きらきらきらり

2019-05-01 05:37:50 | 日記


ソーダークリームの波の上ではしゃぐさくらんぼ
真っ赤に染まる僕たち 白い小舟のクリーム
恋人色の ロマン ストロー2つで愛を語り合おうよ
オデコがたがいに くっつくくらいに
いたずらに 浜辺で こっそりキスをして
不意に波に向かって走り出す
手からこぼれる 粉雪のような 浜辺の砂が
君の肌をキラリとさせるよ
アクセサリーはいまはいらない
恋人たちの  愛の世界


羽愛  四季

フィクション(想像です)。。。。
コメント (2)

愛してる

2019-05-01 05:30:15 | 日記
愛してる

愛してるそういった君は微笑んだ
その言葉にときめいたのか
愛してるの言葉にドキドキしたのか
それはいまだわからないけれど
それは 君はずるいよ
そんな笑顔で微笑んだら
僕だってキスしたくなる
愛の言葉は時々
無意味に残酷だけど
今は僕だけに囁いてくれるなら
そう悪くはない
この心の鼓動が聞こえるくらいに
密着してハグして胸の高鳴り
君に伝えたい わかるかい?
いま僕がどれだけ 気持がHighになっているか
君をそっと壊れないように包み込む
止まらない胸の鼓動確かな愛してる
これから僕たちの先に何があるんだろう



羽愛  四季

フィクションです。。。。
コメント (1)

RPG

2019-05-01 05:14:42 | 日記
空は青く澄み渡り 海を目指して歩く
怖いものなんてない 僕らはもう一人じゃない

大切な何かが壊れたあの夜に
僕は星を探して一人で歩いていた
ペルセウス座流星群 君も見てただろうか
僕は元気でやってるよ 君は今「ドコ」にいるの?

「方法」という悪魔にとり憑かれないで
「目的」という大事なものを思い出して

空は青く澄み渡り 海を目指して歩く
怖いものなんてない 僕らはもう一人じゃない
空は青く澄み渡り 海を目指して歩く
怖くても大丈夫 僕らはもう一人じゃない

大切な何かが壊れたあの夜に
僕は君を探して一人で歩いていた
あの日から僕らは一人で海を目指す
「約束のあの場所で必ずまた逢おう。」と

「世間」という悪魔に惑わされないで
自分だけが決めた「答」を思い出して

空は青く澄み渡り 海を目指して歩く
怖いものなんてない 僕らはもう一人じゃない
空は青く澄み渡り 海を目指して歩く
怖くても大丈夫 僕らはもう一人じゃない

“煌めき”のような人生の中で
君に出逢えて僕は本当によかった

街を抜け海に出たら 次はどこを目指そうか
僕らはまた出かけよう 愛しいこの地球(せかい)を

空は青く澄み渡り 海を目指して歩く
怖いものなんてない 僕らはもう一人じゃない
空は青く澄み渡り 海を目指して歩く
怖くても大丈夫 僕らはもう一人じゃない
コメント

しるし

2019-05-01 05:05:34 | 日記
最初からこうなることが 決まっていたみたいに
 違うテンポ出刻む 鼓動を互いが聞いてる
 どんな言葉を選んでも どこか嘘っぽいんだ
 左脳に書いた手紙 ぐちゃぐちゃに丸めて、捨てる

 心の声は 君に届くのかな?
 沈黙の歌に乗って・・・

 ダーリン ダーリン いろんな角度から君を見てきた
 そのどれもが素晴しくて 僕は愛を思い知るんだ 
 「半信半疑=傷つかないための予防線」を
 今、微妙なニュアンスで 君は示そうとしている


 「おんなじ顔をしてる」と誰かが冷やかした写真
 僕らは似ているのかなぁ それとも似てきたのかなぁ
 面倒臭いって思うくらいに まじめに向き合っていた
 軽はずみだった自分を うらやましくなるほどに

 心の声は 誰が聞くこともない 
 それもいい、その方がいい

 ダーリン ダーリン いろんな顔を持つ君を知ってるよ
 何をして過ごしていたって 思い出して苦しくなるんだ
 カレンダーに記入した いくつもの記念日より 
 小刻みに 鮮明に 僕の記憶を埋めつくす
  
 泣いたり 笑ったり 不安定な想いだけれど
 それが君と僕の愛のしるし
  
 ダーリン ダーリン いろんな角度から君を見てきた 
 共に生きれない日が来たって
 どうせ愛してしまうと思うんだ  
 ダーリン ダーリン Oh My darling
 狂おしく 鮮明に 僕の記憶を埋めつくす
 ダーリン ダーリン
コメント