隊長の憂鬱

お菓子のレシピやお稽古の事など他にも色々お届けします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

糸柳春風にしたがう景色

2009-05-28 08:30:29 | お稽古
これは春の突風に吹かれて枝垂れ柳の枝が風に舞い上がり舞い下りる姿を
いけあらわすのが春風に随う景色です。

体の枝を吹きあげにため、用の柳を吹もどしにため、留の枝を吹流しにためます。

まず柳の太い木を体の曲にためます。
用には枝が少しあるか瘤みたいなものでもあればいいそうです。
それにあわせて体用留とためていくのですが
これがなかなか難しい。
火であぶったりしてためたそうです。
それを冷水につけて戻らないようにするんですね。
たしかにやっているうちに戻ってきやすいんです。

初めていけたので何をどうしていいか解らず時間がかかりました。
二人でいけたのにこんなに時間がかかるとは
一人だったら・・・
ジャンル:
習い事
コメント   この記事についてブログを書く
« 祭ばやし | トップ | 荘厳華(草の草) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お稽古」カテゴリの最新記事