長岡市議会議員 関みちお の まちづくり派ブログ

笑顔あふれる長岡にするために・・・

私に出来ることは! 私たちに出来る事は・・・

11月臨時会が開かれました

2016年11月23日 13時28分50秒 | Weblog
21日月曜日に新しい市長になって初の議会が開かれました。

議案は国の補正予算に伴う長岡市の経済対策実施の補正予算で、道路・河川整備費や小中学校の校舎増築・大規模改造事業費等で35億円程が歳出に計上されました。

議会冒頭には10月の市長選挙と一緒に行われた市議会議員補欠選挙で当選された議員の議会での議席や所属委員会が指定され、本人の紹介もありました。

それに伴い議席が一つずつズレて私の席も一つ移動しました。

演壇に登壇するのに遠くなったのが気がかりです。

議案審議に入る前に新市長から就任の挨拶がありました。

長岡市を含め地方都市が極めて厳しい経済社会饒舌に直面しているという認識を持ち長岡の地方創生を進め、元気なまちにしていく決意を話されました。

前市長と方向性が大きく違うわけではありませんが、中山間地や支所地域のこともしっかりと触れられ地に足ついた、より市民生活に密着した政策を打ち出していかれる印象を受けました。

補正予算の審議では経済対策の観点と市民生活の向上から細かな事業予算まで幅広くつけられており、事業が早まるものもあり良い補正予算を組まれたものと思いました。

ただ学校の普通教室の冷房導入など市民要望が多いものの採択順の公平性はしっかりしないとせっかくの喜ばれる事業に不満がでる懸念もあるように思いましたし、せっかくの経済対策事業なんですから予算を決定したら迅速な執行が求められるものと思います。

臨時会閉会後には大河津分水路の改修事業についてと28年度の長岡市道路除雪計画、さらに大手通表町東地区再開発について3特別委員会が開かれました。

表町東地区再開発については会派での事前説明の時に様々な質問を言いましたが、今特別委員会委員でないので執行部と議論できませんでした。

再開発事業には賛成ですし、早く進めてもらいたいと思ってますが、事業については??と思う点があるので、そこは今後の議会質問ではっきりさせていきたいと思ってます。



先週末は久しぶり予定がなく飯山線を走ってきたSLを見に行ってきました。

ビックリするほど大勢の親子連れや私のように孫と一緒の人たちが駅や沿線に見に来てられました。

 

信越線を越える陸橋を上るC11の汽笛は逞しさより悲壮感に聞こえ、嬉しさと悲しさで思わず涙が出そうになり、孫がジジどうしたの?と心配してくれました。

転車台もある長岡操車場を活かし鉄道を楽しめる子育て施設充実を図る可能性を再度感じた次第です。


さいわいプラザ前の紅葉


寒くなってきましたので、風邪などひかれませんように‼
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 先々週の話題で恐縮ですが・・・ | トップ | 12月になりました »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-11-30 00:51:41
一言質問します。
雪国である長岡にドーム建設の案が出ないのが不思議です。フットサル、サッカー、バトミントン、バスケット、硬式テニスなど室内競技は数あります。ヨネックスが長岡にあるのに日本大会も開催できない悲しさ。
一箇所に集め合宿所を併設した施設は必要ではないでしょうか。フットサルは今年は3回日本一になっていますよ。サブコートを含め斬新なスポーツタウンを作って下さいな。
Unknown (Unknown)
2016-11-30 01:10:46
表町再開発東地区に北越銀行も参加するようだが、西地区のような二度とくだらない「箱ものは」必要ない。総工費64億で国と市からの補助金が46億。地権者醜さが際立つ。
長岡の西門のランドマークを誇りと謳い、1階2階の壁面はパース画では重厚な石づくりだった。がチンケな建物になっている。アーケードの中途半端さ。内装もただの「箱物」明日を感じさせる活力、魅力は一切ない。
地権者はまちづくりの協力者であって持っている従前の権利を変換するのが原則ですが
段地権者の考え方に怒りを浸透です。東地区の再開発はぜひとも、プロポーザル方式で
隈健吾氏 SANAA 槇文彦氏 伊東豊雄氏 原広司氏 磯崎新氏 石上純也氏など設計管理をお願いしたいです。
あの場所は「国漢学校発祥」の地です。それにNYのMoMA(ニューヨーク近代美術館)が絶賛した日本で初めて出来た「長岡現代美術館」の聖地だった場所です。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事