赤の女王

「「科学技術インタープリター養成プログラム(STITP)」勝手に提携サイト」提携サイト」byフルタニ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

GSKがプレパンデミックワクチン一番乗り

2008-08-20 12:08:01 | イチオシニュウス
欧州委員会は,グラクソスミスクライン(GSK)が作ったプレパンデミックインフルエンザワクチン「プレパンドリクス」を承認しました.これでGSKは市場へ一番乗りというわけです.
ノバルティスは,同様に開発を続けてきたプレパンデミックインフルエンザワクチン「アフルノブ」の承認申請を最近取り消しました.どうも,リクエストされていたデータを期限までに提出できなかったようです.
データが出ない...つらいですねぇ・・・・・・

なんか,名前からして,負ける運命にあったような気がするのは私だけでしょうか.

プレパンドリクスは現在のH5N1株に有効で,パンデミックの前,あるいは初期に使われることが想定されています.

アメリカ政府,スイスおよびフィンランドはすでにプレパンドリクスを発注したそうです.

しかし,H7N2などというあまり聞かない新しい型のトリインフルエンザウイルスが発見され,これも現在哺乳動物に広がっているようで,パンデミックに一役買う可能性があるみたい.
H5N1かH2かH7かH9か・・・・・・どれがくるかわからないパンデミック.H5ワクチン「プレパンドリクス」は備えておくべき??

コメント   この記事についてブログを書く
« 不妊治療は不妊を治せない?? | トップ | 石鹸メモ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

イチオシニュウス」カテゴリの最新記事