いろはにほへと

ちりぬるを

あなたに伝えなければならない 遠い 私達のこと

2019-10-06 17:20:04 | 日記

 

眠る前に閉じたか

閉じ忘れたまま眠ったのか

 

読みかけの

本の頁は いつも一枚の

栞で区切られている

 

物語の途中ではない 

未読の頁の

手前に 栞はいつも

挟まっている

 

捲る

新たな頁には

夢の欠片が所狭しと

散らかっている 

 

その断片の

一つ一つを寄せ集めて

新しい頁に仕上げて

夢を繋ぐ

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« あなたに伝えなければならな... | トップ | あなたに伝えなければならな... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事