走るナースプラクティショナー ~診断も治療もできる資格を持ち診療所の他に診療移動車に乗って街を走り診療しています~

カナダ、BC州でメンタルヘルス、薬物依存、ホームレス、貧困層の方々を診療しています。登場人物は全て仮名です。

みな同じ

2021-09-22 | 仕事
今朝の勉強会。救急室でのレアなケース紹介を3例ほど。興味深かったですね〜滅多に起こらない事が起こってしまうのが医療。

どのケースでも共通性があったのが意味ある診断検査をしているかどうか?これには身体所見も入っています。

で、終わりの方で他の救急医同士で、いかにそれが難しいかで盛り上がる。

件数を多く見れば自信もつくけど、これが正しいのか?違いを見分けているか?と自分を疑う、そして簡単な方へ行ってしまう、と。

なんだか嬉しい。そういう事を時に感じるのは自分だけではないのだ、と思えたから。滅多にしないスペシャルテスト(身体所見)や診断プロセスって戸惑うもの。

毎日学びの仕事です。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ワクチンカードの効用 | トップ | やっぱり伝わる »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

仕事」カテゴリの最新記事