★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★

TB専用ブログです。本宅にてアニメ・ドラマレビュー中心に、声優話・舞台鑑賞レポ等をUPしております。管理人@なぎさ美緒

大河ドラマ「八重の桜」 第2話 あらすじ感想「やむにやまれぬ心」

2013-01-13 21:06:25 | 大河ドラマ
おなごゆえ-----------。




1話目はどうなるかと思いましたが、視聴率も21.4%も取れて、やはり皆さん期待度は高かったのだなぁと思える数字で安心しました。

このままの勢いを保ってもらえたらと思います。





鉄砲に興味を持つ八重。

だが、父・権八はそれを許さない。

書き写した鉄砲の撃ち方などが書かれた紙を握りつぶし、おなごが鉄砲などと認めてくれないのだ。



それでも諦めない八重。

覚えている限りを書き起こそうとする八重がけなげすぎる。
小八重が本当いい芝居してくれるねぇ。







続きを読む






第1話
『ドラマ』 ジャンルのランキング
トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八犬伝-東方八犬異聞- 第... | トップ | ドラマ「とんび」 第1話 あ... »

大河ドラマ」カテゴリの最新記事

17 トラックバック

大河ドラマ「八重の桜」 第2話 あらすじ... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
おなごゆえ-----------。1話目はどうなるかと思いましたが、視聴率も21.4%も取れて、やはり皆さん期待度は高かったのだなぁと思える数字で安心しました。このままの勢いを保ってもらえた...
大河ドラマ「八重の桜」信念の人2やり抜くと決めたら誰が何と言おうとやり抜く!八重は男顔負けの力で鉄砲を握る決意をした (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「八重の桜」第2話は八重は砲術を学びたいと権八に申し出るも認めてもらえない。その頃覚馬は下田と函館に開港した黒船の事で頭が一杯だった。しかしその後黒船には寅 ...
【八重の桜】第2回 「やむにやまれぬ心」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
八重(鈴木梨央)は、両親から砲術への思いを断つよう厳しく諭されていた。 江戸では、兄・覚馬(西島秀俊)が、黒船に対する好奇心を募らせていた。 しかし、師事する象山(奥田瑛二)が、松陰(小栗旬)...
〔NHK大河ドラマ〕八重の桜 第2回「やむにやまれぬ心」 吉川晃司が西郷隆永って、、、 (しっとう?岩田亜矢那)
会津の「什の掟」の最後に 『ならぬことはならぬものです』 があり前回のタイトルにもなっていたけど 福島県ではロボコンの名言(後に上杉鷹山がパクった) 『為せば成る為さねば成らぬ何事も』 なんてのはどう教えられてるんだろう?同じ東北だけど。 小栗旬が演じる吉....
八重の桜 第2回 やむにやまれぬ心 (レベル999のgoo部屋)
『やむにやまれぬ心』 内容 兄・覚馬(西島秀俊)の鉄砲に興味を覚えた八重(鈴木梨央)であったが、 当然、父・権八(松重豊)に怒られてしまう。 それでも八重は諦めきれず、自ら様々なモノを学ぼうとする。 そのころ覚馬は、佐久間象山(奥田瑛二)の塾で様々な西洋...
『八重の桜』 第2話 「やむにやまれぬ心」 (英の放電日記)
鉄砲を撃つ覚悟 鉄砲を撃つ理由  鉄砲を撃つことは命を絶つこと、奪うことだ  女子には女子の仕事がある。男女の役目を超えてまで鉄砲を撃つ理由があるのか? 八重の両親は頭ごなしに八重を叱るのではなく、諭す。  黒船に乗ってみたいという思いに囚われた覚馬で....
『八重の桜』第2回 (悠雅的生活)
やむにやまれぬ心
大河ドラマ「八重の桜」 #02 やむにやまれぬ心 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
新島八重って、昭和まで生きていたんですね。 このドラマではどこまでやるんでしょうか。 昭和まできたら、ほぼ現代劇ですね。
八重の桜 第2回 「やむにやまれぬ心」 (青いblog)
狩りのシーンがナウシカっぽかったので、「殺さないでェェェ」みたいな台詞を八重が叫ぶのかと思いきや、 鉄砲は人を殺す道具で、打たれたら鳥だろうと人間だろうと必ず死ぬということを、八重が教えられ...
やむにやまれぬ心 (義風捫虱堂)
「八重の桜」#2 明日が休みだからまた視聴しました。。。
大河ドラマ 八重の桜 感想 第2話 (八重の桜 キャスト 大河ドラマ 2013の館)
吉田松陰(小栗旬)が 密航を企て捕まるところまで一気に話が進みました。 サブタイトルの『「やむにやまれぬ心」』は、 吉田松陰の下記の句から取ったものではないでしょうか。 かくすれば かくなるものと知りながら やむにやまれぬ 大和魂 吉田松陰のこの句は ...
八重の桜 第2回「やむにやまれぬ心」~八重も同じだ。やむにやまれず描いでる (平成エンタメ研究所)
 今回のモチーフは『やむにやまれぬ心』  覚馬(西島秀俊)は『やむにやまれぬ心』で脱藩してまで黒船に乗ろうとし、吉田寅次郎(小栗旬)は実際に乗って捕縛されてしまう。  佐久間象山(奥田瑛二)も何も変わらない幕府に「何たる馬鹿者か!」と一喝! 結果、故郷・...
八重の桜第2話 & dinner第1話(1.13) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
・八重の桜第2話 兄山本覚馬@西島秀俊は佐久間象山@奥田瑛二のもとで 学んでいたが、象山が蟄居を命じられたため帰藩、 砲術への思いを捨てるよう両親から説得され続けながらも 諦めなかった八重@鈴木梨央→綾瀬はるかに 鉄砲の手ほどきをすることにしたと 八重が鉄砲...
八重の桜 第2回「やむにやまれぬ心」 (D☆エディション)
第2回目は八重が本気で鉄砲を握ると決めるまでのお話。 現在ですら女だからと言われることが多いのによくも我が道を通したものです。 兄・覚馬の理解もあったから八重という歴史に ...
【八重の桜】第2回感想と視聴率「やむにやまれぬ心」 (ショコラの日記帳・別館)
【第2回視聴率は、1/15(火)追加予定】 今日は、こちら、今シーズン初めての雪
【八重の桜】第2回感想と視聴率「やむにやま... (ショコラの日記帳)
【第2回視聴率は、1/15(火)追加予定】今日は、こちら、今シーズン初めての雪です。横浜12cm(15時現在)の積雪との事。雪に馴れていないので、大変です(汗)まさか、第2回で、八重の2番...
八重の桜 第2回「やむにやまれぬ心」 (あしたまにあーな)
前回から引き続き子役の八重役で登場している鈴木梨央さんがいい味を出しています。鉄砲を学びたいという強い思いに対して、父である権八も見事な説得を行います。 それは、鉄砲を夢見るのは構わないがそれ自身が殺生の道具であり、生半可な気持ちで考えてはならないとい...