長岡市議会議員 関みちお の まちづくり派ブログ

笑顔あふれる長岡にするために・・・

私に出来ることは! 私たちに出来る事は・・・

常任委員会の視察に行って来ました

2017年10月24日 20時32分34秒 | Weblog
先週21日土曜日に三島地域の秋のイベント=越後みしま竹あかり街道がありました。



今年は曇りながらその日だけ雨が降らず、風もなく穏やかな陽気の中で開かれ多くの人で賑かな夜となりました。

地元の町内会や中学生のみなさんをはじめスタッフの方々、造形大の学生さん・・多くの方々の力で綺麗な灯りを楽しむことができました。

ご苦労様でしたm(__)m



その竹あかりの前日まで常任委員会の視察でした。

総務委員会は委員会9名に事務局、さらに視察項目に関係する部長3名を加えた一行15名の大所帯でした。

視察先は伊丹市で公共施設マネジメントについて伊丹市の取り組みを教えていただきました。

伊丹市も現状では全ての公共施設を更新できず平成42年までに10%以上削減する目標を立てました。

さらに目標に向かい施設を統合したり、民間に売却してました。

実際に統合してできた神津交流センターを視察したりして伊丹市の取り組みの状況をうかがいました。



そこは、児童館・図書館分館・市役所支所の3機能を有する施設でした。

私は一般質問でも施設統合では機能を縮小しない限り施設面積は、そんなに減らないのでは?と質問してたので、こちらの状況をきいてみました。

確かに多く減らすことはできないが、新たなサービスを付加する点では複合化で建物の数を減らすことになるメリットはでるという返答でした。

売却では年間赤字経営の屋外型施設を民間に売却した方が凄い!と思いました。

関係部長は、赤字の施設を民間が買う?と驚いてました。

名古屋市では長岡市で来年に控えている開府400年に関して先行して取り組んだ内容や以後の取り組みについて勉強させていただきました。

最後は掛川市で指定管理者制度の運用について掛川城の取り組み事例を主に教えていただきました。



掛川城は指定管理者制度を導入してますが、管理料を払わず、さらに指定管理者から整備費まで出してもらってます。

この説明を受けてる時に同行した関係部長は、しきりに説明資料にラインをひいてられました。

掛川城は物凄い観光施設でないので、年間何十万人と来館者があるわけではありません。

市が運営していた時は経費が勿論かかる施設でした。

指定管理者になったから収支が良くなったわけではありません。

伊丹市の屋外型施設もそうですが、民間に委ねるに役所の発想や縛りも持ち込むから民間が頑張れないのです。

掛川城では城内で飲食を認めたりイベントを開催したりと収入が上がる民間のアイディアを認めて指定管理者制度を導入しました。

ホテル事業をメインとする共同体が指定管理者となり、定期的なお茶会に結婚式やパーティー、さらに保育園等の遠足に来てもらったりと来館者を増やすと共にお金をさらに落としてもらう仕組みを作りました。

行政的な考え方をいかに押さえ民間の力を発揮してもらう土壌をいかにつくれるかがポイントと思います。

この行政視察では幸いに関係部長も一緒でしたので、今回の視察が長岡市でも活きるように議会で議論を深めていきたいと思います。



余談ですが、現地視察もあったせいか行政視察なのに毎日1万歩以上歩く健康的な視察となりました。
コメント

寒くなりました

2017年10月17日 18時20分46秒 | Weblog
先週の連休は暑くて‼とブログに書きましたが、一気に寒くなりました。



明日水曜日から残りの2常任委員会の行政視察が始まります。

ところで先週11日水曜日にみしまコミュニティセンターでみしまコミュニティ推進協議会主催の「おめさん 元気らかね」なる催しがありました。



会食とおしゃべりを楽しむ集いですが、コミセンまで無料送迎もあり三島地域各所から多くの方が参加していただきました。



年齢の高い方だけかな?と思ったらこどもさんを連れての参加者など老若男女問わず様々な方から参加していただきました。

会食前には唄を交えての軽い体操をみんなでしたり、食後は手品などのアトラクションがあったりと参加者の方は楽しんでいただけたものと思います。

この催しは、実は町内各世帯からのコミセンへの寄付金を基に実施されました。

みしまコミュニティ推進協議会が立ち上がって7年?経ちますが、今まで市からの補助金だけで事業をしたり、協力者の無償でやったりと頑張って活動をしてきたのに今ひとつ事業に幅がでなかったり認知度も拡がらずにおりました。

なんとか自主財源を確保すべくいくつかの試みもしましたが、なかなか難しい結果に終わっていました。

もっと地域に求められる、いいえ地域に認められるコミセンになるには、さらにパワーアップした自主事業をするしかない!との方針になり、思いきって地域住民の方に寄付金をお願いしてみました。

集まるのか?

という不安が大きかったようですが、今までの評価を知る意味でもやってみよう!となりました。

地域のみなさんのあたたかい気持ちを多く寄せていただきましたm(__)m

この催しに参加された方の中には初めてコミセンに来た!という方も結構いられ、コミセンを知ってもらうと共に参加された方が元気な笑顔を持ち帰ってもらうことができ素晴らしい催しをしてもらったと思ってます。

地域で支え合うことができること、地域でしかできない細やかさ、いろんなことを私も学ばせていただきました。



今週末の土曜日に三島地域の秋を彩る⁉みしま竹あかり街道が予定されてます。

それに先立ち先週末には栃尾地域でランプの灯りイベントが開催されました。



ランプだけでなく秋葉神社には竹あかりも設置され、栃尾の雁木のランプの灯りと神社のロウソクの灯りでとても素敵な夜の街になっていました。

そこで思ったのは、和島地域でも竹あかりのイベントをしているし、川口地域でも雪あかりのイベントがあったりと各地域で灯りのイベントがあります。

これらの灯りイベントを上手く結びつけられないものか?と考えました。

折角長岡市の各地域で頑張っているものを結びつけさらにパワーアップしたら、もっと横のつながりと共に誇れるものになるように思います。

支所地域では人口減少が一段と進みイベントの実行部隊も厳しくなっている話を聞きますが、市内競争を市内協力の形に変えれば、それを上手く機能させればもっと発信できるものになるように思います。

折角一緒になったのですから、一体となり取り組むものができたらなぁ~なんて思いました。



気温の変化が激しいのですが、確実に寒くなってきています。

体調管理に気をつけましょう。
コメント

常任委員会の視察が始まりました

2017年10月12日 17時49分00秒 | Weblog
先週末から異常に暑く?なり、仕舞った半袖などをまた出して着てました。

その陽気に誘われかめ虫(臭虫)が大量に湧いてきました。



月曜日に物干し台で200匹近く捕まえたら、掌に色がつき2日程とれませんでした。



7日土曜日にはアオーレなかどまで、美味しい酒にアオーレ‼なる酒の陣の長岡版イベントが開催されました。

今年はJRからもご協力いただき東京からも首都圏みしま会の方をはじめ多くの方からお越しいただきました。



長岡市内16蔵元が自慢のお酒を持ち寄り、来場者と交流を深める内容でステージイベントをはじめ年々パワーアップし、素晴らしいイベントになってきているように感じます。

米百俵祭りと同時開催にしないほうがかえっていいのでは?と思ってます。



この連休は各地でいろんな催しがありました。

三島地域では県内保育園の音体フェスティバルや市長からも応援にお越しいただいた文化協会の発表・展示会もありました。

栃尾地域では道の駅で街道まつりが開かれたり、栃尾美術館では高橋まゆみ人形展が開催中で多くの方で賑わっていました。

その栃尾では開府400年を彩るキックオフイベントとして第1回目の地域をつなぐリレー講演会、外山脩造翁と長岡開府400年と題した講演会と第7回外山脩造賞受賞式がありました。

 

リレー講演会は初の試みでしたし、受賞式も外山翁の出身地栃尾で行うのは初めてでした。

折角地元があるのですから、アオーレだけでなく地域で行うことこそ相応しいと思いました。

ただ今回はリレー講演会もあったので良かったですが、次年度以降は受賞式だけでなくいかに外山翁を顕彰していくのか?を踏まえ課題も感じました。



今週11日水曜日から産業市民・建設の両委員会が議会の委員会視察に出かけています。

私の所属する総務・文教福祉の両委員会は来週です。

巷ではせわしなくなってきて、こんな時に視察か?と思われますが、先方の役所とのアポもあり市議会としての活動ですので変更しないことになりました。

市議会常任委員会として、その分しっかり視察・勉強し長岡市政に活かせることは活かしていきたいと思います。



気温の変化が激しいので、体調管理に注意しましょう!
コメント

10月になりました

2017年10月06日 19時00分10秒 | Weblog
残暑もなく、あっ!という間に涼しいを通り越し肌寒い陽気になりました。

稲刈りもほとんど終わり、紅葉になってないだけで秋も深まったような毎日です。

半袖もこの年になると、この気温では厳しく上着着用にしました。



秋といえばイベントで、先週末には三島地域恒例の「おもしろかぼちゃ」展示会がありました。

地域の高齢者の仲間で、変な形のカボチャをつくり、それに絵を描いたりして楽しんでられます。

こどもを連れて行くとビックリしつつ楽しめる催しで地味ながら人気のある催しです。




今週は講演会やら勉強会ばかりですが、今日金曜日はまちづくり特別委員会で現地視察を一日かけて行いました。

場所は市内の道の駅でしたが、川口・和島・栃尾ですので移動だけでも大変でした。

長岡市の広さを改めて実感させていただきました。

目的は全国の道の駅では年間百万人も来るような道の駅が多くあるなかで長岡市の道の駅を交流人口増加に上手く活用できないものか?ということを目指し現地の状況を委員全員で勉強しに行きました。

私の個人的な感想になりますが、各道の駅はそれぞれの成り立ちや社会変化を踏まえた上で頑張っている!というのが率直な感想です。

これ以上の進化を求めるには、現行の指定管理者制度の規準書や制度の運用を変える必要が先ではないか?と感じました。

例えば川口の道の駅では地域での生活を支える視点を第一にされてるようでしたし、和島では広域でのネットワークの拠点としての存在意義を大事にしてられました。



さらに栃尾では国道290号線での他地域とのつながりと栃尾のまちなかへの誘客を第一に考えられていられました。

大きな今風の道の駅に比べれば地味かもしれませんが、それぞれの道の駅が精一杯頑張っていられるのが説明をお聞きし充分伝わってきました。

そんな話を聞かせていただいたので、少しでも協力できれば‼と帰る前には各駅で買い物させていただきました。

アオーレに戻った時には、久しぶりに一日マイクロバスに揺られたせいか普段以上に頭がボーとし長岡市の広さを味わった訳でした。



今週末も米百俵祭りに美味しい酒にアオーレ、栃尾道の駅での街道祭りや外山脩造記念講演会など各地で様々なイベントが予定されてます。

是非そういったお出掛けの際に道の駅に寄ってみてください。
コメント