駄目な国ですよね。ブッシュは暴走した。オバマも暴走しそうだけど、彼の場合、黒人のために後押ししてくれる人がいないので、暴走しきれない。ただし、オバマが暴走しなくても、スタッフや国民が暴走してしまえば同じです。

なぜ、暴走してはいけないか。あとからついていけない人が多数できるからです。


韓国映画の「シークレット・サンシャイン」をオススメします。
「教団」「戒律」へのイメージ (とおりすがりの関西人)
2010-04-26 14:08:17
東京と大阪では村上春樹氏の小説「1Q84」が
飛ぶように売れています。
読んではいませんが、かつてメディアを騒がせたかの宗教団体がモデルになっているようないないようなそんなエンタメものだそうです。
クリステンセン先生の公式ウェブサイトにいって驚きました。
「どうやったら企業収益を上げることができるのか?」
というある意味、とても俗っぽいゴールのトピックをバリバリ扱う人ですが、かなり
筋金入りのモルモン教徒なんですね。
こういう「色」の人がそのままHBSの教授の
ポストに就くというのも新鮮です。
私の地元の駅周辺でも布教してまわっている
欧米系の人がいます。
声かけられることもあります。


Lilacさんが「直接」クリステンセン氏から
聞くことができたエピソードとあわせて
この人はどんな人なんだろうと思いました。

仕事に猛烈しすぎて、一歩間違えると家族が
危ないという人は現実にいるようです。
「安息日を堅持する」という氏のポリシーに
とても厳粛なものを感じることができました。

「1Q84」と「創価学会」のイメージからは
かなりかけ離れているなと思いました。
(実態は似ているような気がしました。)
宗教的倫理観とビジネス倫理観 (ysjournal)
2010-04-26 18:37:47
宗教的倫理観とビジネス倫理観を同じ土俵に上げて比べる事については、全くナンセンスであるか、これこそ本質であると両極端の考え方があると思います。

豊かになった事で宗教的倫理観が欠如しつつある事が、社会全体に影響してきていると思います。

但し,法律自体は昔ながらなので、そのタガの緩みを許しません。

今後、厳しい倫理観への回帰が起こるのか、ビジネス倫理観の変質が当たり前になり、法律などにも影響を及ぼしていくのかは分かりません。

「Don't Go Jail」は、単純で力強いメッセージですが、紹介されている話は、余りにも単純すぎて、子供に「悪い事しちゃダメですよ」と言っているのと変わらないと思います。
GS (ysjournal)
2010-04-26 21:31:53
GSの問題は、GSがCDOを開帳した事が悪いという議論と、胴元として八百長していたのではないかという疑いの2点が争点です。

開帳していた事が悪いとすると、デリバティブ全体が悪い事になるので、そのような立件は難しいと思います。

GSは、CDOの相場の読みは間違っていたが、(今のところ)八百長はしてないみたいなので、これも立件が難しいと思います。

エントリーのキッカケと内容は、ちょっと無関係の様な気がします。(私の見方が当たっていればですが)
前回の (前回の)
2010-04-27 00:47:12
前回の
具体的に、どのようにそのチャレンジ・努力をしていけばいいか、というのを次のエントリで書こうと思う。
の内容を
ぜひ、おねがいします
一部だけコメントを・・ (Lilac)
2010-04-27 01:14:58
皆様コメント色々有難うございます。
時間が無くて全てにコメントできないのですが、一部だけ・・

@とおりすがり関西人さん

米国の大学では、宗教による差別は性や人種による差別などと同じ程度に、あってはならないことなので、
日本の「色」が付いているのに大学の先生になるなんて、という感覚はありえないですよ。

@YsJournalさん

お久しぶりです。
この話は、宗教的倫理観というのは彼自身の個人的な価値観の例として、上げられています。
それが「土曜日には家族と過ごす」という価値観と置き換わっても同じ、ということです。
また、本来ビジネススクールにいる学生は、法律その他が定める社会の倫理観が、個人の倫理観として備わっていることを前提として、彼は話していると思います。

おっしゃるとおり今週話題になってるGSの話は直接は関係ないのですが、関連する人物がきっかけで、この話を思い出したので、書き残しておいた、という程度です。

@前回の さん
はい、書きます(汗
既に文章は大方できてますが、こういうエントリと違って時間とやる気があるときでないと、推敲出来ないので、寝かせてます。
必ず出すので、待っていてくださいね
Unknown (ケント)
2010-04-27 01:19:56
モルモンといえば、東大の藤本隆宏とトヨタの研究してHBSのdeanになった人もモルモンで、いまはブリカムヤングの学長になってたと思います。
主観のanchor (vertigo)
2010-04-27 02:29:28
これは個人が尊重されるアメリカ人より会社に対する忠誠心が高く周りの空気に囚われやすい日本人の方が陥りやすいのではと感じます。
『空気の研究』や『法律より怖い「会社の掟」』と言った本に書いてあったことを思い出しました。

法律で容易に判断できることならともかく、倫理観については状況や時代においても変化することがあるので、クリステンセン教授のように自分に明確なラインを引いていない場合の決断は難しいですね。バス停を毎日数cmずつずらせて誰にも気づかれずに移動させてしまうように。


Unknown (Re:GS (ysjournal) )
2010-04-27 03:17:22
GSはある程度なら価格を弄れる立場にあるのは(ワラントなど一部識者からGSの八百長と批判された事も)昔から知られてましたがね・・・。違法スレスレのビジネス手法が裏目に出た、って所でしょうか。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | MBA: MBA授業

Similar Entries