秋田美郷町ふるさと会

本会は、会員相互の親睦と郷土の発展に寄与することを目的としています

国指定重要無形民俗文化財「六郷のカマクラ」

2017年02月04日 | 日記

 

 

六郷のカマクラ」は2月11日から2月15日までの4日間にわたって行われます。この行事は、11日の蔵開き・天筆書初めから、15日の竹うち・天筆焼きまでの一連の催しを指し、昭和57年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。各地の小正月行事が失われつつある中にあって、今なお本来の姿を保ち、住民の伝承意識が高いことから、貴重なものとされています。

 この行事は、京都御所で行われていた正月の火祭“左義長(さぎちょう)”の吉書焼きの遺風をうつしたものであり、鎌倉初期に二階堂氏が六郷の地頭となり、鎌倉幕府の“吉書初め”の行事をもたらしたものといわれています。豊作祈願の火祭として700年余りも続く、貴重な小正月行事です。


 

「六郷のカマクラ」日程  

 2月11日   天筆書初め・蔵開き

 2月12日   天筆掲揚

 2月13日頃~ 鳥追い行事

 2月15日夜  竹うち・天筆焼き

 

 

詳しくは「秋田県美郷町ホームページ」をご覧ください 

 http://www.town.misato.akita.jp/kamakura/2574.html

 

 


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。