長岡市議会議員 関みちお の まちづくり派ブログ

笑顔あふれる長岡にするために・・・

私に出来ることは! 私たちに出来る事は・・・

産業市民委員会が終わりました

2008年09月26日 23時49分58秒 | Weblog
  

今週は、月曜日には新聞報道されましたようにシティホールの設計者「隈 研吾さん」からシティホールの基本設計についての議会への説明会がありました。

水曜からは常任委員会が開かれてます。
今日は私の所属する産業市民委員会が開かれました。
所管に関する質問では、環境部にヒートアイランド現象防止策として越路地域で行われた消雪パイプを使った打ち水実験や長岡市でも始まった屋上緑化の取り組みについて質問しました。

http://gikaivideo.city.nagaoka.niigata.jp/nagaokacongress/vod_top.asp
 ※【9月定例会 産業市民委員会】平成20年9月26日 を選択してご覧下さい

また市民協働部には市民活動推進のために、まちづくりセンターのような中間支援機能の必要について質問しました。

今回は聞いて終わりではなく、理事者側と議論をしたい!と思い準備したつもりでしたが……壁の高さ&厚さに苦しむと共に自分の思いの強さだけを露呈するだけで惨敗でした。

ただ議員になった楽しみというか醍醐味を見つけました。
質問するということで自分の考えをまとめなければならないことや考えを相手に伝える大切さ、さらに違った考えを相手から聞いたりと長岡市をさらに住み良くしたいと同じ方向に向かい様々な議論を繰り返すわけです。

ある議員の方が質問するまでが疲れる!と言ってられましたが、実際そう思います。
ただ逆にそこが面白いところでもあるわけです。

なんじゃそりゃ?わからないよと思われますが、そこが議員になって得られる楽しみなんでしょう。
小さい地域においては顔のわかる関係が成り立ちますが、長岡市規模の大きい地域ではそういかない訳ですし、いろんな考え方もあるわけです。
議員一人の背負う思いは、今の長岡市においては約7000人です。
でも他に27万人余の思いもあるわけで、どこに基準を置くかというと行政では公平性からも簡単に今までを変えられないわけです。
そこをお互いの考えをぶつけ合う中で歩み寄ったりするのは、難儀なわけです。
またその場では理解し合えても公式の場となると答えられないこともあったりします。
この打ち合わせ等の時にまちづくりの手法を学んでてよかったと思います。
立場や条件等違いを認めあった中で問題点を共有し解決策を探る、長岡市を元気印にするためという思いは一緒なわけです。

まだまだいっちょ前にはほど遠いんですが、この九月議会でやっと少し議員に近付くことができたでしょうか?



今議会が終わると米百俵祭があり、その後常任委員会毎の視察となります。

クールビズも終わりに近付きましたが、ここのところめっきり涼しくなりました。
涼しいを通り越し寒くさえ感じられます。
みなさん風邪などひかれませんように!
日暮れも早くなりましたので車の運転では、早めライト点灯しましょうね。



コメント

9月定例議会が始まってます。

2008年09月19日 00時01分03秒 | Weblog


今週火曜日より9月議会が始まりました。

一般質問は14人がしました。

通告順のため私は水曜の三番目で、長岡市の子育て・学校教育について議員になり五回目の質問をしました。詳しい状況はインターネットでご覧ください。
長岡市議会から見れます。

http://gikaivideo.city.nagaoka.niigata.jp/nagaokacongress/vod_top.asp
(「録画中継」から平成20年度9月定例会2日目の中で質問の様子を見ることができます。)

うん、大分上手になったんじゃない?という言葉や、何が言いてんだ?という反応やらで、まだまだ半人前を自覚する次第です。

ところで数打ちゃ当たるで質問してる訳じゃないんですが、質問するには事前に担当部局で打ち合わせします。
こういう事考えてるんですが…と自分の考えをぶつけるなかで長岡市の現在の対応や考えを聞き、お互いやり取りしていくわけです。ある意味この部分が自分の思いをぶつけるだけに終わらせないために重要なことになるわけです。
一見デキレース?と思われますが、議会は思いを述べるだけの場所じゃないですし、噛み合った議論になるためにも大切だと思うようになりました。

あと個人的に思うのは、ワークショップでいう緩やかな人間関係づくりで自分を知ってもらい、相手も知る大切な機会と思います。

なにより私のような一年生議員には、勉強になります。相手は、ある意味プロですから懇切丁寧に教えてくれますし、新たな人間関係を築くことにもなります。

議員になり一般質問する楽しみ見つけました。

ただ一番大切なのは、自分の知識欲より市民の幸せなり議会としてのチェックであることですが・・・
市民協働部、農林部、総務部、都市整備部、教育委員会、環境部、商工部…まだまだ頑張って政策面で切れのいい質問できるようになりたいと思います。
なにより質問するときは、緊張感持って議会に臨めますしね。

ところで、びっくりしたことがありました。
新潟日報に議会開催時の写真が載ったんですが、誰だ~スゲー頭ハゲてんな~と思ったら、自分の後頭部でした。
議員になって慣れない頭使って苦労してんだね、と同情してくれる人と「元かららいや」とハゲ増してくれる人…
涙が出そうに嬉しかったですね。

来週からは、常任委員会です。
私の産業市民委員会は、金曜10時開催です。
委員会も傍聴できますので是非お越しください。
(委員会の様子も上記アドレスよりご覧いただけます。)
(「録画中継」からそれぞれ委員会を選択してご覧ください。)



日暮れも早くなり、秋も深まってきました。
夕暮れの交通に注意しましょう。
早めのライトオン



コメント (1)

来週から9月定例議会が始まります

2008年09月13日 00時06分05秒 | Weblog


16日から9月定例会が始まります。

市政に対する一般質問では、14人が質問します。



私は、長岡市の子育て・学校教育について、地域子育て支援センターについて、発達障害について、米飯給食について質問します。

出番は水曜の3番目です。
一時はバタバタして打ち合わせできず、質問無理か!と思いましたが、間に合い五回目の一般質問となりました。
しかし市の教育部門はしっかりしてまして、こちらが質問しようとしたことの多くは対処済み、う~ん、勉強不足?を露呈するだけでした。
でも質問するとほんと勉強になりますし、事前のやり取りでお互いの考えをぶつけ合うことができ、議場での質問以上に緊張と研鑽の場と思われます。



また今日は市長講話があり、市民協働と地方分権と題し地方分権からみた地域自治体の意義と住民自治と団体自治が地方を支えることについて講話されました。

中越地震の支援制度を例に行政の縦割りの弊害や公平性について話されました。
また地域の祭やちびっこ広場を例に行政と住民との連携や協働の大切さについて話されました。
建設省にいらしただけ、中央官庁の脆さや危うさを話され、基礎自治体の現場に
沿った施策やほんとの地方分権を進めることの大切さ等を短い時間ながら話されました。

なかなか市長の思いや考えを聞く機会がないなか、じっくり聞かせていただき市長の思いを理解できたかな!? と思いました。

今週は天皇陛下の奉迎に始まり、国体地域協力会立ち上げ会議やコミュニティ会議、商工会副部長研修…と会議が続き大変な一週間でした。




稲刈りも始まりましたね。
夜も涼しいより肌寒くなってきました。
夏の疲れがでやすい時期です。
みなさん体調管理にご注意ください。


コメント

稲刈り始まりましたね 実りの秋となりました

2008年09月07日 00時37分48秒 | Weblog


九月の声を聞き、稲刈りが始まりました。

私たちが三島地域の中山間地、蓮花寺で栽培してる酒米「高嶺錦」も無事実り明日(9月7日)刈り取りとなりました。
今日(6日)は明日みんなを迎えるために畦の草刈りをしました。
除草剤をまかなくなったんで雑草がいいように伸び、汗びっしょりになりました。
午後賄いの食材仕入れから戻る途中、雨がいい降りになったなぁと思ってたら、三島地域に入ると道路に至る所水溜まり脇野町に着くと中心部は道路冠水を通り越し、床下浸水も時間の問題状態!
支所も閉庁日だし…四年前の悪夢を思い出し、頭はパニック状態! パンツもぐっしょり濡れだした頃、天に願いが通じたのか雨が小降りになり、水も一気に引き始めました。

昨年の九月議会で雨水対策について一般質問しましたが、今思えば市の対策のみならず地域消防団との関係や自治防災組織との連携が支所に宿直がなくなり今日のような閉庁日には、これから地域住民の安全安心を築くうえで益々重要なんだと痛感しました。消火活動が主に消防暑に求められる中、地域消防団は地域のかつての青年団的役割と共に地域防災の要としての存在と大切な役を担っていると痛感しました。

広くなった長岡市においては、旧来操法大会に重きがあるようですが、やはりその辺にも違いがあるんだなぁと思いました。


今週は週の頭、長岡市の男女共同参画基本条例策定に向けての市川市や千葉県内の他市の事例等の勉強会に始まり、九月議会一般質問に向けての打ち合わせと慌ただしい一週間でした。



九月になっても35度になったりと夏の疲れが出やすくなる時期です。体調管理に気をつけると共に、日が暮れるのが早くなりましたので車の運転にも注意しましょう。




管理人より追加情報

7日の日曜日の高嶺錦の稲刈りは午前中の豪雨のため刈り取りができませんでした
その豪雨の際、関は昨日に続き冠水の状況を確認するために現場へ行きました。土曜日ほどの状況ではなかったものの、市民が不安になることにはかわりは無いようです。
それにしても最近の集中する雨には、みなさん驚きと不安がありますよね
コメント