南阿蘇村 和菓子 みそらやcafe

和菓子をお伴に、ゆっくりくつろいでください
 南阿蘇村河陰3978-1 ☎ 0967-67-2066

そらまめあん~春の陽気を楽しむ日

2019-03-18 | 日記

あたたかい日が続くなか、春の訪れを心待ちにしていたかのようにデッキでくつろぐ、最近のそらまめあんです

冬の間は室内でころころと過ごしていまいしたが

場所の取り合いををしてみたり

「抱っこしてー!」と抱っこしてもらうまで朝晩と騒いでついてまわるのは、あん太郎君の日課

パパさんに抱っこをしてもらい、喜びを表現するあんちゃん

私たちをよく見ていて、チャンスがあればいつでも膝に乗ろうと様子を伺っています

 

あんちゃんが入ってきてからは、そらまめの距離感も微妙に変わり、淋しがりで甘えん坊なあんちゃんが、そらまめのどちらかと一緒にいることが多い3匹の関係性ですが、そらまめも遊んだり(それが高じて喧嘩したりしますが)競い合ったりして、お互いにかけがえのない存在です

生まれたときから、お母さん猫とはぐれながらも懸命に命をつないで心細かったときも、ずっと離れず一緒に生きてきたそらまめ

決してべったりではないけれど、いつも近くにいるのが当たり前

私達には見えない言葉で、会話してるんだろうな

三匹ともみんな個性的で、自分に誠実なところが美しい

時に自分達の縄張りを必死で守ろうとする、気高く小さな戦士たち

「僕たちのことですか?(キリッ)」

そうですよ、いつも大切な事を教えてくれて ありがとう

 

 

こちらは鳴けば開く自動ドアだと思っているまめちゃん

しょっちゅう開け閉めするのが大変だけど、もー!と思いながらもついつい要求に応えてしまう。。。

思いっきり伸びをするそらちゃん

「こうすると力が抜けてきもちいいにゃ~」

猫さんは、自分と繋がりリラックスして過ごす最高のお手本だなぁ、、、

つい、いそいそとしてしまう心にふっと気づきをくれる、そんな猫さんとの暮らしに感謝しています

 


いちごの最盛期です

2019-03-17 | 日記

南阿蘇村の新鮮で香り高い苺が旬を迎えています。

先月から、みそらやでも朝採れのフレッシュな苺を使ったパフェをお出ししています

農家さんこだわりの苺、食べたらお分かりになると思いますが、本当に美味しいんです!

 

最近は、かき氷のソース用の苺も分けて頂き、休みの日などを使って作業に追われています。

形や大きさが不揃いというだけで、味は全く同じなんです

作業中の、「味見」という名の大人食いがとまりません

苺仕事の至福の時

本当に、だれか止めてください、、、

 

こちらの美味しい苺を使ったかき氷も、もうすぐ始めます。今しばらくお待ちください。

 

苺のパフェは、4月中旬位までできると思いますが、今年は暖かかったため終わるのも早いかもしれません。

因みに、栗パフェは今月いっぱいで終わり、また9月頃~始めます。食べ納めにいらしてくださいね

 

今月から、水信玄餅始めました。

ふんわり桜の香りがする水信玄餅、きな粉を添えてお出ししています。

 

水信玄餅に使っているお皿は、みそらやでも販売しています。

  

南阿蘇村の陶芸作家 Hirosue Yukoさんの作品です。

シンプルなのにどこか可愛らしく、のせるだけでお料理やおやつを引き立ててくれる、素敵な器たち。

陶芸教室もされています。

興味のある方は、ご来店時にお尋ねください。

 

それから、アンナプルナ農園のお茶も置かせていただいています。

農薬や化学肥料などを使わずに自然に沿った栽培方法で、愛情いっぱい受けて作られたお茶たち

一口飲むと、お茶の香ばしい香りと自然と調和している茶畑

無農薬で愛情込めて育てている人 人々の笑顔 平和なスペース

そんなイメージが広がりました

パッケージに、「世界中のみんながゆっくりお茶をのめますように」と書かれてあるんですよ

アンナプルナ農園の優しい想いで育ったお茶、ぜひみなさんにも飲んでいただきたいです~

 

桜の花も、注意深くしていないと、あっという間に過ぎてしまいそうです。

南阿蘇村の桜もきれいですよ~

 

 


3月21日(祝日)営業します

2019-03-16 | 日記

今度の祝日の3月21日(春分の日)は、お店をあけます。

ぜひお立ち寄りください~

庭のクリスマスローズ

うつむき加減に咲く姿が美しい

ちょっとお顔を見せてね

下からのぞき込んで、必死の撮影

今年もきれいなお花を咲かせてくれて、ありがとう

 


最近のあれこれ

2019-03-15 | 日記

あたたかい春の日差しが嬉しい日が続いています。みなさん、お変わりなくお過ごしでしょうか。

しばらく間が空いてしまいましたが、今年は暖かいせいか、冬篭りもそっちのけで、いろんなことをして過ごしていました。

(自宅からの雪景色も今年は1回のみ。。。)

 

ロミロミの仲間と練習会をしたり、マスターのお誕生日を友人が祝ってくれたり。

(ケーキは、南阿蘇苺林香さんのいちごのタルト。とても美味しい

 

先日は、ロミ仲間でもあるアンナプルナ農園のラビちゃんから、啓蟄のお茶会に呼んでいただきました。

午前中は若杉おばあちゃんから習った手作り石鹸作りを(ラビちゃん指導の下)作ったり

(材料を入れて約1時間ほどみんなでかき混ぜ続けるのですが、その間にみんなで「古今東西最近嬉しかったっこと」を、自己紹介兼ねながら話すという面白い時間でした。)

 お昼はみんなで持ち寄った食事を頂きました

オーガニックのお野菜やお米を育てている方々とお会いすることができて、それを使ったお料理がすごく美味しいかった

口に入れて一噛みしたときの驚きは、言葉では伝えられないくらい感動しました。

 

午後からは、朗読をきいたり、皆で歌を歌ったり、映画を観たり。。。

雨のぽとぽとという心地のいい音の中で、静粛な気持ちに包まれてのお茶会。

私は、桜の半月もちを今回のお茶会でお出しする機会を頂き、皆さんに「とても美味しかった~」と喜んでもらえました。和菓子やってて良かったなぁと、改めて思いました。

 

色んなご縁がつながって、啓蟄のお茶会に私とマスターも参加させてもらったのですが、今回のテーマでもある「森に向き合う気持ち」は、人間中心の視点から発生する様々な問題に向き合う機会となり、では、普段の暮らしの中で自分たちにできることは何だろうと、夫婦で思い巡らすいい機会となりました。

大地を潤し生命を育む水を守る森。「自然に敬意をはらう」ということを、普段の暮らしの中で、私はどれくらいやっているだろう?

 

そして、「自然と調和して生きるためには、、、?」という気持ちですごしていたら、次に舞い込んだのは、「ヘナ染め」!

こちらも人生初の試みでしたが、想像以上の効果に驚いています。。。

髪質が変わったような感じで、こちらはまた改めてレポートしたいと思います。

 

あっという間に3月です。

自分と常につながりながら、満たしながら、出来ることから始めようと思います