いろはにほへと

ちりぬるを

風景

2020-05-07 14:39:48 | 日記

 

曳航されていく 初夏の

気だるい鋼板の

 

矩形に折れ曲がった臍が

陽炎を浴びて

光っている

 

何処にでも

連れてって

くっつけて 遥々

見知らぬ海の果てに

連れてって

と言っている

 

静かな 鋼鉄の

コメント   この記事についてブログを書く
« さかさまでごめんね | トップ | 朝の雉よ »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事