南阿蘇村 和菓子 みそらやcafe

和菓子をお伴に、ゆっくりくつろいでください
 南阿蘇村河陰3978-1 ☎ 0967-67-2066

猫さんとの暮らしの工夫

2020-01-27 | 日記

こんばんは

みそらやは2月8日(土)まで、冬季休業となります。

どうぞよろしくお願いします。

 

雨が降ったり強い風が吹いたりの空模様の南阿蘇村です。それでも、例年に比べたら格段に暖かい冬ごもりとなりそうです。

 

先日は猫つながりのお友達が来てくれて、お互いの猫暮らしの情報交換しました。

 

うちは3匹の猫と暮らしているので、いろいろと工夫ししていることもあります。

 

最近ではまめちゃんが、突然スプレー行為(マーキング)を始めてしまいました。

去勢した雄猫はマーキングの心配はなしと考えていただけにショックを受けたのですが、ネットで原因や対処法を調べて(オムツや、嫌がる柑橘系のにおいスプレーや、トイレの細やかな掃除など)いろいろ試してみました。

スプレー行為は猫にとっては本能的な事なので、仕方のないこととは思いながらも、何とかいい方法はないものかなぁと試行錯誤の日々。。。

病院の先生に聞いても、一度スプレー行為を覚えてしまうと、それを止めることは難しいとのこと

 

それでもあきらめずに、まめがどうして突然にスプレー行為をするようになったのか行動をよく観察していると、どうやらまめは、自分のお気に入りの場所を取られるのがストレスのようだということに気づきました。

 

いちかばちかだけど、まめちゃん用のゲージを準備

夜になっておそるおそる、まめをゲージに入れてみます。(猫ベットにまたたびスプレーを少しかけたら、すんなり入ってくれました)

暫くはまたたび効果もあって、ベットで静かに寝ていたのですが、夜中に目が覚めたようで

「にゃぅおーにゃうおーうぎゃーーー(開けてーーー!ママさーん、パパさーん!大変にゃーここ開かないにゃーーーー!)」

叫び声と共に、ガシャン!ドタン!ゴーン!ガシャガシャーン!  

ゲージの中で暴れまわるまめちゃん。。。

ゲージ、買ったばかりだけど壊れそう

出してあげたかったけど、一晩だけ我慢してもらおうと、ここは心を鬼にして寝ました。

 

そして翌日からのまめさん

なんと、自分からゲージに入って寝ている!

前日の暴れっぷりはどこに。。。?

夜寝る前に、トイレとお水、ご飯も入れているので、朝までおとなしく個室で過ごしてくれるようになりました。

まめは一人になれる場所が欲しかったのかなぁと思います。

その分、あんちゃんが少し寂しそうな感じです(あんちゃんはいつもまめにくっついて寝ていたので)が、猫たちもたまに一人になれるスペースがあるとほっと落ち着くのかもしれません。

(スプレー行為は完全になくなってはいませんが、そわそわし始めるとすぐにゲージに入ってもらうようにしました。スプレーの回数は減りましたし、まめさんの穏やかな様子を見ると、ゲージを準備して良かったなと思います

 

 

それからエリカラ(エリザベスカラー)について工夫していること

わが家で一番の親分肌のそらちゃん

エリカラを着けたら、ライオンそらちゃんになった

しょっちゅうではありませんが、外の猫さんとやりあって病院に通う率も一番です

今回は左手を怪我したそらちゃん

切開して膿を出してもらったので、傷口を舐めないようにエリカラを装着することと、しばらくの間お外のパトロールは禁止なのですが、ドアが開くのを期待して待っています

「いつでも開けていいですよ!」

そらちゃん、今日は開きませんよー

 

病院で購入したプラスチックのエリカラをつけていたのですが、自分の身体幅以上に大きいカラーになれるはずもなく、あっちでゴン、こっちでゴンとぶつかって立ち止まっていました。

そういえばぶつかっても衝撃を受けない、布製のエリカラをネットで見たことあるなと検索してみました。

、、、何となくだけど、作れそう、、、

手作りされている方のブログをみたりしてイメージし、早速つくってみました~

型紙から用意して(ドーナツ型でトライ)

布を裁断(ふわふわが好きなので、素材も柔らかいものに)

ちょきちょきカットして

外側から全体を縫い付け(生地がふわふわしていたので、外表にせずにブランケットステッチでそのまま縫いました)

中の円はリボン通す用の穴を2か所作ってこちらもブランケットステッチで。

余り詰めすぎないように、等間隔で綿を詰めながら縫い合わせていきます。(リボンは首部分の調節用に着けました。柔らかいテープリボンを使用)

出来上がり~!

 

イメージでは1時間くらいで出来ると思っていたのですが、手縫いだったので3時間近くかかりました

 

早速、寝ているそらちゃんの硬いエリカラを外して装着

嫌がらずに付け替え成功

エリカラを枕にして寝ている気持ちよさそうに寝ているので、とても嬉しい

時間はかかったけど、プラスチック製のものより心地よいようなので、作って良かったです。

 

 

翌朝起きてみると

なんだかかわいい存在がちょこんといる

 

そらちゃんおはよう

付け心地どうですか?

「痒いところがかけないのでお願いします!」

エリカラずっとつけてると、痒い所や舐めたいところに届かないのが猫にとってはストレスみたい。

時間があるときは代わりにかかせてもらいます

早く治るといいね

 

ちょっとした工夫でお互いが快適に暮らせる日常をこれからも心掛けていけたらと思います

なにかいいアイデアがあれば、教えてもらえたら嬉しいです

 

明日も良い一日を

 

 

この記事についてブログを書く
« 臨時休業のお知らせ(2020,01... | トップ | 奄美の発酵飲料ミキのワーク... »
最新の画像もっと見る