ミサワホームに家を壊されました

ミサワホームに家を壊されましたが、なんやかやとでたらめを並べたて逃げ回っております 皆さんが被害に遭わないよう手口を公開

6億の欠陥住宅

2015-10-09 04:22:11 | ミサワホームの悪質手口
口封じに遭いました
この話をどんどん広めていただけると助かります!


まずは わん!クリック↑ お願いします


とんでもない業者が横に来たなあ・・・と思って
「ミサワホーム 欠陥住宅」という検索ワードで検索をかけてみると

テレビにもでている有名な1級建築士の岩山健一さんのブログに行き当たりました

うわあ・・・6億の欠陥建築か・・とんでもないなあ・・・

と記事が気になり、さっそく本を取り寄せて読んでみました


記事によると、宝塚雲雀ケ丘の高級住宅地に建つ同じミサワの物件

家のいたるところにひび割れやアンカーボルトの欠落や締め忘れ、
キッチン、浴室、トイレなどの漏水
家屋の一部地盤沈下
そして、極めつけは天井の一部が落下しての雨漏り><(笑)


いやはや

知人がミサワの人間はでてくるやつでてくるやつ

土木や建築の基本的なことがわかってない・・・><

とびっくりしておりましたが、

わたしもだんだん知人とミサワの1級建築士との会話を聞いていて
そのすごさがわかってきました

ミサワがミサワがいつも使ってるという建築事務所を通してだしてくる補修案を

知人は一瞥して


「ここ、構造計算あまい。これ、深さ足りへん。」と一蹴

この対策案には意味がないとのことでした

まあ、わたしは建築関係は素人ですので、
「へえ・・・」ってな感じでしたが、

ミサワの下請けは知人のいってることを理解しているようでした


ただ、すべて
あまりよくわかっていないミサワにやらされてやっているとのことでした


わたしでもびっくりするのは
ミサワは我が家の石垣の基礎部分にH鋼を突き刺してしばらくこの状態で放置していたのです


だれに聞いても「ミサワは掘り込みすぎだ」といいます


当然、昨年の何度も降った大雨のせいで我が家の荷重がかかりH鋼は倒れます
(すでに斜めになっているH鋼 ミサワはおそらくその事実に気づいているから当初の工事計画にはなかった仮設のコンクリートよう壁でこの不規則に打ち込まれたH鋼を支えているのでしょう)

おそろしいのは、ミサワの1級建築士はうちの子がすでに小学4年生で理解していた’てこの原理’をわかっていないかのようなことでした



さらにもっとおそろしいのは
この6億の欠陥多発物件を購入させられたのは
ミサワの元ディーラー社長

ミサワの全国地域ディーラー会の会長を10年以上勤め上げ、本業である学校法人運営が忙しくなったので
自分がもっていたミサワの地域ディーラー営業権をただでミサワホーム近畿に譲渡した人物だというのです

その人物に欠陥住宅を売りつけ、ミサワホーム本社なども巻き込み、
建て替えをさせたが、
さらに工事追加費用1億6700万円をこの元社長に請求する裁判をミサワは起こしたというのです

義理も人情も恩義もへったくれもない


ちなみに、この欠陥建築の被害者は京都’建築’大学の理事長という
なんとも笑えない話


こういう業者はおそろしい

うちに対してもそうであるように
なおさせようにも

触らせれば触らせるほどひどくなり、

さらには金まで請求してくる


うちに対してもそうですが、
ちょっと異常ともいえるおかしな企業なのです


いや、あのー・・・

こっちは警察何度も呼んで
揺するな!壊すな!といっていたのに

思いきりひとのものを壊しておいて(しかも、致命的な壊し方で)


弁護士出してきて補修代払え?


そんなこというなら
おまえらもう害しかないから、工事やめとけ

横に来るな

そういいたくなるような’ハウスメーカー’です

コメント   この記事についてブログを書く
« 壁が割れた | トップ | 立証主義 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ミサワホームの悪質手口」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事