南阿蘇村 和菓子 みそらやcafe

和菓子をお伴に、ゆっくりくつろいでください
 南阿蘇村河陰3978-1 ☎ 0967-67-2066

本日(6月30日)臨時休業します

2019-06-30 | 日記

おはようございます。

昨晩から雨風が強く、今朝からは南阿蘇村全体に避難勧告も出ました。

本日は、臨時休業といたします。

やっと梅雨に入ったとほっとしていたらこんな感じですが、なかなか思うようにはいかない毎日を楽しんでいます。

 

みなさんも十分ご注意のうえ、ゆったりとした雨の休日をお過ごしください

(お気に入りの毛布をふみふみ。。。雨の日も風の日も、ご機嫌そらちゃん)


廣末裕子さんの個展 明日からです

2019-06-20 | 日記

暑い日が続いています。みなさん、お変わりありませんか?

 

《陶芸作家 廣末裕子さんの個展》

約1か月の間みそらやで開くことになり、いよいよ明日から始まります。

廣末さんは、沖縄の石垣島、愛媛の砥部焼にて手作り手描きを学び、現在は南阿蘇村にて独立されていて、陶芸教室などもされています。

阿蘇の青空や優しい草花の風景をイメージしながら、日々の作成に取り組まれている作品は、優しくて可愛らしくて、つい傍に置いておきたくなる、どれも素敵な作品ばかり

「お届けしたいのは、阿蘇での豊かなひと時が寄り添ってくれる器です」(廣末さんより)

 

作家さんの思いをそのまま表現する、表情豊かな作品たち

みそらやでも、パフェ皿や小皿を分けてもらい、使わせていただいてます

 

ぴったりな器が見つかりご自宅に連れて帰られた後も、ふと南阿蘇の豊かな自然の風景が広がるような器たちです。

ぜひ手にとって、その感触を楽しんでいただけたらと思います。

 

 

 

そして九州の梅雨入り、そろそろですかね?

こんなに遅いと、梅雨無しで盛夏に突入するんじゃないかと心配になります。

お店を手伝ってくれているビール通さっちゃんからの、労いのビールのプレゼント

暑い夏にとても似合う!しかもうまい!

外で七輪焼きの夕食をしていると、決まって誰かが見に来ます

七輪焼きに一緒に参加したいのか、「僕もお外にでますよ!」と可愛くないて催促しています。

この日はそらちゃんでした

青々とした空には、ビールとかき氷が似合いますね!

 


新しいかき氷たち

2019-06-07 | 日記

昨夜から南阿蘇村は暴風が吹き荒れて、雷も鳴り響き、久しぶりに夜中に目が覚めてしまいました。

みなさんのお住まいの地域はいかがでしたか?

南阿蘇村の最近の気候は、晴れたり曇ったり、寒かったり暑かったりで、寝具や着るものの調節に頭を悩ませたりしています

 

さて、晴れた日はどこかに出かけたくなりますが、雨の日は仕込みに集中すると決め込んで、先日からちゃちゃっと仕込み作業の毎日です。

今の時期は、晩柑やメロン

とうもろこし

 

とうもろこし?です

今年初めてのチャレンジになります

ミルクと合わせて、ポタージュ風に仕上げました(トッピングはブラックペッパーです)

スイートコーンを使って、とうもろこしの甘さを生かしたシロップです。

ごーらーの常連さんからのリクエストでもあります。濾す作業がかかりますが、美味しくできましたよ

 

後は、こちらも初ものとなります

ラムレーズン氷

クリームチーズと自家製ラムレーズンを合わせて、大人味にしました。中には、ハニーコーヒーの豆で作った、珈琲ゼリーも入っています

定番のものと、新たに加わったかき氷をぜひお楽しみください

(旬のものは、材料自体が手に入らないとお出しできないので、その時々でメニューも変わります

 

もう一つですね、新しいメニューとして紹介します

その名も『梅雨のひととき』

かき氷とパフェのミックスバージョンです

かき氷半分に、アイスとあんこ、白玉を添えた欲よくばりさん向け新メニューです。(あたたかいお茶も付いてます)

かき氷食べたいけど、ちょっと今日は肌寒いな、かき氷半分パフェ半分でいこうかな、という時におすすめ

名前の通り、梅雨の間の期間限定(まだ梅雨入りしてませんが)です。梅雨が明けるまでのメニューですので、しっとり雨降りの日も、どうぞみそらやでゆっくりくつろいで下さいね。

 

新しいメニューは以上になります。(令和のお祝いは終わりました)

 

 

 

先日のかき氷のイベントは、曇りそらでしたが、大盛況でした

みそらやは打ち上げのみの参加でしたが、みんなとても良かったと話していました。足をお運びくださったみなさん、どうもありがとございました。またいろんな計画が上がっているようなので、今後ともよろしくお願いします

 

 

 

先日、友人宅でお花とお茶のあれこれを教えてもらってきました。

 

草月流の師範をもつ友人から、お花を活けるこつや楽しさを教えてもらうHちゃん

こちらが私が活けたもの

 

 

自宅に持ち帰り、みんなそれぞれに復習しました

同じ花器やお花を用いても、二度と同じ姿はとらないそれぞれの存在感に魅せられる

そらちゃん先生のチェックも入りますよ

心が豊かになりました。

お花のある暮らしっていいなぁと改めて思い直した一日でした

 

 

 

 

 

 

コメント (4)