生かして生かされて生きる

日々感じる事 気になる言葉
宗教問わず信仰について考える
ほとんど私用メモ帳化してます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハロウィン

2007年10月11日 | その他
 ハロウィン。

最初に観たのは映画E.Tだったと思う。
子供に返ってやりたいイベントだ。

動画は【マリリン・マンソンのナイトメア】だったか?


コメント (11)   この記事についてブログを書く
« なんの女王? | トップ | お知らせ »
最新の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ナマズ)
2007-10-14 07:33:47
アメリカの大人たちは、夜のベットでハロウィンを楽しむそうですぞ(コスプレ)
アングラな感じがすてき (さあや)
2007-10-14 11:44:23
マリリン・マンソンだ!

動画、観てきましたよ~。
ティム・バートンも好き。

異形のモノたちが続々集う
ハロウィン・パーティー★

外国で参加したことありますが
みなさん気合の入れ方がすごい。

ミイラ男、天使、蝶々娘、孫悟空・
双子の美少女(なぜか口から血糊!)

いつもあそびにいく隣人の部屋が
またたくまに非日常の異空間に・・・。

ゴシック好きな人間にとっては
至福のひとときでありました。

また、やってみたいなぁ。



コメントありがとうございます (みれい)
2007-10-14 23:38:41
>ナマズさん

マジですか。
どんなコスプレか・・・

>さあやさん

いいですね。本場のハロウィンパーティー。
類似でメキシコのガイコツパレード(正式名称知りません)なんぞも気になります。
チュリックぉぁチュリーッ ()
2007-10-27 19:59:31
最初に聴いたのはスージー&ザ・バンシーズ♪
今、思えばゴシックのハシリってスージー・スーだったのかな。

ハロウィンと言えば、フリーズとプリーズを思い出します。
ちょうどアメリカでの留学から帰国して間もない時の事件だったので、たいへん悲しくも他人事ではなかったことに、ご冥福を祈ることしかできませんでした。
同感です。 (ペガサス)
2007-10-27 21:52:45
銃社会はアメリカの風土、文化としては理解できますが、半面悲しいこともありますね。
突然失礼をいたしました。 (ペガサス)
2007-10-27 23:07:04
私HN、ペガサスといいます。

なんかペガサスというHNは実態とえらくかけ離れてる感じがして、尾骶骨がうずくんですけど、いまさら変えるのも変だということで、開き直っております。

普段は書き込みめったにしないんですが、酒を飲み、
小心な心が解き放たれると、衝動的に書き込ませていただくかもしれません・・・汗

という、たわけた私ですがどうぞ宜しくお願いいたします。





コメントありがとうございます (みれい)
2007-10-28 08:13:15
>歩さん

そういえばその事件もハロウィンの出来事だったわけですね。
犠牲にあわれた方とそのご遺族、
そして銃を向けた方にとっても衝撃的な出来事だっただろうと思います。

>ペガサスさん

アメリカ文化というのは、どこからアメリカ文化というのかな、と、歴史に疎い私は素朴な疑問です。
911の謎も気になったりしてます。

どうぞお酒も書き込みも気を楽に、肝臓にも少しばかりの慈悲を
歩さん、発音よすぎ。 (さあや)
2007-10-29 00:13:15
みれいさん、こんばんは☆

銃社会で思い出したこと・・・。

マイケルムーア監督の実録映画、
『ボーリングフォーコロンバイン』も
銃社会に向けてのメッセージ映画でした。

マリリンマンソンもインタビュー答えてましたね。
あの映画の反響で、店頭に銃を置く店が減ったとか。
国籍問わず多くの人に観て欲しいと思った作品でした。

またまた、長々と失礼いたしました。m(_ _)m
コメントありがとうございます (みれい)
2007-10-29 07:56:15
さあやさん

あのマリリンマンソンの影響も言われた事件の映画なんですね。
マンソンも異端エンターテイナーですもんね。

監督名が興味をそそります。
まだ観ていないのでレンタルできればと思います。

長文は歓迎です^^
★ハッピーハロウィン★ (さあや)
2007-10-31 22:41:27
こんばんは。ハロウィン今日でしたね☆

国際理解講演会の前に一時間もらえたので
職場でちょっとしたパーティーをしました。

講演内容にちなんでグローバルビンゴ大会!
ビンゴ完成者への景品はもちろんお菓子で。

次々と集まったビンゴをチェックしてたら
ふと私の目にとまった一枚がありました。

「外国のミュージシャンを知っている?」
の質問に「マリリンマンソン」との答え。

こんな身近に愛好者がいたとは・・・(^_^)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事