いろはにほへと

ちりぬるを

抽象画 

2020-05-11 07:36:44 | 日記

 

一枚の絵がある。

 

少し奥行があって

凹凸の襞が影をつくり

所々捲れて風に靡いている。

 

男は絵をみて

墳墓だといい もう一人は

カーテンだと言う。

 

どちらであっても その絵には

一つ フックがねじ込まれて

青空を背景にして

吊るされている。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 朝の雉よ | トップ | 下版 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事