Missy の時間

こんな引きこもりのオバさんもいます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

☆色えんぴつを楽しむ本☆・・・と、色鉛筆

2007-10-31 13:37:40 | 
2006年。(えい)出版発行。

表カバー

最近、塗り絵が巷で静かに流行っておりますが、
実は自分も欲しくて見て歩いていたら、
この本を見付けました。

色鉛筆の基本とか、
こう言う方が、日常でこんな風に色鉛筆を使ってますとか、
各ブランドの説明とか・・・が載ってます。

そして、《特別付録》と言うことで、
世界最古のメーカーの【ファーバー・カステル】の
【アートグリップ水彩色鉛筆】3本と高級用紙が2枚付いています。

破るのがもったいなくてまだ使ってないんですが・・。

それと自分的に嬉しかったのが、
各ブランド主要モデルの【全色カラー見本】が付いてる所です

始めは、へぇ~~って眺めてる程度だったのですが・・・


ちょっと塗り絵をしてみようと思い、
家に普通にあるのを使っていたら(無印良品の)
どうにも芯が硬くて、手や指の関節が痛く、
筆圧が弱くなってしまった自分には塗りにくかったのです

その時、たまたま息子がデザイン学校で使っていた色鉛筆を借りたら、
これが、芯が柔らかくて凄く塗りやすかったんです
重ね塗りしてもキレイだしベタ塗りがとてもスムーズで。

それが、【サンフォード社】の【プリズマカラー】と言う色鉛筆でした。

でも色が24色でちょっと物足りなくて、
無いのは今までの使ったり、混ぜたりしてたのですが、
少し前に、家から車で40分位の所に、各ブランドの色鉛筆を、
バラ売りしてくれる大きなお店が出来て、
たま~に行っては、少しずつ買い足してます 


色々なメーカーさんのを試し描き(塗り?)してみましたが
自分にはやっぱりプリズマカラーがいいみたいです。

ケースで買うと高いけど単品なら、好きな色を少しずつ集められるし
それが又、楽しかったり・・・

それにここのお店、ケースで買っても、
例えば、その中に2本『これは余り使わなさそう』って言うのがあったりしたら、
変わりに、単品の中から自分の好きな色を2本チョイスして交換出来る、
自分だけの色鉛筆セットと言うのも出来るらしいです。
もちろん、同じメーカーの同じ種類に限りますが。
そして、単品売りが出来る種類に限りますが。

でも、出来るメーカーが殆んどだった気がします。

これ、素敵なサービスですよね~
今はこう言うの、どこでもやってるんでしょうか?

私は、初めて知ったので結構感激しています


あと、そこは、本に載ってる金額よりだいぶお安くなってるので、
私みたいな人間には、助かります~~。
1本200円以上となるとなかなか気が引ける・・

ダンナは、
『車で40分もかけて、何かと思ったら色鉛筆か・・・
と、呆れておりましたが


おっと、又話がそれました・・。
で、そんな時に、先ほどのカラー見本がお役立ちなのです。
(・・・説明長・・・。)

持っていなくて、欲しい色の番号を控えていって、買えますもんね~
取り敢えず今はこんな感じです。

後ろの紙筒が【無印良品】製。
娘は筆圧が結構強いので、これでガシガシ塗ります
手前の3つは【ユニのウォーターカラー】。12色づつ入ってます。
プリズマカラーにまだ茶系が少ないのでこちらを使ってます。

プリズマカラーは全色揃えると120色なんですが、
出来れば半分は欲しいなぁと思っている今日この頃です。
気長にチマチマいっちゃいます
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« チルドレン | トップ | そして塗り絵、だから塗り絵。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事