ミサワホームに家を壊されました

ミサワホームに家を壊されましたが、なんやかやとでたらめを並べたて逃げ回っております 皆さんが被害に遭わないよう手口を公開

八百長裁判

2019-05-21 20:11:54 | 利権寄りクズ司法


裁判官が「この件に関する専門的知識を備えてこの件にふさわしい資質を持つ者」ということで出してきた専門委員ですが、


「この件に積極的になっている」「普通は選別して資料を渡すものだが、これまで出された書面を全部ほしい」(普通忙しいまともな専門家はそういうこといわない)といってきている、


そして、いまでも関電のある下請け企業の現役の顧問であるというのが気になりました




土建屋業界はせまく、知り合いでなくてもうしろにいるやくざやブローカーの影響が広範囲におよぶということ






クズども同士仕事を回しあったり、たとえ関係がなくても、いま便宜をはかれば’将来仕事を回してもらえる’という動機で’公平な専門委員’を装いながら腐った土建屋に便宜をはかるクズも多いからです











案の定

「石垣から漏れた砂がきれいすぎる



これは真砂土だろう

庭に芝が植えてある写真がある

ミズミチを通って芝の目土が漏れたんじゃないか
」などといってきました



とか


アホが・・^^メ

基本的に石垣の東の端の砂が漏れたところまで、亀裂が生じたところからでもおよそ5m以上あるわ







そんな距離で芝の目土のみ一番上から集中的に漏れるわけなかろう・・^^メというと


「砂漏れ部分の上に水抜き穴がある!」(クズどもないっつってたがな・・^^メ)


「水抜き穴から漏れたんだろう」とか



「石垣東面の白い線は薬注の漏れたあとだろう」






などといってきました(それがなんやねん ^^メ まずこの写真↓みて、これを薬注なんかいうアホおらんやろ)







ハァ・・写真みてクズ寄りにつべこべいわずにさっさと現地みに来いや・・^^メ






と思いましたが、金のためならなんでもやるクズが多くて困ります







ちなみに、うちの北西部分で過去に600坪の家が売りに出され、そこを購入した企業がマンション建設計画を立てた際に数か所掘削し、




地下4mのところに地下水が流れる層があることがすでにわかっています



写真はバカな業者がはだかのまま放置したので土砂が漏れ、その様子を撮影しておいたものですが、





水の流れをみてもらえばわかるように


うちの西の道路が尾根筋になっており(普通山を切り開くときは尾根を道路にして、そこを削った土を左右に盛り土で造成地をつくるそうです)、


その道路が分水嶺になっています




つまり、その東側に降った雨水はそこから東の川に排水されるような地形になっており、この辺の業者では常識です





つまり、こいつらはまた裁判所に’嘘の’捏造データと嘘のデータにもとづく意見書を提出したのです



(こっちが金かけてきれいな意見書を出しているのに、こいつらのケチりまくった世間話のようなA4になぐり書きはなんだ・・^^メという感じですが)




http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/










利権寄りのアホな専門委員はそのデータが正しいものとして現地の実情とはまったく合わない話を始めました



これでは事実が争われなければならない裁判所でもデタラメ並べ放題です



これでは’司法’機関と呼ぶ価値ないですね



少なくとも先進国ではこういう裁判所が被害者の口を塞いでやくざ企業に便宜をはかるという異常な体質は通用しません





それもこれも、高卒のゴミどもがクズやくざの関与がわかる証拠まで提出しているのに、またトロトロいい加減にやっているせいです











ほんとこのゴミどもうっとうしい ^^メ




普通は地形をみれば簡単にどこを地下水が流れているかわかります


この話を出す時点で利権寄りの異常な専門委員か、相当なゴミなのです







クズどもの狙いは当方の家の崩落ですので、










早期解決をはかるために一度クズどもの被害者の方の案件で同じ地域に入っている専門委員への委任を依頼し、裁判官もそれでよしとしていました
が、






クズどもが必死に当方とその専門委員が癒着している可能性がある!といってクレームをつけた
そうで
(ゴミが・・^^メ Nさんにその専門委員の話を聞いただけで、会ったこともしゃべったこともないわ)



バカな裁判官が「裁判所の中立性と公平性」とかヌカして
、今現在関電の下請け企業の顧問をしている専門委員を当方の裁判の担当に当ててきました



毎日の取材には「早期解決をはかり」などとヌカしながら、延々と裁判を長引かせるのがクズどもの手法です







http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/











ゴミは’企業’という巨大な無形物を傘に着てきます




このブログをお読みの方でクズ企業より資本をお持ちの方はおられますでしょうか?




マヌケな裁判官は「裁判所の中立性と公平性」などとヌカしますが、



個人対企業ではその資本、人員、そして、腐った一度つぶれたクズ企業とはいえ、相手はその道を’専業’として巨大なトヨタをバックにしているクズ企業です


ほとんどの同業はクズどもと関わりたがりません




つまり、裁判に必要な’見積もり’でさえ取るのは至難のわざです




そして、でたらめな工事でうちの家を壊したクズどもはひとの家を壊しただけで、自分自身の生活は保たれていますが、うちは家そのものを壊され、避難までさせられ、それまでの生活を完全に失っています









そして、クズどもは腐った便後紙集団を’経費で’雇えますが、こっちは全部自腹です





さらにこの件にはやくざの関与があり、自腹でなおそうとしてもゴミの後ろについているやくざを怖がって手を出したがりません








神戸市の職員もやくざの関与を認めて
、いつものようにこの件をまともに扱いたがりません








また、兵庫県警はもともと港湾関係で三国人をやくざに追い払ってもらった関係で、昔からやくざに頭があがらず


県警幹部とやくざの幹部の癒着などもあって
、なかなか触りたがりません




今回も犯行着手時、着手前に警察を呼んでわざわざ「現場を押さえろ!」といっていたのですが、わざと押さえずやくざを逃がします






さらにクズどもの下請けはやくざに脅されて「地下水はなかった」という嘘の報告書を上げてきています




実際には地下4mのところに地下水脈があるにもかかわらず
です
(今回バカな土木のど素人がsその地下水を止めたのです)




これで「裁判所の中立性と平等性」とかいわれてもという感じです






これがこういうことを専門知識を悪用して繰り返しているクズどもの’意図的'手法です












http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/







クズどもはうちと同じように仕掛けた案件で「多大な迷惑をかけたことを陳謝する」と書きながら






転々と場所を変え、しつこく同じ手口を続けています




http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/






これがこの国の欠陥司法の実態です










当方はこういうことをするやくざが存在することを知っていたので、一切事実を捻じ曲げられないように








はじめからすべての記録を残していました










実際にはうちの地下4mのところに地下水が流れていることがわかっています
が、



クズどもはやくざを使って下請けを脅し「地下水はなかった」という嘘のデータを捏造して


裁判所に提出してきました
 ^^






池袋のプリウス暴走事故はたとえプリウス自体の欠陥の問題だとしても



マヌケな高卒のクズ警察がアクセルとブレーキのみ目視して「異常はなかった」としても事故車両がトヨタに渡ってしまうと、こいつらの手口からすればログは上書きされるんでしょうね ^^











ここは1日5,600人しかみていないので、池袋千葉の暴走車両の被害者はここをみていないでしょう










クズどものこれまでの手法の通り、ユーザーが気づかなければ


ユーザーの責任






で処理されるということです 




実際には車の不具合で暴走させられている
のに、



何も知らないユーザーの責任にされていたら?







かわいそうな暴走車両の被害者
そのカラクリに気づくようにここの拡散をみなさんにもご協力いただきたいです






異常なクズ企業と金のためになんでもやる腐りきったクズ便後紙の手法はひとに危害を加えさせ、被害者自身に責任を背負わせるという異常なものです





http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/








みなさんも被害に遭わないようにこの話をどんどん広めましょう






コメント   この記事についてブログを書く
« 専門委員の選択4 利権寄りの... | トップ | 買収専門委員 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

利権寄りクズ司法」カテゴリの最新記事