MIRACLE NATURE@奄美大島の自然

奄美大島発ブログ、奄美大島の自然を観察しながら動物、植物、風景等を写真で広く&楽しく紹介しています、写真の無断使用禁止

年末年始休暇にはいります 「シャッターガラガラ」

2008-12-30 11:05:58 | 季節の話題や、その他イロイロ
年内余日なく、ご多忙のことと存じます

本年もひとかたならず当ブログを毎日訪れた皆様に感謝いたします

謹んで日頃の御厚遇に感謝いたす次第です

僕の仕事は休みなどありませんが、ブログは休ませていただきますので

よろしくお願い申し上げます

 皆様、楽しく新春を迎えられますよう祈りあげます



  (年末はパソコン開きませんのでコメントは許可しないにしています)
コメント

今日の鳥見/カモ類

2008-12-29 12:06:53 | 渡り鳥/旅鳥/冬鳥/迷鳥/珍鳥



12/13のアカツクシガモに続いてツクシガモが入ると情報が入ったのでいつもの大瀬海岸へ走る。情報通りにツクシガモが一羽いた、アカツクシガモと両方同時に見えたので大満足、アカツクシガモはこの間よりずっといるので越冬の気配がある。
その他のカモはヒドリガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、コガモ等でした。
コメント

日本一早く咲くツツジ/もう咲き出したサクラツツジ

2008-12-28 11:04:23 | 奄美大島の日本一



もう咲き出したサクラツツジ、これから冬の眠りに就くのもあれば、もうお目覚めですかと問いかけたくなるようなサクラツツジ、早いものは12月から咲き出し3月頃まで樹によって違うけれど、この樹は見頃を迎えていた。周りには黄葉した葉も残っている。そそっかしいのか分からない、それとも一番が好きなのか、奄美の日本一に登録決定 ツツジの仲間では日本一早く花咲くサクラツツジ

その他のサクラツツジ画像  
コメント

森の冬の風物詩/イイギリの実

2008-12-28 10:16:09 | 野山の植物/草本・木本・山野草
奄美の山はイイギリが多い。葉を落した枝にナンテンの様な実がたくさんぶら下がっているので奇異な感じもするが、この時期はイイギリの赤い実がよく目立つ、山でこの実を見ると冬なんだと感じるのである。図鑑などでは小鳥が好むとは書いてあるが、小鳥が好むならたちまち無くなるはずであるがそうではない、年を越して春先まで残っているのである。山にはもっと美味しいのもがあって、それから先に食べていき、最後の残ったイイギリの実を仕方なく食べるのだろうと思う。庭木に欲しいけれど何せ樹が大きくなりすぎる、庭の広い大邸宅でないと植えられない。別名:ナンテンギリともいう。
コメント

シマサルスベリの紅葉

2008-12-27 09:47:57 | 野山の植物/草本・木本・山野草



花も良いが紅葉も良いシマサルスベリ

シー静かに!深緑の森で静かに紅葉し、やがて冬の眠りにつく


シマサルスベリの幹

春夏の成長期には樹皮が剥がれおちる

 昔人間が年に一度若返ったころの話

カワセミが神の御使いとして年に一度、若返りの薬を神から受取、人間に運ぶ役目をしていました。しかし、ある日誤ってその薬を落とし飛び散らせてしまった。そして、その薬のかかったシマサルスベリの木は樹皮が剥がれて成長するようになり、木の根元にいたハブも川にいたカニも脱皮して若返る様になった。薬を落したカワセミは罰として冬の寒い時期にも川に飛び込んで餌をとらなければならなくなったとさ・・・オシマイ

                     奄美の昔話

     カワセミは方言で神鳥(カンドュリ)という
コメント