MIRACLE NATURE@奄美大島の自然

奄美大島発ブログ、奄美大島の自然を観察しながら動物、植物、風景等を写真で広く&楽しく紹介しています、写真の無断使用禁止

オットンガエル

2007-03-31 11:41:55 | 両生類/爬虫類


雨後の夜間、林道によく出ていて、本土のガマガエルのようなカエル、森の中で低いドスのきいた大きな声で「オゥ! オゥオゥオゥオゥ↑」尻上り気味に鳴かれると、とてもビックリします。咳払いのようにも聞こえます。「オットン」と鳴くと書いているところもありますが「オットン」とは鳴きません。昔の人は喘息の薬とかいって食用にしたらしいですが、僕は食べた経験がありません。雄の第一指が棘のように鋭くこれに抱き付かれると怪我をします。高校のとき、その威力を試すため手の甲で遊んでいたら抱きつかれ、外すために物凄い苦労しました。一人では外せません。やたらと触ると大怪我をします。
コメント

夜会える鳥/アマミヤマシギ

2007-03-30 08:31:42 | 奄美大島で繁殖している鳥/留鳥/夏鳥




アマミヤマシギ 夜間林道を行くとジッとたたずんでいる鳥、地味であまり動かないので樹の切り株とか石と間違ってしまう。石かと思って近づくとトコトコ歩いて藪に隠れるので「なんだ生きている鳥か」と初めて認識する。またいきなり上にヘリコプターのように飛び立ったりもする。とにかく理解に苦しむ鳥、冬は本土のヤマシギも渡ってくるので識別も困難です。いまだ生態のはっきりしない鳥です。
コメント

アマミノクロウサギの糞

2007-03-29 15:22:09 | 哺乳類
アマミノクロウサギの生息する地域を横切る林道にはアマミノクロウサギがよく糞をしています。アマミノクロウサギは糞をする時、周りを見渡せる広いところでする習性があり、糞をする時は無防備状態になるので、藪に入ってやったらいきなりハブにガブッとならないように天敵対策だそうです。人間は藪に入りたがるがこれは羞恥心からくる業、動物の糞はいろいろと情報を教えてくれるそうで、生息密度、寄生虫がいるか、成獣、幼獣、イロイロ、僕の仲間は糞に集まる糞虫収集・・・糞も研究者にとって宝の山、たまに野犬、野猫等、人間と似ている糞をしていくのもいるが、人と獣の糞の違いは、糞の上に紙か葉っぱが乗っていれば人間、乗っていなかったら獣だそうです。物知りのオッサンが申していました。野山で糞を見つけたら、よく観察してください。
コメント

今日の山野草/アカボシタツナミソウ

2007-03-29 14:17:10 | 野山の植物/草本・木本・山野草

アカボシタツナミソウ 奄美大島~沖縄諸島固有種 林道沿いに生えています。


花色に変化があります。山野草として売られている場合があります。育てやすい。
コメント

巣材を取りにくるヤマガラ

2007-03-28 13:27:01 | 奄美大島で繁殖している鳥/留鳥/夏鳥

森の小鳥に巣材(棕櫚の繊維)をプレゼントしたら、早速やって来ました。アマミヤマガラ


右足で押えながら嘴で小分けにしてまとめる。


未だ少ない・・・


ウン これぐらいか?


お持ち帰りサイズの出来上がり!
コメント (2)