大分県の温泉・鷺来ヶ迫温泉

鷺来ヶ迫温泉
4年前に訪れた大分県南部、石仏で有名な城下町・臼杵市にある
湯治場宿泊時の写真が出て来たのでレポしておきます。

「鷺来ヶ迫」あるいは「六ケ迫」と二通りの漢字標記ですが、
共に呼び名は(ろくがさこ)です。

こちらも、白鷺が傷を癒してる水溜りを
里人が発見という由来が伝えられてます。

[鉱泉場]

JR臼杵駅から北西に約10㌔、集落の入口にある鉱泉場。
この橋を渡り左手に水汲み場があります。

[湧出壺]

ここから鉱泉が湧き出てます。
杓と漏斗でタンクやペットボトルに詰めます。

さらに500m奥にある俵屋さんを目指します。
[俵屋旅館外観]

明治28年開業の鉱泉旅館。胃腸病・糖尿病に絶大な効果を誇る
飲料鉱泉を持つ湯治場として遠方からの湯治客も多いとか。

[玄関]

左手が玄関、正面のれんが浴舎入口。

[鉱泉場祠]

旅館駐車場脇にある鉱泉場。

湯治客は真っ暗いうちから杓で汲み
この前で黙々と飲み続けます。

[鉱泉口]

鉱泉は、中央丸い壺と左の四角い枡から湧出。
淵に垂れてる茶色析出物が濃度を物語ってます。
湧出量は極めて少なくチョロチョロ程度で、
10㍑ポリタンを満たすには20分くらい掛かります。

[飲用案内]

飲用1日に計9合(約1.6㍑)とありますが、
宿泊者はAM4時に起床しAM7時の入浴までに3~4㍑は飲みます。
飲み始めて10分足らずでトイレに急行、その後も水様便になるまで飲泉。
大腸の内視鏡検査時と同じで腸内を空っぽにします。
ここでは飲用コップとトイレットペーパーは必携と先達さんに教わりました。

[旅館内鉱泉口]

浴舎内の霊鉱泉場。飲用の他に加温して浴用に使用してます。

[成分・効能表]

成分はここが一番濃いんだそうです。

[浴室内]

無償透明の鉱泉が加温すると赤出汁の様な色に変わります。
有馬温泉の金泉を連想しました。

[浴室内]

判り難いけど右奥の木のドアがサウナ、その傍の浴槽が鉱泉源泉風呂。

[食堂]

食事時間になると館内放送があり、
朝昼晩と3食共ここで皆さんと頂きます。

[朝食]

典型的な湯治場宿の朝食。一汁一菜ローカロリーなヘルシーメニュー。
ポットの中にはカフェインレスの温かいほうじ茶が、
鉱泉飲用後は緑茶・コーヒー等のカフェインは厳禁でした。

何にも無い超辺鄙な寂れた湯治場ですが、
案外自分探しの一人旅に向いてるかも...


鷺来ヶ迫温泉・俵屋
大分県臼杵市大字藤河内六ケ迫1827-1
  (0972)62-3526
  入浴時間 AM11~PM7(外来入浴)
  入浴料金 500円
  http://rokugasako.com/
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

徳島県の温泉・賢見温泉

賢見温泉 
松尾川温泉から隣町へ約15分、山城町の
「秘境・旅の宿 賢見(けみ)温泉」を覗いてみました。

こちらのパンフレットには「自慢は露天風呂。大自然に抱かれて
ゆっくりとのんびりとご入浴下さい」だって。

[外観]

看板には「泉質日本一」の文字が...
こういうのを期待して裏切られる事って茶飯事ですよね。

[温泉入口]

旅館とは別の食堂・温泉入口から入るとまず、
「何しに来た」的視線を数人の従業員にぶつけられました。

小生、低姿勢で食堂のオバちゃんに入浴を請い、
内湯か露天かを訊かれた後、入浴料金500円を支払い
露天までの道順指示を受けます。

[外階段で]

バルコニーを抜け宴会場の傍やBBQコーナーの中を通り、
迷路の様な外階段を延々降りていきます。

[脱衣所]

「男湯」と書かれたアルミドアは開け放たれており、中はこんな感じ。

[成分表]

泉質はナトリウム塩化物、炭酸水素塩冷鉱泉

[主浴槽]

浴室ドアを開けるとこの光景。
浴槽を中央で区切り、左が40℃位で右は34~35℃で温水プール並み。


何故か浴槽のど真ん中に柱が...

[洗い場]

洗い場は2箇所、したがって定員2名。シャワーなど無し。

[渓流]

ウリはこの景観なんだろうけど、いかんせん
ベランダに後から急ごしらえで作りました感が否めません。

湯も全然大した事無く正直がっかり、
5分もせず出ました。
泉質日本一が聞いて呆れます。

4~10月は吉野川を下るラフティング教室も開いてるそうですが、
温泉に関しては見事なまでのB級でした。

賢見温泉
  徳島県三好市山城町黒川3-3
  (0883)86-2982
  入浴時間 AM9~PM8 
  入浴料金 500円
  http://www.kenmi.com/
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

徳島県の温泉・松尾川温泉

 松尾川温泉 
今年6月1日にオープンした「松尾川温泉」に行ってきました。

高松・高知を結ぶ幹線国道32号は、緑の山々を縫い
清流・吉野川と並走しながらの快適なツーリングコース。

気分爽快・鼻歌混りでついついスピードも出ちゃうけど、
調子漕いてると恐ろしい事になりますよ。
安全運転、速度は控えめに御願いします、くれぐれも...

    
でないと、[速度違反取締り]なんぞに...
    
    途中、某県警の速度違反取締(ネズミ捕り)に遭遇。
    写真奥から左カーブを起ち上がった所にパト2台。
    小生、直前に対向車のチカチカ合図で事無きを得ましたが、
    夏休みの家族連れなどが御用、国庫金納付の憂き目に...
    
    何でも警察側も最近は、常時レーダー波照射してなくて
    単発の獲物を目視時点でON、狙い撃ちだって聞きましたが。
    
    で、200m程やり過ごしてからバイク停めカメラ持って歩いて戻り
    山影からズーム撮影、ぅぅぅ気ィ小さ~いィィ 姑息ぅ。  

[外観]

県道32号へ折れて8㌔で到着。
有名な祖谷渓谷・小便小僧もすぐ近く。

木造平屋で頭に湯抜きのある昔風浴舎。
なかなかイイ感じ、期待できそう。

      [受付]
      
      駅の切符売り場みたいな窓口。
      ここでオバちゃんにバイク置き場を尋ね、
      500円支払うとコンビニ風にレシートくれました。

[のれん]

真新しい建物で木の香りがします。

   [成分表]
   
   単純硫黄泉で泉温25℃だから加温してます。

[洗面所]

ペンションっぽい洗面台。

      [脱衣ロッカー]
      
      100円リターン式脱衣ロッカーが10箱。右の扉が浴室入口。

[浴槽]

地元の方らしい先客3人もすぐ上がり貸切風呂状態。

湯に浸かって腕を擦ると超が付くヌルトロ度に感激、
ゥ~ン pH10.2は嘘ではなかったんだ。
手で掬うと硫黄臭のする透明な湯は
新鮮な源泉が活きたまま掛け流されてる証。

この湯船から紅葉時期の渓谷美を堪能出来たらさぞや...

    [湯口]
    
    循環加温ではなく吐水のみでの加温の為熱めの湯が投入。
    飲用不可にも拘わらず口に含んでしまいました。

[洗い場]

洗い場は計4つ。パンフレットにも「定員男女各10人」とある様に
湯の湧出量に見合った、本当にこじんまりした温泉です。

      [シャンプー類]
      
      お茶の産地なんでしょうか、こんな所にも使われてます。
      
    最後の3㌔は一車線狭路ですがそれも苦にならない
    すばらしい温泉です。郡司勇氏の言葉を借りれば
    「全く持って好ましい、好印象と記憶する」ってとこかな...

    
松尾川温泉
  徳島県三好市池田町松尾黒川2-2
  (0883)75-2322
  入浴時間 AM10~PM8
  入浴料金 500円
  http://www.city-miyoshi.jp/ezs/info.asp?s=10&c=40&g=020&id=1514
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )