長岡市議会議員 関みちお の まちづくり派ブログ

笑顔あふれる長岡にするために・・・

私に出来ることは! 私たちに出来る事は・・・

3月定例会が終わりました

2016年03月29日 22時17分14秒 | Weblog
28日月曜日で3月定例会が閉会となりました。

中断が2回あったせいもありますが、他の議員の方も長かったなぁ~と言ってられましたが、私も同感です。

中断期間や週末には年度末での各種行事などが入り、さらに一番大切な1500億円からの予算を決める議会人としての責任の重さに花粉症?で苦しい1ヶ月でした。

最終日夜には市長サイド主催で課長職以上の市職員と議会・マスコミ関係者が集い年度末懇談会がありました。

年度末懇談会が市長サイド主催なのは3月末で退職や長岡市から移動する課長職以上の方々を送る会も兼ねているからです。

今回は21名もの多くの方が長岡市役所から離れられます。

長年にわたり頑張っていただき、ご苦労様でした。

これからは一市民として長岡市を支えていただきたいと思います。

1時間半という限られた時間なんで いつしか立食パーティ会場のようになり話が弾んでます。



ところで先週25日金曜日に地方議会議員の研修会に参加してきました。

元三重県知事の北川正恭氏の「議会の必要性、議会改革の重要性」について開会挨拶を兼ねお話があり、全国市議会アンケート調査からの報告や山梨学院大教授の江藤先生から会津若松市議会を例に問題提起があり、その後議会改革が進んでいる先進議会の会津若松市議会と岩手県滝沢市議会からの報告となりました。

市民の課題解決が図れる議会を目指して頑張る会津若松市議会には驚きました。

会津若松市議会は市政に対する監視・チェック機能、政策立案機能、さらに議会への積極的な市民参加機能を持つことを掲げています。

一年間で200件の意見を取り上げ、それを政策に取り上げるべきか検討しています。

閉会中だと活動が鈍くなるので通年議会制をとり議会として活発な議会内討議を重ねています。

一応2年一区切りのサイクルで動いており、実際政策に活かされるまでは4年程度かかるようです。

市内15会場で年2回の市民との意見交換会もあり、議会活動は多忙を極める?ような印象を受けました。

長岡市議会でも議会改革を兼ねて議会活性化検討会が私が議員でいる8年間で2回開かれました。

総論賛成・各論反対で最後は持ち越し持ち越しの再・再再検討でもまとまりませんでした。

よく会津若松市議会は議会で一致できるなぁ~と感心して話を聞いておりました。

それにそれだけ多忙を極める中でよくやっているなぁ~という感じでした。

何故一議員でできないのか?

部下もいない中で事務的な仕事は誰がしているのか?

頑張りは認めますが、疑問もありました。

実際議員は執行部と違い組織でありませんし、いくら議会の長といえども絶対的な権力もなく多種多様な議員の集まりが議会です。

だから議会全員一致での行動などほとんどありませんし、それが各々の議員の選挙で背負ってきている部分もあるなかでできないことでもあります。

また実例を聞いた中では何故それが一議員で出来なかったのか?

さらには解決までに時間がかかりすぎのようにも感じました。

気をつけなければならないのは、議会改革が手段でなく目的になることです。

どんな議会を目指すのか?

現状はどうか?

どこをどう変えるのか?

ただ実際問題そこまでやる議会の議員に次のなり手はでるのか?

一番不安に感じました。

以前もこのブログに自分の立ち位置の話をしましたが、市民の意見を聞くには同じ立ち位置にまずいることだと思います。

同じ位置とは壇上とかの場所でなく一緒に汗を流す関係でいることと思います。

新年度になっても議会、いや議員の資質改革!!と言われないためにも一緒に汗流す関係=立ち場で頑張りたいと思います。



やっと暖かくなり春も目の前のようです。

昨年はサクラ咲く!の一報を聞くために桜どころじゃありませんでしたが、今年は桜を楽しみたいなぁ~と思ってます。
コメント

3月定例会もあと1日となりました

2016年03月25日 00時07分15秒 | Weblog
休み明け22日火曜日に総務委員会の2日目が終わり、3月定例会も残すところ28日の最終日のみとなりました。

1日の市長の28年度市政執行方針表明から始まり2日からの市政に対する一般質問、8日からの常任委員会、予算審議があるので2日間ずつ開かれました。

途中で市長・議長がホノルルフェスティバルに参加されたので中断もあり、なかなか長い定例会となりました。

今週も小学校の卒業式で中断となりました。

17日に人事移動が発表され、今週は送別会やら議会以外の別件が軒並みはいりバタバタしてます。

加えて花粉症は悪化の一方で、ただでさえ切れの悪い頭の中はモヤがかかったようです。

常任委員会での新年度予算審議を傍聴していると花粉症の薬のせいか?時々意識が飛びそうになったりして、その戦いに疲れてます。

肝心の新年度予算は、子育て支援から地方創生関係のながおか・若者・しごと機構など幅広い分野に目を配った予算となっていると思いますが、本当に市民満足度を上げるには予算配分以上に目的に沿った事業がきちんとなされるかに係っているものと思います。

そういった意味では新年度がスタートしてからの議会チェックが大切だと思います。



24日木曜日には地元の小学校2校で卒業式が執り行われました。

私はいつも母校でない小学校にお邪魔させていただいてます。

来賓総数は卒業生以上おりますが、学校行事等に関係した方々で地域の多くの人から門出を祝ってもらうのもいいもんだなぁ~と感じます。

校長先生もPTA会長も式辞や祝辞で涙声になり感動が伝わって実に温かい卒業式でした。

今年の卒業生は20名おり、新入生は一桁ですので益々児童数が少なくなります。

さらに一人転校することになり、とうとう新年度からは複式学級も出現することになりました。

先生の数も一名減となり各々先生に対して負担感も増すものと思います。

地域の方々も地域の学校の存続を願い一生懸命にサポートしていただいてますが…

小さな学校には小さな学校の良さがあるのは卒業式を見てもわかります。

でも一方では絶対数が足りないことによるカバーできないこともあります。

昨年委員会ではそんな思いから学校連携での合同授業のススメやインクルーシブ教育での転入を図る策などを教育委員会と議論してきましたが、なかなか厚い壁を崩せませんでした。

適性規模の学級を教育委員会は言いながら適性規模以下の学校を救う術を図ってないように感じるのは私だけでしょうか?

人口減少も少子化も待ったなし!に進展してます。

さらに現場を踏まえた施策、10年先、20年先を見据えた芯のある施策を展開していかないと地方創生の人口ビジョンも絵に書いた餅に終わりかねません。

予算を認めただけでなく当初の目的が叶えられたかこそみていくことが議員の役目と再認識した卒業式でした。

 ~25日朝の思いがけない雪~

暖かくなったと思ったのに気温が上がらない今日この頃です。

花粉症だけでなくインフルエンザもまた広がっているようです。



年度変わりでバタバタしている時こそ体調管理に気をつけましょう。





~管理人による~
なご~か♪そ~なんだ?!クイズ

長岡の人口の問題です (*^^)v

2016年3月1日現在の人口、長岡各11地域の中で男性の人口が女性の人口より多い地域がひとつあります。

さて、それはどの地域でしょうか???

答えは長岡市のウェブサイトの人口の詳細を探して確認してみてください<m(__)m>
コメント

文教福祉委員会まで終わりました

2016年03月17日 21時38分53秒 | Weblog
昨日の夜は星がきれいでビックリしましたが、今日は晴れて気温も上がり春の陽気でした。

おかげさまで、花粉が舞いくしゃみばかりしてます。

昨年の今ごろは…くしゃみすら忘れた毎日だったように思い出します。



先週8日から始まった常任委員会も産業市民、建設と終わり、昨日16日からは私の所属する文教福祉委員会が2日間にわたり開かれました。

昨日の所管に関する質問では育じい育ばあさん育成支援に関してと特別支援教育に関して執行部と議論させていただきました。

特別支援教育に関しては、以前から長岡市は力を入れ介助員を配したりして人的な支援や保育園からすこやか応援チームを派遣したりと手厚い支援を行っています。

さらに高校においても市立の特別支援学校を運営したりしてます。

しかし先日、大阪市立大空小学校のドキュメント映画を見てから 長岡市の取り組みでもやってみる価値が高いのではないか!?と思いました。

幸いに先生方を対象としたセミナーでも大空小学校の取り組みを取り上げたり、新年度からはこのインクルーシブ教育に関しての予算も計上されております。

私は障害のある子もない子もできる限り一緒にやれる環境こそ、障害のない子の生きる力を育み、ノーマライゼーションの世の中が普通になる時代が来ると思います。

三島地域でも小・中学校の時は明るい子が高校に進むと大人数に負け、心が折れてしまう子がいます。

小さなうちから多様性を学び、いろんな子がいることを解れば生きる力が養えるものと思います。

障害のある子もやがては世界に出ていかなければなりません。

そのためにもいろんな方々と交わる練習も必要なことと思います。

大阪市立の小学校でできたことは長岡市だからできると思います。

そんなことが拡がることで長岡市への転入も期待できます。

でも答弁では、もののみごとに打ち砕かれました。

それでも私はまず自分の関われるところから実践していき、諦めないつもりです。



新年度予算審議も残すは総務委員会のみとなりました。

予算審議は事前通告なし!!のガチンコです。

2日終わるとグッタリですが、予算審議のみが大事でなく、いかに当初の目的がきちんと達成できるかも注視していかねばならないものと思います。



この前 久しぶりにコメントいただきありがとうございましたm(__)m 読んでるよ!!とは、時々言われますが、たまに感想でもいただけると嬉しいです。

現場の声が議員の原動力です。

気が向いた時にでもコメントいただけるとありがたい限りです。





管理者より・・・

今回の記事が555件目の記事となりました。
本人の頑張りはもちろんのことですが、皆さんのお陰で回数を重ねることができていることに感謝を申し上げます。

さらに、ここで記事を書かせていただくことで、皆さんに想いをもっと伝えていくことと思いますので、これからもご支援ご指導よろしくお願い申し上げます。

コメントもお待ち申し上げております。

これからも555(ゴーゴーゴー!)です!!
コメント

常任委員会が開かれてます

2016年03月10日 20時03分29秒 | Weblog
今週火曜日8日から常任委員会が始まりました。

3月定例会は新年度予算が委員会毎に関係予算が説明され審議されるので、2日間の日程で各常任委員会が開かれてます。

産業市民委員会から始まり、今日10日からは建設委員会となりました。



今定例会では委員会が開かれている第1委員会室の委員席前に花が並べられました。

フリージアとベゴニアです。

議会事務局にも素敵な「春」の「花」がいらっしゃるのに…

並べた理由は5月末に全国花のまちづくり長岡大会が開催されるPRを兼ねてですが、委員会室が柔らかな雰囲気になりとてもいいな~と思ってます。

ところで今日の建設委員会閉会後、議会スポーツ議員連盟で(公財)長岡市スポーツ協会の方々と意見交換会がありました。

長岡市での子どもたちを巡るスポーツ環境の現状と課題、さらに協会としての「想い」をお聞きし意見交換をさせていただきました。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに長岡市から選手が出るようなスポーツ支援だけでなく、幼児期から体を動かしスポーツに親しみやすい環境整備や心と体の健康に体幹を鍛える必然性など様々な点でスポーツを活用したりするにはどうしたらよいか?と活発な意見交換がありました。

中学校の部活動やスポーツ少年団、さらには学校での体育授業に放課後児童クラブといろんな話題が飛び交い、最後はスポーツ振興条例なんて話もありました。

でもそれぞれが問題提議や課題を出すことと理想を描きそのために行動を起こすのは、少し違うようにも感じました。

誰のために何のために、さらにどうしたら長岡市民の幸福度が上がるのか?

簡単なようで難しい命題です。

議会34人でも方向や温度差が感じられる中で、どう進んでいくのか難しいなぁ~と思いました。

条例制定が魔法の杖ならいいのですが…

ただ一方では進めるために条例を制定する必然性がある!という意見も言われました。

私は…まず地域を始め現場の人たちに聞いてみようと思ってます。

頑張っている現場の人たちがさらに頑張れる状況にしてあげられることと子どもたちが生きる力を養えることが一番大切と思うからです。

今日の会で一つ思い出したのは、高校の時に先生が1に体育、2に国語、3、4が無くて5に地理!と言ってられました。

それはまず健康な体づくり、次に日本人として日本語をしっかりしろということでした。(ちなみに地理はいろんな意味で人生の雑学として役立つ意味)







明日金曜日から市長・議長がホノルルフェスティバル参加で来週火曜日まで議会は休会です。

休会でも年度末故に様々な行事や予定も組み込まれてますが…







暖かくなったと思ったらまだ天気予報に雪マークが出たりします。

飲み会も多くあったりしますが、体調管理に気をつけましょう。
コメント

3月定例会の市政に対する一般質問が終わりました

2016年03月04日 21時07分51秒 | Weblog
今日4日は長岡市内の多くの中学校で卒業式がありました。

私も母校の卒業式に招かれ臨席させていただきました。

式が終わった後に在校生から送る言葉が、卒業生からは別れの言葉があり、その後合唱となりました。

在校生は三島中学校の卒業式で歌い継がれている「旅立ちの日に」を歌いましたが、卒業生は…なんとビックリ!! EXILEの「道」の合唱バージョンでした。

ピアノ伴奏も上手でしたが、道の合唱も巧く拍手喝采でした。

よく校長先生が進化!!と言われてましたが、伝統を引き継ぎつつさらに高みを目指す=進化の意味が伝わってきました。

本当に素晴らしかったです。



それで心を清め今日の一般質問に挑むことができました。

1日火曜日から3月定例会は始まり、初日は28年度の市長の市政執行方針演説に始まり副市長の議案説明と補正予算の議決で終わり、2日水曜日から今日までの3日間が市政に対する一般質問でした。

初日は会派を代表した新年度予算関係の質問が多く、期間を開け通告したら最後の今日3番目となりました。

今回は新年度から始まる長岡市の最上位計画である総合計画に関して質問しました。

まず言いたかったのは、人口減少を若者の社会的流出を主な理由に就活バスの運行などの策をとられてますが、合計特殊出生率と若者は==イコールではない!ということです。

合計特殊出生率はあくまで市内の女性が生涯産む子ども数の平均値です。

また人口を増やすにはまず女性がいなくてはなりません。

そのためには女性が長岡lifeを楽しめる社会にするべきというのが私の考え方です。

とにかく対策を打つには原因究明が欠かせないはずです。

原因に対してこそ有効な施策がとれるわけですし、まして国より高い合計特殊出生率にしたのですか、まず原因究明こそ欠かせないはずです。

またまちづくりの分野で最近話題になっているのが島根県の海士町などの総合計画です。

これにはコミュニティデザイナーが参加し、計画をまとめあげるだけでなく計画を動かす力となりました。

長岡市でも様々な計画策定にはコンサルタント会社を入れますが、総合計画 それも人口減少にオール長岡27万人市民総活躍で立ち向かうには、若者・よそ者・…の「熱意」だけでなくスキルを持った人=コミュニティデザイナーの力こそ総合計画の描く夢を実現し市民の満足度を上げるために必要と思い質問しました。

今回は心を清めた!?せいか回りを見る余裕を持って挑めたのが一番の成果だったように思います。

インターネットで録画中継も見れますので、顔見たくない方は音声だけでもお聞きください。



来週からは常任委員会が始まります。

私の文教福祉委員会は再来週です。



今日は久しぶりのよい天気でしたが、朝方はすごい霧でした。

春近し!?でしょうか?

昨年の今頃を思いつつ一年の時の過ぎる早さに驚いてる今日この頃です。
コメント (1)