Mr.しもの前途遼遠

オンラインプロレスラー、Mr.しもとザ・ミックの成長日記みたいなものです。

スクライドに行き着きました

2017-08-20 04:03:37 | テレビ番組

Mr.しもの中の人は
キャラクターの個性が強くて
他のキャラとの関係性が
色濃く描かれている
漫画やアニメ作品が
ツボだったりします。

現在、最も
ハマっているのは
「戦国BASARA」。
少し前は
「最遊記」に
ドハマりしていましたが
「BLAST」の
アニメが始まり
新巻も出るということで
再び「最遊記」熱も
高まっています。

俗にいう
「腐女子向け作品」が
私の好みのようで
そういえば
あまりよく知らない
ガンダム作品でも
「SEED」や「鉄血」
あたりが好きですしね。

・・・で
まぁそういう話を
漫画やアニメに詳しい
知人に話すとですね、
「じゃあスクライドだな」
みたいなことを
言われるわけですよ。

「スクライド」は
私が若い頃にアニメを
数話見た程度ですが
「カズマァーッ!」
「リュウホォーーッ!」と
お互いの名前を
叫び合いながら
戦っている印象が
記憶に残っていまして
これは確かに
私好みかもしれないなと。

現在、Amazonプライムで
全話見られるとのことで
早速、第一話から
見始めています。
2人が意識し始める感じが
案の定、私好みな展開で
とても楽しませて
もらってます。
劉鳳のアルター、
絶影のデザインだけ
いまだにどうにも
受け入れられないのは
ナイショです。

それにしてもクーガー、
なんて素晴らしい
キャラなんでしょう・・・!



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

あの伝説的入場シーンが復活!?

2017-08-20 03:39:59 | ほこプロニュース

ビリー・ガンと
Mr.しもによる
シングルマッチで
あの伝説のタッグチーム、
ニュー・エイジ・アウトローズの
入場シーンが蘇る!?



ほっこりプロレスの
Mr.しもの
次なる対戦相手が
元WWEスーパースター、
ビリー・ガンであることは
既にお伝えした通りだが
関係者からの話によると
この試合の為の
スペシャルゲストとして
ロード・ドッグこと
ブライアン・ジェイムス氏が
来日する可能性が
あるようだ。



かつて
WWEユニバースなら
誰もが憧れ魅了された
あの伝説の入場シーンが
一夜限りの復活!?
結果のわかりきった
試合内容以上に
大きな喜びと興奮を
ファンに与えてくれる
かもしれない。

            to be continued...



★Mr.しもの中の人の裏話★

ロード・ドッグが
セコンドにつきます!
・・・という話ではなく
要するに
入場シーンも
動画に入れますよと
いうだけの話でして。
試合内容そのものに
影響する記事では
ないのですが
入場がカッコイイと
聞いたものですから
これは動画に入れるしか
ないだろうと。

恥ずかしながら
私は初見でしたが
これは確かに
カッコイイかもです!



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

ザ・ミックがMMA式トレーニング開始!?

2017-08-20 02:58:32 | ほこプロニュース

藤田和之との
シングルマッチ
に敗れ
大きな挫折を味わった
ザ・ミックが
再起に向けて動き出した。



総合格闘技でも
実績のある藤田を相手に
思うように試合を
運ぶことができなかった
ザ・ミック。
「野獣」の異名を持つ
2人のレスラーの対決は
リアル・ビースト、藤田の
強烈な打撃技に
ザ・ミックが事実上の
K.O.負けを喫する
屈辱の結果となった。



しかしながら
プロレスラーの戦いに
安息はない。
ザ・ミックは
次の対戦相手として
超竜、スコット・ノートンとの
シングルマッチが
既に決定している。
敗戦を振り返り
落ち込んでいる時間など
今のザ・ミックには
ないのだ。

純粋なパワーだけならば
藤田をも上回るノートン。
どんな相手であっても
真っ向から立ち向かうのが
ザ・ミックの
ファイトスタイルなのだが
今回ばかりは
さすがのザ・ミックでも
分が悪すぎるか!?



パワーに勝るノートンを
切り崩す術として
ザ・ミックが選んだのは
先の敗戦で
藤田が見せたスタイル、
総合格闘技。

現在、ザ・ミックは
総合格闘技のジムで
打撃技や絞め技の
トレーニングに
励んでいるらしい。

超竜攻略に向けて
動き出したザ・ミック。
藤田戦での敗戦が
プロレスラー、ザ・ミックを
更に進化させる!?

            to be continued...



★Mr.しもの中の人の裏話★

ミックというキャラは
自身が強くなることや
強敵に対しては
常に貪欲なイメージで
描いているのですが
そんなミックが
心に深い傷を負ったのが
藤田戦でした。

もちろんこれは
「描いてみたい」と
私が願って
作った試合なのですが
本当に描きたかったのは
やっぱり絶望から
復活する姿なわけで。
ですからこの
ノートンとの試合は
私にとっても
大きな挑戦なんですよ。
ええ、ウズウズします。

さて、記事の内容ですが
元々、ミックというキャラは
ボクサー→フリーター
→プロレスラーという
ちょっと異色な経歴の
持ち主だったりします。
そう考えれば確かに
総合っぽい戦い方の相手は
苦手なハズなんですよね。

弱点を克服する為に
総合のトレーニングを
始めたというのは
確かに理に適っていると
言えなくもないのですが
このストーリーには
まだ続きがありまして・・・!?



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

今週のワールドプロレスリング 2017.8.19

2017-08-20 02:35:37 | ワールドプロレスリング

<8月12日 両国国技館>
G1 CLIMAX 27
Bブロック公式戦
オカダ・カズチカ 
VS ケニー・オメガ


昨年G1を制してから
ファンにも完全に
オカダ、内藤らと並ぶ
3強として認知されている
ケニー・オメガ。
内藤といいケニーといい
ちょっと手の平返しが
早すぎやしませんかと
ツッコミたい気持ちも
あるんですが
まぁ、とりあえず
それはそれとして・・・。

ケニーに対しての
私の印象は
「危なっかしいレスラー」。
そこは今も大きく
変わっていません。

よくオカダに対して
試合がワンパターンだと
評する声がありますが
裏を返せばそれって
自分のスタイルを
大きく変えなくても
相手を受け止めるだけの
器量があるってことだと
私は思うんですよ。
ケニーがここまで
ブレイクしたのは
オカダがその危険技を
すべて受け止めて
きたからだとさえ
私は思ってるくらいです。

・・・と
前置きが長くなりましたが
そういう理由から
オカダvsケニーには
とんでもないものが
見られるんじゃないかという
期待感があります。
実際、この試合は
見ていて非常に
ワクワクする瞬間が
多かったですね。
ケニーの猛攻、
特に片翼の天使が
撃てないと見るや
クロイツ・ラスに
切り替えた場面は
興奮しました。

終わってみれば
やっぱり危険な技が
乱れ飛ぶ試合に
なりましたが
それをすべて
受け止めたオカダ、
やっぱりスゴイですよ。

この試合の後には
リング上に姿を見せた
柴田の様子が放送。
観客の大声援、
オンリーワンの
選手ですからね。
やっぱりみんな、
復帰を待ち望んでいます。

「生きてます、以上!」

・・・らしいですねぇ(笑)



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント