Mr.しもの前途遼遠

オンラインプロレスラー、Mr.しもとザ・ミックの成長日記みたいなものです。

2019.1.6ノア後楽園大会観戦記

2019-01-09 13:12:51 | プロレス観戦記

新年最初のノア観戦は
1月6日の
後楽園ホール大会。
一発目から
清宮と拳王の
GHCヘビー戦とは
ノアも新年早々
仕掛けてきましたねぇ。



試合開始前に
所属選手がリングに上がり
ファンにご挨拶。
マイクを握ったのは
選手会長の潮崎でした。


第1試合
マサ北宮 vs 岡田欣也


第1試合は
特に語るところなく
終わってしまった印象。
クリスマス大会で
ファンを喜ばせた
岡田でしたが
この試合では
何も見せられませんでした。

岡田にガッカリというより
北宮にガッカリしました。


第2試合
杉浦貴 vs 稲村愛輝


打って変わって
第2試合は
稲村の奮闘が光る
大熱戦となりました。
稲村はイイですね~。


フィニッシュは
フロントネックロック。
杉浦にこの技を
出させたことに
大きな意味が
あったと思います。


第3試合
Hi69 田中稔
 vs 
小峠篤司 井上雅夫


革命マントキャラで
ブレイク中の小峠も
ミノ様を相手にしては
タジタジ。
奪われたマント、
使い方、間違ってますよ!



フィニッシュシーンでは
パートナーのHi69が
マントを羽織って
ストゥーカスプラッシュ。
ホント、
悪ふざけが好きな
タッグチームですねぇ。


第4試合
大原はじめ 熊野準
 vs 
諸橋晴也 宮脇純太


次期GHC Jr.
タッグ王座戦の
査定試合として組まれた
このタッグマッチ。
宮脇が素晴らしい
奮闘を見せたものの・・・



勝ったのは王者組。
しかしながら
宮脇の奮戦を称え
大原と熊野は
諸橋、宮脇の挑戦を受諾。
現状では
違う結末が待っているとは
思えませんが
宮脇の成長速度
次第では・・・!?


第5試合
齋藤彰俊
モハメド・ヨネ
クワイエット・ストーム
 vs 
長井満也
KAZMA SAKAMOTO
コーディ・ホール


フーリガンズが
好き勝手やりまくって
大荒れだったこの試合。
反則裁定という
誰も得しない結末でした。

皮肉を込めて
あえて言いましょう。

目新しさも何もない
鈴木軍のアレと
まったく同じ展開でした。



第5試合の後、
丸藤がリング上へ。
2.1後楽園大会での
復帰戦が発表されました。


第6試合
原田大輔
タダスケ HAYATA
 vs 
YO-HEY
小川良成 鈴木鼓太郎


YO-HEYへの
報復に燃える
ラーテルズの3人。



特に原田は
過剰すぎるくらいに
YO-HEYを
意識してましたね。



しかしながら
この日に限っては
小川組の連携が
ラーテルズのそれを
上回りました。
それでも原田は
孤軍奮闘するも・・・









鼓太郎の
タイガードライバー、
小川の
バックドロップ、
YO-HEYの
スーパー顔面Gと
必殺技を連続で
畳みかけられ
万事休す。
小川と鼓太郎の
テクニックに
YO-HEYの
スピードが加わり
とんでもないチームが
生まれてしまいました。


セミファイナル
GHCタッグ選手権試合
マイバッハ谷口
火野裕士
 vs 
中嶋勝彦 潮崎豪


昨年12月の
横浜文体での
雪辱に燃える
挑戦者チーム。
この2人が本気出したら
勝てないチームなんて
そうそうないと
思うんですけどねぇ。





潮崎と火野、
勝彦と火野、
どちらの組み合わせでも
すさまじい打撃合戦が
展開されました。
やっぱり火野には
せっかくノアに
上がったのですから
こういう展開を
期待したいものです。



でも結局、
鈴木軍的なアレがあって・・・



久しぶりのさすまた
デッドリードライブ!



そして
マイバッハボムツヴァイで
フィニッシュ。



反則や介入はもう
飽き飽きなんですが
文体の同一カードよりは
多少見ごたえのある
試合になりましたね。
勝彦と潮崎の
最強タッグを潰してまで
このチームを見せる
必要性も必然性も
まったく感じませんけどね。

でも・・・
火野のマイクは
面白いんだよなぁ~。



次期挑戦者として
名乗りを上げたのは
ヨネとクワイさんの
50ファンキーパワーズ。
行ったれやったれ!!


メインイベント
GHCヘビー級選手権試合
清宮海斗 vs 拳王


もうちょっと
寝かせておいても
良かったんじゃないかと
思うこのカードを
新年一発目から
ぶち込んでくるとは
なかなか攻めますね、
2019年のノア!
奇しくも
2018年一発目の
メインイベントと
同一カードです。
王者と挑戦者は
入れ替わってますけど。



かませ犬になる気など
毛頭ない拳王は
気合いのオールバック!
カッコイイじゃん!!



清宮にとって拳王は
乗り越えなければならない
壁のような存在。
王者でありながら
挑戦者のような
シチュエーションにも
感じられます。



開始早々、
拳王は清宮を
場外マット上で
ジャーマン!
「これがGHCの戦いだ」
と言わんばかりの
非情な攻めを見せます。



その後の拳王はあえて
オーソドックスな技を
選んで使用しているように
感じました。



清宮最大の課題は
やはり打撃戦。
エルボーで拳王を
打ち抜くも
キック一発で
攻守が入れ替わって
しまいます。







拳王が清宮の
ジャーマンを着地すると
今度は清宮が
同様に着地。
そして、変型の
フェイスバスター。
この辺りの攻防からは
清宮の非凡なセンスが
感じられますね。





中盤、
拳王が放った
断崖式のドラゴンは
GHCの歴史を
思い返させる
非情な一撃でした。





フットスタンプで
決めにかかる拳王に
清宮は迎撃の
ドロップキック!



そして
見事なブリッジの
ジャーマンを決めるも
これはカウント2。



トップロープ上での攻防を
なりふり構わぬ
ヘッドバットで
制した清宮。
ここから前方に飛んで
雪崩式の裏DDTを
炸裂させました。







タイガースープレックスで
投げられないと見ると
変型のフェイスロックへ。
今の清宮には
コレがあります!



ジャーマン、
ドロップキック連発と
ラッシュをかける清宮。
渾身のタイガー
スープレックスで
勝負アリ!!



・・・と思ったら
カウント2.9で
拳王が返します。
コレで後楽園内は
大ストンピング発生。



粘る拳王に対して
清宮が繰り出したのは
垂直落下式の
リバースDDT。







更に必殺の
タイガースープレックスを
再び繰り出し
ようやく拳王から
3カウントを奪いました。





次の挑戦者として
名乗り出たのは
小峠と北宮の2人。
小峠が出てきたときの
「オマエかよ!!」感が
とても面白かったです。

正直、私にとっては
どっちもどっちな
2人なんですけどねー。



拳王推しの
私としては
この日のGHCヘビー戦、
拳王に勝って
ほしかったんですけどね。
時代が選んだのは
清宮だったと
そういうことなんでしょう。

清宮に対しては
ものすご~く
期待していますし
防衛ロードも成長も
この上なく楽しみです。
こうなったら
とことん防衛してもらって
若きエースとして
ノアのみならず
プロレス界のカオに
なってもらいたいですね。

もちろん拳王にも
これで腐ることなく
年内にもう一度、
GHCヘビーを
獲りに行って
もらいたいと思います。



帰りの売店で
コーディTシャツを購入。
このデザイン、
めちゃめちゃイケてると
思いません!?



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
ジャンル:
プロレス
コメント   この記事についてブログを書く
« NOAHトーーク!まとめ | トップ | 2019年、10日間が経ちました... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

プロレス観戦記」カテゴリの最新記事