好き好き大好き!

myホームページ「nyahooの宇宙」http://www.eonet.ne.jp/~nyahoo/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

BEACH TAKKKKKYU (ビーチ卓球)  【スキマ産業計画書】

2007-10-17 02:27:14 | スキマ産業編



BEACH TAKKKKKYU(ビーチ卓球)



コンセプト   卓球というインドアで地味なスポーツを浅尾美和で脚光を浴びているビーチバレーのように開放的なシチュエーションに持ってくることによってよりアクティブに親しんでもらおうという狙い。卓球台という絶対的なインドアの要素に対して対照的な砂浜、太陽、風といった自然とのミスマッチも逆に面白い。





ユニフォーム
  ビーチバレーで着ているようなスポーティーな水着に裸足。男子ならサファーパンツに上半身裸。また、女子はビキニにハイレグも推奨。





ラケット
  ラバーのゴムは従来は赤や黒しか見かけないが、パステル系の淡い色をベースにトロピカルで涼やかなデザインの柄やイラストを使ったものを推奨する。




ピン球
  マリンブルー。パステルカラー系の色を何色かチョイスしておいて卓球台の色によって見にくい色は使わないようにしてもよい。マーブルや何色も使った柄のピン球もおもしろい。





卓球台
  そのまま、従来の卓球台でいくのか、サーフボード板の素材、加工を使った台を使ってもおもしろいと思う。加工台案の場合はプロレスのリング床のように台の上にスポンサー広告など入れてもいいと思う。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




基本のイメージはビーチバレーやビーチサッカーをそのまま持ってくるイメージ。
一番迷ったというか考え悩んだのが卓球台の固定について。
普通に砂浜に従来の卓球台を置いただけでは必ず台が水平ではなく傾斜がついてしまうわけで、測定して水平に置く技術は当然あるけど、試合で激しく動き、水平を常に保っていくのはちょっと手間がかかるのではないかということ。
それに完全に固定してしまうと、選手が台のカドに体をぶつけたときに危険であるということ。
でも、キッチリ公平さやアクシデント的な要因を取り除いていくことを考え出すと風もあるわけで、傾斜はあまり気にせず、台は従来の卓球台のカドの四方を丸く処理したものをそのまま目測で設置してコートチェンジでいいかなと考え直した。

強風対策としては球に重さをつけるという方法。
ゴルフボールのように何段階かの重さのボールを用意しておいて、状況によって審判がチョイスする。
あまりの強風の場合はスキーのジャンプの風待ちの逆の要領で風を止むのを待つために審判の判断で中断する。







コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« スキマ産業、発動 | トップ | ダメージカー (スキマ産業... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スキマ産業編」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

浅尾美和、テレビで放送できない超過激映像3連発!! (浅尾美和、テレビで放送できない超過激映像3連発!!)
浅尾美和選手のテレビでは絶対放送できない超貴重お宝過激映像を発見しました! 探せばいろんな動画があるもんですね。 コレでヌいた人何人いるんだろw