ミリ屋哲の酷いインターネット

上まぁ特段語るような内容はないようだがコメント不可のブログ等に突っ込み入れたいが為のものである訳だろうか(苦笑

APCとIFVの根本的な違い

2007-04-22 04:42:24 | 軍事関係
言うまでもないが改めて説明すると、APCは「装甲兵員輸送車」であり、IFVは「装甲歩兵戦闘車」である。素人には判別しがたいが全くの別物だ。両者の違いを表現する際、火力の差にのみ言及する例が非常に多い。これでは戦い方の違いを認識できないおそれがあるので、ここで一度説明してみようと思う。

近接戦闘部隊の戦い方を区分するにも色々あるが、ここでは地形に関連する事項で分けてみたい。「地形を基準とする戦い方」と「隊形を基準とする戦い方」である。図を見てほしい。茶色の楕円が利用しうる地形(小高い丘等)、青いひし形が我の戦車、赤いひし形が敵戦車である。これは果たしてどこがどう違うのだろうか。
「地形を利用した戦い方も、大きくは変形した横隊じゃないか」と思うかもしれない。が、実は本質的に全く別物である。細かく説明しよう。
地形を基準とした戦い方の利点は、当然「地形を隠掩蔽に活用しうる」ことである。欠点は「展開に時間がかかる」ことである。隊形を基準とした戦い方はその逆で、「展開が容易(というか隊形を保持したまま戦う)ので迅速な戦闘が可能」であり、欠点は「地形による隠掩蔽が得がたい」ことである。
更にもう少し詳しく説明しよう。隊形を基準とした場合、警戒方向の付与が極めて簡単なのである。一度各車に警戒方向を付与すれば、どのような地形であろうとも各車は同じ方向を警戒し続ける。一方、地形を基準とした場合はそれぞれの場所から見える範囲に違いがあるため、それぞれの場面で警戒方向を付与しなければならない。また、隊形を基準とした場合は「基準となる車両との位置関係」を考えるだけでよいが、地形を基準とした場合は「隠掩蔽できて、なおかつ死角が生じない位置を選定」する必要がある。こうして書き連ねると、あたかも隊形を基準としたほうが遥かに優れているかのように感じられるがそうではない。地形の利用とは、隊形を基準とする場合の利点を失ってもお釣りがくるぐらい有効なものなのだ。

では、これがAPCとIFVの違いにどのように関わってくるのか。これらは「歩兵の輸送手段」であり、究極的には歩兵を下車戦闘させなければ話にならない。そして、下車した歩兵は地形を基準とした戦闘をせざるを得ないのが現状である。歩兵は隊形を基準とした戦闘をするには脆すぎる存在なのだ。
戦車と歩兵は一体になって戦闘しなければ弱点を補い合えない。したがって、戦車が歩兵の下車戦闘速度に合わせるか、緊要な時期と場所まで歩兵なしで戦うか、である。・・・・・・IFVが登場するまでは。IFVはある程度の乗車戦闘が可能であり、軽易な敵ならば歩兵を下車させることなく戦闘が可能なのだ。つまり、歩兵はIFVがあって始めて隊形を基準とした戦闘=迅速な展開を可能とする戦闘ができるのだ。APCも乗車戦闘は不可能ではないが、その能力は極めて限定的であって、下車歩兵の支援ならいざ知らず、下車していないときには自衛戦闘程度の行動が精一杯である。ゆえに、陸自の戦車部隊運用教範でもAPCは「戦車部隊にこん随」、IFVは「戦車と一体となり戦闘」と書かれている。軽易な敵は「戦車のような運用により敵を撃破」し、緊要な時期に下車戦闘に移行して歩兵の特性を最大限に発揮するのだ。具体的には、離脱する敵を追撃するときなどがそうだ。離脱する敵は、通常ごく少数の敵で遅滞し、主力は後退することになる。このような少数の敵は、戦車ならば隊形を基準とした戦闘により迅速に突破して敵主力に追従できるが、APCではそうはいかない。火力が貧弱すぎて少数の敵であっても突破は容易ではないのだ。しかし、IFVならば戦車に近い運用が可能である。少数の敵ならば、自らの火力で「下車戦闘することなく」突破し、主力に迅速に追従できる。このような特性を持つからこそ、戦車部隊と行動を共にする歩兵はIFV化されたものが最適なのだ。


最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (四等兵)
2007-04-22 10:48:38
勉強になりました!
いつも更新楽しみに待っています。
これからも頑張ってください!
Unknown (Unknown)
2007-04-24 15:33:49
相変わらずイラストが小さすぎて分かりづらいっす
Unknown (Unknown)
2007-04-29 00:27:04
だから装輪車両は装甲トラック並みの機能しかないというのにアリアドネン連中ときたら(ry
Unknown (シス)
2007-05-18 15:43:18
IFVがなぜあんな重火力であり高価「なのに必要なのか、というのを運用面という切り口で初めて理解でき元ミリ氏に感謝です。

しかしここは全く更新の遅い酷いインターネッツだ失礼する!!!!!1!!!111
Unknown (Unknown)
2007-05-18 22:55:07
IFVの優位性については以前のエントリの「チラシの裏2:装輪APCと装軌APCとFV」でもちょっと説明されてたけどね

つかIFVのことをFVって呼ぶのは「歩兵」の居ないことになってる陸自だけだよな?
Unknown (Unknown)
2008-07-20 00:55:13
陸自でも普通科はinfantryと呼んでいますが。
例「WAiR(Western Army Infantry Regiment)」

コメントを投稿