長岡市議会議員 関みちお の まちづくり派ブログ

笑顔あふれる長岡にするために・・・

私に出来ることは! 私たちに出来る事は・・・

穏やかな日が続いてます

2015年01月26日 21時48分58秒 | Weblog
月始めの新年会は一通り終わったもの、先々週末から先週末まで地元の経済団体などの新年会が開かれました。

地域の実状を如実に表すかのような顔触れで参加者の減少+高齢化でした。

ただ救いは参加者が元気だったことです。

こじんまりとし一見するとパワーダウンのように思えますが、人は減っても残っていられる方はそれはそれで一致団結し頑張っているように思われます。

地方創生と言われてますが、東京と地方という関係が地方では中心部と周辺地域という関係と同じに思えます。

周辺地域の各集落(町内)の元気あっての中心部ですから、地域の元気づくりと将来展望こそ求められるものです。


今こそ行政+市民とのしっかりとした協働での地域づくりが行われなくては地域が存続していかないものと思います。

華々しいことだけでなく地道に汗をかいている人たちにスポットライトがあたる仕組みが求められています。



除雪経費の専決処分で措置がなされた後は、大して大降りもせず日常活動には助かっています。

ただ1月は終わろうとしてますが、あと1ヶ月は用心しないとです。

先週に長岡市議会議員2期の者(はっぱの会)全員9人で新年会を行いました。

政党所属の議員から無所属の者まで、年齢差で24才と親子程違ったりしますが2期の者は結構仲良しでお互い言いたいこと言い合いながらも、これからの長岡市政について激論してます。

特に今回は春の統一地方選挙の情勢を肴に飲むことになりました。

いつもなら当番の地区や地域探訪を兼ねて開いてましたが、今回はお疲れ?の方も多く日本酒での乾杯条例実行しかできなかったのが残念でした。



日曜日には地元の三島観光推進協議会主催のお座敷ジャズライブがありました。

今回で3回目ですが、初めて参加させていただきました。

長岡市出身のチェロ奏者である片野大輔さんをメインにピアノとパーカッションが加わりクラシックとジャズのクロスオーバーでのライブでした。

お座敷でジャズ!?という考えが根底から覆る素晴らしいライブでした。

片野さんの軽妙なトークや曲紹介も最高でしたが、選曲も観客に合わせたのか前半のポップな曲は想い出あるものが多く、ジャズを身近に感じられ本当にあっ!という間の2時間でした。

何よりよかったのは、このお座敷ジャズライブ、まだまだ進化の余地がたくさんあり主催者側ももっと向上させるためにチャレンジしたい!!という考えを持っていられることでした。

素晴らしい音楽と美味しい料理と地元のお酒と…地域の発信力がさらにつけば、もっと素晴らしいものに進化していくことでしょう。



年が替わり早くも1ヶ月が過ぎようとしています。

2月にはすぐ3月定例会の議会運営委員会やまちづくり特別委員会など議会活動も忙しくなってきます。

3月定例会を控えての準備や調査もしなければなりません。

慌ただしい年度末です。
コメント

荒れた日はつづきませんが…

2015年01月20日 18時45分28秒 | Weblog
降雪が早かったわりに大雪にならずに助かってます。

高齢者の独居世帯が多くなり、玄関前の雪かきさえ難儀してられるのに屋根の雪卸しをしなくてはならないようだと、若い者でも嫌がるくらい危険性も高く大変です。

先日もおばあちゃん一人住まいの方が下屋の雪卸してられたので、おばあちゃん、気をつけてね!落ちんなね!と声掛けてきました。

長岡市でも20日付けで道路の除排雪経費の予算措置の専決処分がされました。

除雪業務委託料に6億円車両借上料に5千万円、燃料費に8百万円です。

少し不思議に思うのは例年専決処分なりで除排雪経費が増額されますが、何故当初予算で最低限しか用意されてないのか?ということです。

この度の専決予算も例の如く前年度の繰越金で措置されましたが、だったら繰越金を当初予算に少しでも計上し平年程度の除排雪経費は確保しておいたら…と思うのですが…

またこう言うとある方に怒られそうですが(笑)。



議会も時々顔を出すとほとんど登庁ランプも点いておらず、ヒッソリしてます。

ちょうど2月まで議会全体での活動もなく、みなさん挨拶廻りが忙しい?ようです。

挨拶廻りで疲れきっている方もおられました。

でもこれが議員の生死を分ける大事なポイントのようです。

挨拶に伺うと、今頃やっと来て!!とか、こんげんときしか顔見せねぇで!!とか怒られるばかりで肉体的以上に精神的に疲れる!と多くの方が異口同音に言われます。

私も同感ですが、この時に議員として活動するエネルギーも貰えます。

お茶飲んでけ!から始まり茶飲み話をしている中に市民・地域の現状や教えてもらうことが多くあります。

よく現場の声を政策に!!と言われますが、その現場の声を聞く一番の機会がこの機会です。

私の場合、怒られることの方が多いのですが、怒られることに関しては学生時代からの筋金入りです。

それを反省点にしたり怒る原因を考えてみると新たな発見も出てきます。

いまの時期は天気も悪く寒いのもあり結構うちでゴロゴロと退屈してられるので私あたりは絶好の相手とばかりいろんな話を聞かせていただけるわけです。

だから本当のところ一番辛いのは怒られるより、お茶を飲まされた後の…我慢です(笑)。



インフルエンザも施設や学校などでも流行ってきています。

外出後の手洗いうがいで予防をしましょう。

まだ寒い日は続きますので健康管理に気をつけてください。
コメント

正月気分も終わりました

2015年01月13日 21時36分11秒 | Weblog
先週末から3連休だった方も多かったのではないでしょうか。

長岡市では5月の連休や8月のお盆に成人式をしてますので、この成人式も関係なく三島地域ではさいのかみ行事をやる地区が2ヶ所ありました。

最近新潟日報にもさいのかみのような民俗的な伝統行事が少子化と集落の人口減少で続けられなくなってきている話題が載ってました。

三島地域でもかつてはさいのかみ行事を復活させ、いくつかの地区で盛大に行っていましたが、今年は2地区になりました。

さいのかみは竹で櫓を組んだり、わらを保管したり準備も大変です。

また火をかけるので安全対策や後片付けも大変な行事です。

さらに天気によっては煙が多かったり火のつきが悪いなど観ている以上に大変です。

それでも続けていく、この力の結集と子どもたちの記憶に止めていくことに凄さがあると感服しています。

今年も見に来いや!と誘っていただきました、が残念ながら…



先週で招かれた場も一段落し、この連休は30年ぶりに大学の学科の仲間で集まる機会があり東京へ行って来ました。

お前老けたなぁ~と言うつもりが一番老けてたのが私でした。

鹿児島や島根からも駆けつけ年を忘れ時間も忘れ当時の話題で盛り上がっていたら新幹線に乗り遅れるところでした。

長岡は朝から小雪で昼過ぎから雪のようでしたが、トンネルを抜けると眩しい晴天でした。

東京を歩くと汗をかくような陽気であまりの違いに愕然としました。

また展覧会やフリーマーケットに多くの人が屋外なのに並んでいる風景を見ると雪国との余りの違いに驚愕します。

でもこれは東京と長岡の違いだけでなく、長岡の中でもあるように思いました。

例えば雪に関しては、ほとんど積もらない寺泊地域から雪と言えばの山古志・川口地域まで同じ長岡市にあるわけです。

気候条件が違えばそれぞれの地域の文化や生活スタイルも違うはずです。

それ故地域の抱える問題なども違ってくるものと思います。

行政の括りと生活はいつも同一にはならないものと思います。

九州の都城に県境を越え一体で地域づくりに取り組む団体がありました。(過去形なのは当時の代表や活動者が亡くなられたパワーダウンしたので)また広島と島根の県境地区にも同様な活動団体があります。

地域づくりの観点でみると風土の一体感が共通のスタートラインで、人為的に引かれた行政ラインより優先するように思います。

それぞれ固有の文化基盤を最小単位に地域づくりに取り組んだ方が今後の人口減少時代に向けての地域の存続になるような気がしてなりません。

机上のプランで一色にするより地域の個性を伸ばす自由度の高い施策こそ求められているような気がします。

新幹線でトンネル1つ抜けるだけでこれほど違うのは…なんて考えてたら東京に着きました。



大雪予報が出たり積雪が早かったわりに、今日まではまあまあの冬です。

でも年を取り寒さが堪えるようになりました。

インフルエンザも流行ってきているようですので、健康管理に気をつけましょう。
コメント

七草粥食べましたか?

2015年01月07日 19時42分15秒 | Weblog
年が明けて一週間が過ぎます。

5日月曜日から仕事始めの方も多かったと思います。

4日日曜日は長岡市消防出初式が行われました。

アオーレでの長岡市消防出初式は昼からですが、午前中に消防団三島方面隊は出初式が行われました。



方面隊長の訓示に来賓祝辞、閲団…とあり最後は一斉放水です。

祝辞の中で三島地域では無火災であったのも日頃の消防団の予防活動にあることを感謝すると共に12月定例会の常任委員会でも言われた消防団員の欠員にふれさせていただきました。

自分自身の経験から消防団員であったので火の用心に気をつけるようになったこと、また年代をまたぎ地域の方々と一緒に汗を流し付き合えたことが、以後の地域での生活に役立つことなど消防団活動を通じての自分の人生の糧になる話をさせていただきました。

人口減少時代で且つ若者がいない中で消防団員になり手がいないのは、しょうがない面もありますが団員が消防団員でよかった!と自信と誇りを持つことが大事と思います。



仕事始めの5日はアオーレで長岡市の賀詞交換会が昼に開催されました。



私は市長の話をアオーレなかどまのスクリーンで聞かせていただきました。

さぼった?んじゃなく来場者に振る舞う鍋を三島地域の仲間で準備してました。



例年三島地域の産業まつりで提供している三島元気鍋の正月スペシャルバージョンを調理してました。

100食ということでしたがいつもの回転釜を持ち込んだので倍の設定で調理しました。

今回凝ったのは酒蔵の仕込み水を使い料理酒も三島の酒、さらに隠し味に酒粕と酒蔵三島をテーマに元気鍋をつくりました。

おかげ様で体が暖まり三島産野菜の旨味が拡がり美味しかったよ!と言ってもらいました。

2400名の方が来場されたもので各地が用意した鍋は早々完食!

元気鍋も最後の粕まで欲しい!と言われる盛況さでした。

会場の様子を写真に撮ろう!と思ってましたが、押し寄せる人波で一息もつく暇なく終わりとなりました。





6日火曜日からはようやく普段の日常に戻りました。

あたふたとしてた年末年始がようやく一段落つけたかな?

いつもの年ならこれから少しのんびりできるかな~というところですが、今年はいろんな意味でここからが踏ん張りどころです。

月が替われば3月定例会の1ヶ月前の議会運営委員会や特別委員会が始まり予算審議の3月定例会がプロローグが始まります。

終われば4月!

浮かれていられない春です。



まだまだ寒い日が続きます。

インフルエンザが流行っているところもあるようです。

体調管理に気をつけましょう。
コメント

2015年が始まりました

2015年01月03日 20時04分40秒 | Weblog
年が明けました。

年末年始といかがお過ごしですか?

暮れには1年の労をねぎらい近くの温泉に浸かりに行きました。

昨年末は晦日にもかかわらず実に多くの方で賑わっていました。

以前は結構ガラガラでしたが、今は家で家族皆で食卓を囲む!といった形態が変わってきたのかな~と感じました。

年が替わる前にはすぐ近所のお寺に鐘突きに行って煩悩を打ち砕いてきました。

元旦には地区の町内会の元旦祭に招かれ、午前と午後と御神酒をいただき、うちに帰ると「酒呑みじゃねぇのに酒くせ~」と言われてしまいました。



今日3日は三島地域の恒例行事の賀詞交換会が開かれました。

地域の各町内や会社、会の役員の方々が集い、首都圏みしま会の方も迎えた中で市からは地域政策監からも出席いただき賑やかに行われました。

来賓祝辞で話させていただいた際に、合併10年をこの4月に迎えること、その10年間で町だった時とは違う例えばコミュニティセンターなどの様々なインフラ整備が進んだことと共に地域の市民活動・市民力が上がったことに関してお話させていただきました。

安心・安全な地域での生活にインフラ整備はもちろん必要なものですが、ハード整備だけで安心・安全な生活ができるものでないと思っています。

もしもの時の地域の絆、地域の人同士の関係づくりである地域の人の力=市民力も上がらないと元気な地域、明るく楽しい地域にはならないものと思います。

合併以後の10年間で1万人以上人口が減少しました。

この長岡市の中で三島地域以上の人口が無くなったということです。

そういった状況の中で10年先を見据えた新たな市民力の醸成に向かった人材育成こそ必要ですし、高齢化の進む中でかつての結いのような人と人との結びつきが必要と思ってます。

幸い三島地域では人口減少がほとんど起こっていませんので、これからの10年こそ地域の存続を賭けた地域一丸となった戦いになるものと思ってます。

そんな話をしたかったのですが初夢で終わり、言ったのは乾杯条例が議会発議でできたんで、できれば日本酒で乾杯を!!とお願いしただけでした。


明日は出初式、明後日は長岡市の賀詞交換会と建築組合の新年会…と続きます。



最後に

今年もブログをご覧いただければ嬉しいです。





三島地域の上岩井、石井神社の二年詣り (雪灯籠) の様子です
コメント