高島平発・ファッションカフェ「ミストラル」への夢

高島平をファッション・音楽・お酒の“文化”の力で元気に!……地元でファッションカフェ、ダイニングバー開店を夢見ています。

当麻&旭川学びフェア

2018年06月17日 01時32分14秒 | ●地元・地域の“魅力”
午前中に家から歩いて数分の会場であった、とうま振興公社のワークショップ「当麻山図鑑作り」に。

午後からは車で10分の旭川大学の学際、「北辰祭」に行ってきました。

北辰祭の方は、森林業の六次産業化をめざすゼミのブースがあり、当麻の図鑑作りと併せ共に“木育”の、共通性があります。


東京では毎週のように、様残なワークショップの案内が来ました。

去年の4月から始まった、毎月の当麻通い。

3月までは一週間前後の滞在でしたので、デスカフェの段取りで精一杯でしたが、4月から半月にして腰を据えたので、活動がしやすくなりました。

東京での体験も活かせるので、それまでとは意欲が違います。


高島平愛から始まった、地域活性活動。

それに当麻・旭川が加わり、気持ちが更に充実してます。




『メロディ・フェア』‐ ビージーズ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「言葉は人格の所産である」 | トップ | 待ち合わせはバスステーションで »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

●地元・地域の“魅力”」カテゴリの最新記事