保健福祉の現場から

感じるままに

歯科口腔保健

2019年01月09日 | Weblog
歯科口腔保健の推進に係るう蝕対策ワーキンググループ(https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-isei_127375_00001.html)の「う蝕の健康格差縮小に向けた自治体の役割」(https://www.mhlw.go.jp/content/10801000/000358785.pdf)は興味深い。そういえば、「国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基本的な方針の一部を改正する件(案)」(http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495180301&Mode=0)(http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000181595)の「歯・口腔の健康」に係る目標設定が引き上げられることは認識したい。なお、歯科口腔保健の推進に関する法律(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/shikakoukuuhoken/index.html)による 都道府県等の基本的事項(http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/shikakoukuuhoken/dl/06.pdf)は健康増進計画と調和されているが、平成30年度からの第7次医療計画(6年間)、第7期介護保険事業計画(3年計画)、第3期医療費適正化計画(6年間)、第2期データヘルス計画(6年間)、第5期障害福祉計画及び第1期障害児福祉計画(3年間)、第3期がん対策推進計画(6年間)と計画期間や評価指標の整合が図られてもよいように感じる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 肝炎対策 | トップ | 児童虐待防止対策体制総合強... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事