河野美砂子の「モーツァルト練習日記」+短歌+京都の日々の暮らし

2/9(土)13時半。【生演奏でバッハを】「イタリア協奏曲&フランス風序曲」NHK文化センター京都(大丸より徒歩5分)

パルティータ 3番、4番ふたたび

2018-08-22 18:13:24 | バッハ
6月18日に開催予定だった、パルティータ3番、4番。

当日午前中の地震のため、延期になっていました。
あらためて、今度の土曜日に開催します。

それにしても、パルティータって、
バッハが生前、自費出版(当時は出版すること自体とてもたいへん)を考えた、最初の曲
というだけあって、本当になんというか、凄い曲。

たとえば今回弾く、4番ニ長調の、ウーヴェルテュール(序曲)!
フランス風序曲の部分の大きな2拍子につづく、9拍子(3×3)のフーガ風ポリフォニー。

あるいは、アルマンド。。。。!
もう、アルマンドという範疇を越えていて、
バスと内声のゆったりとした絡み合いの上に、
繊細でこまやかなソプラノが、まるでレースを縁取ってゆくかのように延々と歌うのだが、
さまざまな調性の照り陰りが、そのメロディを虹色のようにいろどって。。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 角川「短歌」 | トップ | お財布わすれた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バッハ」カテゴリの最新記事