南阿蘇村 和菓子 みそらやcafe

和菓子をお伴に、ゆっくりくつろいでください
 南阿蘇村河陰3978-1 ☎ 0967-67-2066

きな粉好きさんへの新メニューです

2019-11-29 | 日記

こんばんは。

霜が降りたり、寒さが緩んだり、みなさんいかがお過ごしですか?

 

11月も気づけば明日までとなっていました。

今日は、12月に向けての新しいメニューのご紹介から。。。

お客さんから、冬になったらきな粉と黒みつのあったかメニューを作ってほしいと夏に言われていたのを思い出し、遅ればせながらご紹介させていただきます。

きな粉好きさんへ捧ぐ『冬きなこ』のミニパフェとドリンクのセットメニューです

中身は、きな粉、ティラミス、ほうじ茶アイス、甘煮黒豆、寒天、あんこ等々。。。

お皿にコロンと転がっているのは、器に入り切れなかったきな粉もちです

 

黒糖で甘みをつけたきな粉ラテと一緒にどうぞ。。。

きな粉ラテのほかにも、甘くないドリンク(珈琲、お抹茶など)も、お好みで選んでいただけます

 

今年も薪ストーブに火が灯り、店内はぽかぽか暖かくしています。

先日は、カウンター席でお客さんがうとうと居眠りをしているのを眺めていました。とても和やかな雰囲気に顔がにやついてしまいました。

みなさんがゆっくりくつろいでくださる姿を見ると、私達もとても平和な気持ちになります

 

ぜひ、ほっこりお茶̪しにいらしてください

 

 

そらまめあんも、いろいろありますが、おかげさまで元気にしています

先日はそらちゃんが元気がなく、、、

 

猫さんたちが元気がないと、私もマスターも連動して元気がなくなります

お外をパトロール中に、他の猫ちゃんとやり合ったようで、左手を怪我していましたうちの猫さんたちは、爪切りでこまめに爪を切っているので、外の猫さんたちとけんかになっても、丸腰なのです

そして、けがをしたところは触らせてくれないし、隠そうとするので、毎日体を拭くときのボディチェックは入念にしているのですが、、、

早速、病院へ。。。イカ耳になってる。緊張するよね

     

病院は毎回、車で片道1時間以上かかりますが、車のエンジン音や振動が大の苦手の猫さんたちにとっては、とてもつらい時間。

途中、車を停めて声をかけたり、なだめたりしながらの往復です

注射をして、お薬をもらいました

病院の帰りは、帰れることがわかるのか、やっと落ち着いてくれました

 

毎回のことですが、猫たちはなれるはずもなく、私も猫たちの叫び声にはぐったりしてしまいますが、こればっかりは仕方ないなと諦めてもらうことにしています大事にならずに良かったです

 

まめとあんちゃんも元気です

先日、急に寒くなったときにわたしが体調を崩して寝ていたら、心配して集まってきてくれました

  

体調がわかるのか、元気がない時は、そっと傍にいてくれます

動物たちは、純粋で愛情深いなぁといつも考えさせられます

 

 

 

 


秋のツォモリリ展のお知らせ(2019.11.20)

2019-11-10 | 日記

裏庭のブルーベリーやお店の窓から見える葉たちも紅葉を迎えました

今年の紅葉シーズンははいかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

夏にみそらやで開催したツォモリリ展に続いて、秋冬ものがそろう展示会をみそらやで開くことになりました

  

ツォモリリは北インド、ヒマラヤに囲まれた標高4000mにある湖の名前で、インドと日本で環境保全や国際交流を柱に活動してきたウォールアートプロジェクトが始めた、インドの手仕事ブランドです。

今回は、ヒマラヤの山岳地方から、手編みのソックスや手袋、パシュミナウールのマフラーなどの温かい商品が並びます。

~主催のアンナプルナ農園の正木らびさんのメッセージから~

「ツォモリリの作品は、手紡ぎ手織り、手刺繍などハンドメイドのもの。手仕事を見ていると、現代に暮らす私たちと職人さんの時間の流れ方が違うことが分かります。

幾世代にも渡り積み重ねられた『美の蓄積』。そしてそれが人間本来の営みであると気づきます。命の息吹を感じるものたち。どうぞ愛のある命の衣を手に取ってご覧ください。」

 

 

当日はカフェはお休みですが、アンナプルナ農園のお茶やみそらやの和菓子をご準備しています

アンナプルナ農園の緑茶パウダーで作った緑茶大福と~(中はこしあん)

同じくアンナプルナ農園のほうじ茶パウダーで作った練り切りお菓子(中は芋あん)

どちらもお茶の香りがお口の中にふわっと広がる、ツォモリリ限定和菓子です

気に入ったものを試着したり、お茶や和菓子とともにのんびりしたりして、楽しんで貰えたらと思います

 

「秋のツォモリリ展と巡るオトラビの旅」in南阿蘇 みそらやcafe

11月20日(水)12:00~17:00

 

タイミング合う方は、ぜひ遊びにいらしてくださいね~

お待ちしています

 

 


秋の風景

2019-11-01 | 日記

こんばんは

朝晩はめっきり寒くなって来た南阿蘇村です一昨日からは、冬仕様の大布団まで引っ張り出してきました。

日中と朝晩の気温の変化が大きく、冷え込むときは急激に冷え込むので、この時期は本当に注意が必要です。

 

さて、あっという間に11月になりました。

今日は、11月からメニューに加わる『そらたま』のご紹介から。。。

昨年からお出ししているみそらやの白玉、「そらたま」です

こちらは、オーダーが入ってから各白玉を湯で始め、冷やしたりするまでの時間がかかるので、お出しするまでに少々時間を要します。ですので、寒くてゆったりモードの時期のみのメニューなのですが、昨冬の終わりに終了したあとも、そらたまをお目当てに来て下さる方が多かったので、今年もお出しすることにしました。

 

そらたまの内容はその時々で変わりますが、まず初めは、写真左から林檎、マロン、抹茶、ラムレーズンチーズ、きな粉です。この中のひとつが、アイス最中などに変わることもあります。その時々の白玉たちを、温かいお茶と一緒にゆっくりと楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

もう一つ、毎年人気の栗ぜんざいも始めました。

宮崎県産の栗を使ったとろとろペーストに、小豆と白玉を絡めて、熱々でお召し上がりください。

夏とは違った、静かでゆっくりとした空気が流れています。おひとり様、大歓迎です。平日は好きなだけのんびりしていってくださいね

 

 

さてさて先日は、買い物中にこちらを見つけたので、早速買ってかえり、作業して仕上げました

渋柿です

 

毎年この時期になると、お手頃な渋柿を見つけてはせっせと干し柿作りをします。

始めて干し柿を作ったときは、慣れない工程に悪戦苦闘していましたが、毎年作るようになると、案外短時間で作ることができるようになりました。

 

約一か月くらい、カビが生えていないかチェックしたり、干し具合を見ながら柿をもんだりします。

毎年、軒下に干し柿が並ぶと、本格的に冬を迎える準備を始めるタイミングです。

干し柿さん、ありがとう。今年も無事に作ることができたというひとときの喜びと共に。。。

晴れた日の秋の空は、とても澄んだ空気に包まれる南阿蘇村です。