赤の女王

「「科学技術インタープリター養成プログラム(STITP)」勝手に提携サイト」提携サイト」byフルタニ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ピルは判断を狂わせる

2008-08-14 09:59:19 | イチオシニュウス
ほんとか!?と思いますが,リバプール大学の研究者たちがまじめに研究した結果だそうです.ピル,つまり経口避妊薬を服用している女性は,適した男性を選ぶ能力が鈍っているんだそうで.
以前,女性は自分たちと遺伝的に異なる男性を,無意識的ににおいで選んでいるという報告がされ,話題をよびました.遺伝的に異なるパートナーを選べば,遺伝的多様性が保たれた強い子が生まれるというわけで,理にかなった行動・本能ということです.
一見,意味不明ですが,MHC (Myosin Heavy Chainではなく,Major Histocompatibility Complex)という,体内の免疫反応にかかわるタンパクが一役買っているんだそうです.MHC遺伝子の配列が異なると,体の表面に住んでいる細菌とそのタンパクが反応したときに異なるにおいとなってあらわれ,自分とMHC配列がより異なる人のにおいを魅力的と思うということなんだって.確かににおいは重要な役割を果たすとは思いますが・・・・・・
そこまで・・・・・・?

さて,今回Roberts博士らがやったことは,100人の女性に,97人のボランティア男性中6人のにおいサンプルについてどれが好きかを,ピルの服用前,服用後に聞いてみたんだそうです.
すると,ピルを服用し始めると女性の好みがどんどん遺伝的に近い男性のにおいにシフトしていったのだとか.

「MHC遺伝子が似てると不妊につながる可能性もあるけど,もっと深刻なのは,女性がピルを飲むのをやめると,関係の破滅につながりかねないところだよ.においはパートナーが魅力的だと思い続けるためにとっても重要なポイントなんだから.」Roberts博士はいいます.いったいどっちが深刻でしょう.

確かに,ピルを飲んでいる状態で「あ,この人かっこいい」といって付き合いだすと,ピルを飲むのをやめたとき,「あれ,この人のどこがいいと思っていたんだっけ」となりかねません.
もしにおいがそれほどまでに重要なのであれば.

この記事に激しく同意する人も世の中にはいるようです.この記事を紹介している英語サイトには,「僕も彼女がピルを飲まなくなって一週間後に振られた.こういうことだったのか!?」「僕は結婚して一年半後に妻がピルを止めたらその後どんどん関係が悪化し,2年後に離婚した.ピルをやめたせいなの!??」
などという書き込みがされていて,へぇ~~それは大変だーと思ってしまいます.
ということは逆に,ピルを飲み始めた女性に突然好意をもたれるということもあるんでしょうか.
日本ではあまりピルが普及していないような気がするので問題なしと思いますが,ピル大国アメリカなんかではカップルは戦々恐々かも.

しかし私が個人的に最も大ごとだと思うのは,
確か経口避妊薬は,エストロゲンとプロゲステロンというホルモンの投与によって妊娠状態と錯覚させるというやり方で避妊をしていますよね.他の機序もありますが.
なので,ひょっとして,妊娠している間は,ピルに惑わされているときと同様,本来の相手とは違う男性を好きになってしまうかもしれないということでしょうか?
これは本当に深刻なことだと思います.が,そんな話はあまり聞かないので,やっぱり本当の妊娠状態とピルを服用している状態は違うんでしょうかね.


とりあえず,ピルを飲んでいる彼女と結婚する予定がある人は,彼女にピルを少しやめてもらって,経過観察したほうがいいのかも・・・・・・?

この研究は,Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences誌に8月13日に掲載されました.

コメント   この記事についてブログを書く
« 辛いのは虫のおかげ | トップ | 睡眠時間を削って読書する »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

イチオシニュウス」カテゴリの最新記事