MOVIE レビュー

映画と海外ドラマの感想とエンタメ情報を載せています。

映画「幸せの1ページ」の感想です。

2008年09月08日 | 映画感想 サ 行
「幸せの1ページ」を観ました。この映画は日本語のタイトルで公開されているんですけど、
英題の「 NIM'S ISLAND 」の方がさすがにピッタリくるタイトルですね!
このままのタイトルで良かったのに!女性客層をターゲットにしたような
安易な日本語タイトルは映画のイメージを小さく見せてしまっています!
青く美しい大海原と無人島、自然との共存、大海を駆け巡るストーム、
大自然に生きる動物たちと、無人島に生きる親子、彼らがこの映画のキーワードです。
動物と子供が中心の映画ですが、子供も大人も楽しめる良いファンタジー映画になっていたと思います。

予告編ではジョディ・フォスターが主役のような映像やタイトルが流れていますが、
ニムと言う女の子が中心になって孤島でのスローライフな物語が進んでいきます。
途中でホームアローン的な展開になったりしますが、動物たちの迷演技が最高でした。
ジョディ・フォスターがコメディータッチの演技を真面目にやっていたのも面白かった!(苦笑)
今回の演技は好感が持てる演技でした。ジョディ・フォスターの役は人気小説家ですが、
極度の潔癖症ゆえに家から外の世界へ一歩も踏み出せない孤独な女性です。

そんな都会暮らしの小説家と無人島のニムが、あるきっかけでメール交換をするんですが、
ニムは小説家のハンドルネームと文体を見て男性と勘違いし、ジョディ扮する小説家は、
ニムのことを大人と勘違いしたままメールのやり取りをしてしまいます。その辺りは、
ネット社会の匿名性の面白いところと、怖いところが垣間見えて、ちょっと考えましたよ・・・
いつもネットで目にしているブロガーさんのハンドルネームと性別は合っているのか?と!(笑)。

今回、ジェラルド・バトラーが海洋生物学者で妻に先立たれた優しいお父さん役と、
小説の中に出てくるワイルドな冒険家の主人公との二役で登場しています。
引きこもりで対人恐怖症気味の小説家の心の葛藤が作り上げたイメージの産物ですね。
もちろん小説の主人公ですから、現実には彼女にしか見えないんですよ!
その二人の絡むシーンはコミカルで笑えました。
押しつけがましい社会風刺の重苦しさと暑苦しさはなく、あっさりと観れて面白かったです。

幸せの1ページ
幸せの1ページ
幸せの1ページ
幸せの1ページ
「幸せの1ページ」 (9月6日公開)
上映時間≫ 1時間35分
製作年:製作国≫ 2008年4月 : アメリカ
英題≫「 NIM'S ISLAND 」
監督≫ジェニファー・フラケット
出演≫ジョディ・フォスター / アビゲイル・ブレスリン / ジェラルド・バトラー / マイケル・カーマン 他

ストーリー≫ウェンディ・オアーの同名の児童書を映画化した冒険ファンタジー。孤独なベストセラー作家と、南の島で父親と2人で暮らす少女の奇跡的な出会いを描いた作品。【対人恐怖症の人気冒険小説家、アレクサンドラ(ジョディ・フォスター)は何年も自宅に引きこもって暮らしていた。彼女は新しい小説のネタをネット検索していて、孤島で暮らす海洋生物学者(ジェラルド・バトラー)の記事に目をとめる。彼に協力を求めるつもりが、ある日彼の娘のニム(アビゲイル・ブレスリン)からSOSのメールが届き……。】(Yahoo! 映画より抜粋)

来日情報≫ジョディ・フォスターが二人の息子と一緒に8月19日のジャパンプレミア出席のために来日。ジョディ・フォスターの会見と動画は⇒こちらです。
ランキング≫全米興行成績は初登場3位
米Yahoo!ユーザー6段階平均評価 「B-」(4942 ratings)
米Yahoo!批評家6段階平均評価 「C+」(8 reviews)



人気ブログランキングへ いつもご訪問ありがとうございます。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 映画 「ハンコック」 の感想... | トップ | 映画「ウォンテッド」の感想... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして。 (ハッピーエンド好き♪)
2008-09-11 18:30:54
映画はもっぱらDVDで見るほうが圧倒的に多く、映画館までいってみようと思う作品は少ないのですが、この映画はなんとなく気になって、レディースデーに足を運んで、観て来ました。

本当に、Nim's Islandという原題がぴったりの、爽やかで楽しいファンタジックな良い映画でしたね!
ふと‥、もし原題のまま公開されていたら、私は観に行っただろうか?と考えた時に、「子ども映画にジョディ・フォスターが顔を出してるだけねっ」とスルーしてしまったかも…と思わされました。^^

その意味では、映画の観客層を広げるためには、邦題や日本でも宣伝方法も有意義だったのかもしれないなぁ~、と思いました。
レスです。 (ミスト(管理人))
2008-09-12 01:33:54
こんばんは!
コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、邦題とジョディを前面に配した予告編のお陰で、観客層は広がったでしょうね!
実写映画で、大人も子供も同時に楽しめる映画って数少ないので、この映画は貴重な1作だと思います。ファンタジー好きな人にはお薦めですね。
幸せの1ページ 観ました (ウトリ)
2011-10-09 16:01:51
映画を観てとても楽しかったのでコメント欄にお邪魔させて下し。
感想を書かせていただきます。
今日の昼にテレビでやっていたので、偶然観ることができました。
私も外に出かけたり、新しいことが苦手なのでアレクサンドラが飛行機の中で二度と外には出ませんって祈ってるところを観て共感してしまいました(笑)
でもニムの住む島に憧れてしまいました。
私も未知の物への憧れがあるんだなと思いました。
撮影は実在する島で行ったんでしょうか?

これから先の人生が楽しくなる映画でした。
レスです。 (ミスト (管理人です))
2011-10-10 00:33:02
ウトリさん、コメントありがとうございます。

この映画の主なロケ地は、オーストラリアのゴールドコーストにある無人島らしいです。
本当に深くて青い大海原がどこまでも広がっていて、
大自然を満喫できて、冒険心もくすぐられる映画でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。