【更新】みすず日記:謡曲に思うこと 鵜飼(2021.5.21)

2021年05月22日 | 日記
5月21日:謡曲に思うこと
最近お弟子さんに「鵜飼」の稽古をしていて思います。
 
前段では禁漁の地で漁をする自分の姿があらわになる為、月の光を厭う鵜使いですが、
後段では地獄に落ちることを免れた象徴として、月が煌々と照らします。
 
暗闇を灯す松明の火、山之端を出た月の光、千里の先まで照らす月の光と
この曲の景色として、闇と光があると思います。    永島

最新の画像もっと見る

コメントを投稿