一燈照隅

日本が好きな日本人です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

悠仁親王殿下お宮参り。

2006年11月14日 | 皇室
悠仁さま“お宮参り”

 秋篠宮家の長男、悠仁(ひさひと)さまのお宮参りにあたる儀式「賢所皇霊殿神殿に謁するの儀」が14日午前、皇居・賢所仮殿で行われた。

 悠仁さまは秋篠宮邸で身を清めた後、天皇、皇后両陛下から贈られた白い「御初召(おうぶめし)」に着替え、ご夫妻と一緒に皇居に向かわれた。

 賢所仮殿では、宮内庁楽部が神楽歌を奏で、掌典長が祝詞を読み上げた後、松田慶文宮内庁御用掛に抱かれた悠仁さまが拝礼をされた。秋篠宮ご夫妻も見守られた。

 この後、両陛下にあいさつするため、悠仁さまは皇居・御所を初めてご訪問。悠仁さまは目を開けて、あくびをされるなど元気な様子で、報道陣から「何と呼んでいますか」と質問されると、秋篠宮さまは「悠仁の悠をそのまま読んで『ゆうちゃん』」と笑顔で答えられた。

 悠仁さまはご誕生から70日目。儀式は生後50日目で行われるのが慣例だが、秋篠宮さまの外国ご訪問などで時期が延びていた。

 宮内庁によると、13日現在の身長は58.5センチ、体重は5244グラム。これまでに病気もなく、天気のいい日は紀子さまに抱かれて、宮邸の庭や赤坂御用地内を散歩されている。姉の眞子さま、佳子さまも喜んで世話をされているという。

(11/14 11:44)sankei web


最近の暗いニュースの中で、一つの清涼剤のような感じです。
皇室に御慶事があると本当に嬉しくなります。
日本人を実感できます。
そして、日本に生まれて良かったと。

悠仁親王殿下の健やかなる御成長をお祈りいたします。





コメント (8)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「二十一世紀に生きる君たち... | トップ | 64年ぶり名誉回復。 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おめでとうございます。 (練馬のんべ)
2006-11-14 21:52:00
悠仁親王殿下ばんざい。ついこの前ご誕生なさったばかりのような気がしますがもう70日。
殿下の健やかな成長ぶりが、自分の子供と同じように嬉しいのは、やはり日本は家族なんでしょうかね。
Unknown (julia)
2006-11-14 23:06:54
携帯の記事にコメントありがとうございました。
私もこの記事UPしようと思っていました。
いい写真ですね。

格差だとか、廃止なんて言う人がいますが、
関係ありません。日本人ですから嬉しいです。
突然で恐縮ですがご招待です (素町人@思案橋)
2006-11-15 09:09:15
「悠仁様お宮参り」にちなんだクイズを作りました。
「庶民のお宮参りでは初穂料はいくら?」というのがクイズ。
正解は→ http://q-q.at.webry.info/200611/article_50.html
他にも1300問ほどのクイズがあります。退屈で死にそうな折りにどうぞ。
FLASH動画集も始めました。3編が掲載されています。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~q-q/
※ご迷惑でしたら、お手数ですがコメント、TBの削除をお願いします。
Unknown (fuzu-fuzu)
2006-11-15 11:06:29
まさに清涼剤ですね。心が和みます。
Unknown (まさ)
2006-11-15 20:38:18
練馬のんべさん、
日が経つのは早いですね。
日本には「八紘一宇」の精神がありますからね。
Unknown (まさ)
2006-11-15 20:43:41
juliaさん、
皇室は日本人の心でもあります。
皇室が無くなれば日本も終わりです。
素直に喜びましょう。
Unknown (まさ)
2006-11-15 20:48:42
素町人@思案橋さん、
毎日これだけの問題を、よく考えられることと感心します。
素晴らしいです。
Unknown (まさ)
2006-11-15 20:51:43
fuzu-fuzuさん、
悠仁親王殿下かわいかったですね。
欠伸をされたお顔が何とも言えませんでした。
これからの御成長が楽しみです。

コメントを投稿

皇室」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

初宮 (いろは 伊呂波 IROHA)
 悠仁親王初宮を祝ぎたてまつる和歌 すめらぎの道照り明るこの空を  詣れば笑む名聲そろへ祝げ 萌え冴えし種も幾千代貫け聲んと  彩り置く名あやに寄せゐぬ  夢失せず群れ置く船 ひさひとしんのうはつみやをほきたてまつるわかすめらきのみちてりあかるこ ...