ミサワホームに家を壊されました

ミサワホームに家を壊されましたが、なんやかやとでたらめを並べたて逃げ回っております 皆さんが被害に遭わないよう手口を公開

トヨタ社長「捜査に全面協力、ハンプ氏信じる」繰り返し強調

2015-10-30 20:44:21 | 法痴国家ジャパン

口封じに遭いましたこの話をどんどん広めていただけると助かります!



まずは わん!クリック↑ お願いします

ご協力感謝いたします



家が崩れると、ひとはつぶされて死にますが、
そういうことを平気でやる人間がいます



弁護士の使命:弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とします(弁護士法1条1項)。
弁護士は、この使命にもとづいて誠実に職務を行います。

実態にあってないので、弁護士法の改正が必要ですね




トヨタ社長「捜査に全面協力、ハンプ氏信じる」繰り返し強調
http://jp.reuters.com/article/2015/06/19/toyota-exec-idJPKBN0OZ0OZ20150619
2015年 06月 19日 20:41 JST

 6月19日、トヨタ自動車の豊田章男社長は、同社のジュリー・ハンプ常務役員が麻薬取締役法違反で逮捕されたことについて会見を開き、「世間を騒がせ、誠に申し訳ない」と謝罪した。会見する豊田章男社長、19日撮影

[東京 19日 ロイター] - トヨタ自動車の豊田章男社長は19日、同社のジュリー・ハンプ常務役員が麻薬取締役法違反(輸入)容疑で逮捕されたことについて会見を開き、「世間を騒がせ、誠に申し訳ない」と陳謝した。「ハンプ氏は、私にとってもトヨタにとってもかけがえのない大切な仲間」と続け、「当局の捜査には全面的に協力する。ハンプ氏が法を犯す意図はなかったということが明らかになることを信じている」と述べた。

<「法を犯す意図なかったと信じる」繰り返す

警視庁は18日、麻薬の成分を含む錠剤を米国から密輸したとして、ハンプ氏を麻薬取締法違反の疑いで逮捕。ハンプ容疑者は、警視庁の調べに対して「麻薬を輸入したとは思っていない」と容疑を否認している。

持ち込んだ錠剤に含まれる「オキシコドン」と呼ばれる成分は、日本では麻薬に指定されているが、医師の処方箋があれば鎮痛剤として使われることもあるという。

ハンプ氏の体調や鎮痛剤使用の事実、役員登用時や現在に至るまで、どの程度そういった点を把握していたかなどについて、豊田社長は「捜査中のため、そのあたり(の回答)は差し控える」と述べるにとどめ、同席した早川茂専務役員も「個人の体調や医療プライバシーに関連することは控える」として言及を避けた。

また、法を犯していないことが証明された場合のハンプ氏の役割、真実が明らかになるまでの体制、勾留されている間の代役はどうするのかなどの問いに対しても、豊田社長は「捜査への全面協力が大切。今後の捜査を通じて、法を犯す意図がなかったことが明らかにされると信じている」と繰り返すにとどめ、明言しなかった。

<「サポート準備、多少不足していた」>

豊田社長がハンプ氏の逮捕を知ったのは18日午後1時。「警察から連絡があったと、人事担当役員から連絡があった」と説明し、「直属の部下である役員も従業員も、私にとって子供のような存在。子供を守るのは親の責任で、子供が迷惑をかければ謝るのも親の責任」と語った。



神妙な面持ちをしているが、
使っている’ワード’をみていると、

実はこの時点で章男が便後紙から
’脱法’の手段を聞いているのがわかる


オキシコドンの血中半減期を考えると、
ハンプがあれこれ細工して持ち込んだという錠数では
通常の慢性疼痛に対する使い方としては合わない


仮に彼女の言うとおりにほんとに膝が痛くて
慢性疼痛に対して常用していた場合

その血中半減期から1日に2錠は必要となる

彼女が「ネックレス」などと書いて持ち込んだたったの57錠では

1か月も持たない


では、麻薬を使わなければならないくらいに膝が痛い人間が
一か月分にも満たない薬をわざわざ何度も行き来して別便で送りに帰るのか


各種記事によると、事件発覚の前ハンプは頻繁に日本とアメリカの間を行き来していたという

みなさんも国際空港とか利用したことがあると思うが、

膝が麻薬を使わなければならないほど痛い人間が頻繁に行き来するには
国際空港の利用はつらいものがある


そして、’顔貌’

彼女の記者会見での振る舞いやおそらく企業幹部として立食パーティなどにでていた行動を考えると、

とても麻薬を使って痛みを抑えなければならないほどの痛みだとは思えなかった


そして、そのことは実際に記事にでた


つまり、素人は簡単にダマされるが

プロの目からみると、
その’言い訳’は通用しない


’麻薬であること’の認識

通常日本入国の際にはカスタム用の入国カードに宣誓する



ハンプはトヨタほどの大企業の幹部だ

インドネシアや中国では「麻薬だとは知らなかった」という言い訳は通用しないというのは
海外渡航を行う人間の間では常識だ


大企業トヨタの幹部ハンプが
英語が読めない、麻薬の持ち込みが禁じられているのを知らなかったなどということはありえない


第一、これがほんとうだとすると
そんな非常識な人間を’活用’していたトヨタ自体の恥にもなろう


そして、小分けの仕方

ハンプが持ち込んだ「オキシコドン」の錠剤57錠は小分けにして小包に入れられており、
小包には「ネックレスと記載され、中身は複数の袋やケースに分けて、アクセサリーなど他の荷物の下に忍ばせるように詰められていた。小包には縦約7センチ、横約10センチ、高さ約3センチの箱が入れられ、底に錠剤39錠が敷き詰められていた。箱の中には13錠が入ったアクセサリーケースと、5錠が入った紙袋もあったという。

これはかなり悪質な’偽装’




仮に章男の言うとおりに「ハンプには麻薬だという認識がなく、法を犯す意図はなかった」のであれば、
ポーンとまとめて入れておけばいい

パパに処方された薬をたくさんもらってOKなんだったら、
もっと一度にたくさんまとめて堂々と送ってもらえばいい話だ


それをどうしてわざわざオキシコドンと粒の大きさが同じような’おもちゃのネックレス’といっしょに偽装して入れていたのか


「当局の捜査には全面的に協力する。ハンプ氏が法を犯す意図はなかったということが明らかになることを信じている」と述べながら、
章男はこの時点で完全に捜査陣をバカにしている



便後紙の存在

ハンプは「便後紙来ないと詳細話さない」と供述


ここでもまた悪質な便後紙の存在がにおう


父親への処方

さらに、ハンプが持ち込んだオキシコドンはハンプの父親に処方されたもの’だという


これは日本人がやれば

真っ黒くろすけ


完全にアウトだ



しかし、東京痴犬は逃がした


ああ・・

このときわたしは尖閣で海上保安庁の警備艇に中華が突っ込んだときのこととかぶった


あれは日本の主権が失われた日だった

こともあろうに、日本の領土尖閣周辺で中華の船が海上保安庁の警備艇に体当たりをくらわしたとき

なんと日本政府は体当たりした中華を逃がし、ビデオを封印した


それに耐えられなかった一色さんというまともな警察官が
ビデオを流出させ、その責任をとり、やめることとなった

海上保安庁の船に体当たりをくらわした中華は逃がし、
それはおかしいとその証拠ビデオを公開した日本思いの警察官は職を去ることになったのだ


これには日本国民みんなで異議を唱えるべきだった


日本の主権がクズどもにより踏みにじられた出来事だ




わたしがテレビでハンプの様子をみても
ハンプには麻薬性鎮痛剤が不要な状態だった


タチの悪い知恵袋や裏での圧力に
日本の法律が捻じ曲げられた日



クズ家メーカーの便後紙たち

普段トヨタホームがこういう消費者をケチらすために使っているのだという


ちなみに、慢性疼痛に対する麻薬の使用の場合

ハンプの持ち込んだ使用量での使い方は

ない


そもそも、麻薬常用者には独特の’目つき’がある


常用していると、常に血中濃度が上がるので

麻薬常用者独特の‘目’になるのだ


ハンプのこの使い方とこの顔では

膝の激しい痛みで常用していた

というのはありえない


つまり、もっと別の使い方をしていた


ぜひとも
かけがえのない仲間
ハンプはこども(ということは親か?)という章男に
「当局の捜査には全面的に協力する」などといいながら
心の中でしれっと舌を出していたそのほんとの使い方を聞いてみたいものだ


ひとの家をわざと壊してもこういえば逃げられる

麻薬を故意に持ち込んでも
こういえば逃げられる


これはきわめて故意性の高い非常に悪質な故意ですよ。あなたたちが動かなくてどうするんですか。」と何度もいっていたのに


鼻のきかないバカな犬では捕獲はむずかしいようだ





後ろにトヨタがいるので広告料が減るのを怖がってマスコミがこの話を認識しながら触りません







みなさんもこの話をマスごみを止めてる意味がなくなるくらいに広めていただければ助かります






コメント   この記事についてブログを書く
« 杭工事偽装、ベテラン技術者... | トップ | バカ向きの法律 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

法痴国家ジャパン」カテゴリの最新記事