ジョハリの窓のMiruba

ジョハリの窓のmiruba 開かれた自己・隠された自己・己は気が付かない人は知る自己・誰も知らない自己あなたの恋の窓は?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三題「れいわ・夏休み・珈琲

2019-06-08 | Weblog
週刊ドリームライブラリー三題話  2019 Summer-Autumn

題「れいわ・夏休み・珈琲」 川柳もどき




★夏休み
霊輪の盆へ
珈琲を
香の代わりと
缶ビール冷え

(霊輪とは、いつか霊が永遠になったときに一体化し、みなが一つになる、という意味。
お香の代わりにコーヒーを淹れ香りを楽しむ。
そういえば、おじいちゃんはビールが好きだった、
ビールの香りも楽しませよう。霊が集まってきたのか、背中がひんやりとした)




★コーヒーと
紅茶と緑茶と令ワイン
発祥重なる
夏休みの題

(夏休みの課題、発祥はどこか?
紅茶発祥はイギリスと思ったら違い、緑茶は実はこっちが先、
ワインはキリスト教だ、イスラム教だのと終いに宗教戦争。その歴史検証はホラー並みに奇々怪々)
*令ワイン=造語=冷やしたワインのこと





★コーヒーぞ
効いて眠れぬ
夏休み
令和元年
初肝試し

(令和最初にテーマパークでの肝試し。ホラー映画を見て夜更かしをし、おまけにコーヒー飲んだら寝られるわけないか)





★珈琲色
物証残りし
DNA
夏休みの災
例、我が子なり


(例えば我が子、何故我が子が事件に巻き込まれなければならなかったのか。
時効が来て迷宮いり前に再度物証を調べてくれた刑事さんの喜びの声。
珈琲色に変色した血痕からDNA鑑定で犯人が特定できたとのこと。声をあげて泣いた)



コメント   この記事についてブログを書く
« 3題「れいわ・夏休み・珈琲」... | トップ | Mirubaのカクテル小説辞典 ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事