走るナースプラクティショナー ~診断も治療もできる資格を持ち診療所の他に診療移動車に乗って街を走り診療しています~

カナダ、BC州でメンタルヘルス、薬物依存、ホームレス、貧困層の方々を診療しています。登場人物は全て仮名です。

美しい変化

2018-04-16 | 仕事
学生さんの実習もあと2週間を残すのみ。

最初は大丈夫かな、とかなり心配しましたがこの3ヶ月で見事に看護師からナースプラクティショナーへ美しく変化していきました(まだ学生ですが)。

私が学生の時に感じたのは自分で決断する責任の重さ。その重さを自覚した上で診断、治療を計画する。それができるようになるために、一番最初の実習は大切なのです。

大学側の実習評価でも良い採点をもらい、天にでも登る勢い。自信がつくと人は生き生きするとそばで見ていて感じる。

もちろんまだまだ、目先のことに気が入って患者全体を見逃す時も多々。まあ、私の患者層は難解ですから、全体をみるのは簡単な事ではありません。よく頑張りました。


空気にも春を感じる
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医療者が患者になる時 | トップ | ごねたお陰で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

仕事」カテゴリの最新記事