★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★

TB専用ブログです。本宅にてアニメ・ドラマレビュー中心に、声優話・舞台鑑賞レポ等をUPしております。管理人@なぎさ美緒

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドラマ「Woman」 第11話(最終回) あらすじ感想「こどもたちのこどもたちへ」

2013-09-12 03:57:12 | TVドラマ感想

生きる意味とは--------------!!?





最終回でも、この作品の流れは変わらない。

なんだろうなぁ。
本当この作品の中で流れる時間は緩やかだ。




望海のものなのに、お母さんがよく使うものとは?

なぁんてなぞなぞを出す望海。

うん。
これは一緒になって考えたなぁ。

名前ね(^^)





すっかり親子の関係を取り戻した小春と沙千。






続きを読む





第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話


トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« BROTHERS CONFLICT 第11話... | トップ | アニメ「Free!」 第10話... »

TVドラマ感想」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

ドラマ「Woman」 第11話(最終回) あら... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
生きる意味とは--------------!!?最終回でも、この作品の流れは変わらない。なんだろうなぁ。本当この作品の中で流れる時間は緩やかだ。望海のものなのに、お母さんがよく使うものと...
【Woman】 第11話 最終回 と総括感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
伝えてください。 「検査、受けてくれてありがとう」 「手術の時はよろしくお願いします」。 私の妹に伝えてください。 「あなたのおかげで生きられる」。 「あなたも生きてください」。 Woman...
「Woman」シングルマザーの現実の先に小春と子供のために信が繋いだ信じ合う親子と姉妹の切っても切れない絆 (オールマイティにコメンテート)
「Woman」最終話は小春のドナーと適合するか栞はドナー検査を受ける。ドナー検査を受けた栞に対して小春は当初は適合しても拒否する姿勢を示すがそれを信の遺品を見た小春が信が生 ...
Woman (第11話 最終回・9/11) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
日テレ『Woman』(公式) 第11話 最終回『こどもたちのこどもたちへ』の感想。 暗いドラマが嫌いとか、そう言う話で無く… 最終回までの総括で。厳しき環境下で寄り添い生きるシングルマザー...
Woman 最終回~人生は思い出の積み重ね (平成エンタメ研究所)
 ストーリーはオーソドックスなんですが、語り口が上手いんですよね。  たとえば、栞(二階堂ふみ)が骨髄移植のドナーとして適合したシーン。  せりふはなくて映像だけで描かれる。  栞が崩れ落ちて公衆電話の受話器を落としたり、自転車を倒したりするから、視聴者....
Woman (AKIRAのドラマノート)
最終回の感想 
Woman #11 最終回 (ぐ~たらにっき)
『こどもたちのこどもたちへ』
Woman 第11話(最終話) (ドラマハンティングP2G)
第11話「こどもたちのこどもたちへ」 2013年9月11日放送 栞(二階堂ふみ)が小春(満島ひかり)との骨髄適合検査を受け、その結果が出る当日。栞が夕方4時に病院で結果を聞くことになっていた。 紗千(田中裕子)と健太郎(小林薫)は、心配でならない。小春は何も聞か...
Woman 第11話(最終回) (レベル999のgoo部屋)
『こどもたちのこどもたちへ』 内容 紗千(田中裕子)健太郎(小林薫)の説得もあって、 骨髄適合検査を受けることにした栞(二階堂ふみ) その日、小春(満島ひかり)たちは、いつものように過ごしていた。 紗千と健太郎は、結果を心待ちにするが。。。。 敬称略 ...
マドイセンをしました (虎党 団塊ジュニア ブログ 弐号機)
「エスカルゴ 食べるよね」 「プリン 食べよう と思ったら 茶碗蒸し だったの」 「笑いながら 怒る人を やります」 『もののけ姫』のエボシとジコ坊 『...
Woman 最終話:こどもたちのこどもたちへ (あるがまま・・・)
ま~どい~せん~♪(*´Д`)θ~♪ラララ エンディングは今までのシーンのおさらいっぽい感じだったけど、当初は 生活苦でどうなる事やらと思ってた青柳家に、こんな団らんの日々が訪れるとは・・・ 小春の入院はめちゃくちゃ長引いたようだけど、これって植杉家に同居...
Woman最終回&ぴんとこな九話感想 (NelsonTouchBlog)
■Woman最終回 満島ひかり母子達、田中裕子、小林薫の団らんは、楽しそうで明るい雰囲気に満ちていた。そこには病気のことなんて微塵も感じられない。けど、電話が鳴るシーンがたびたびあって、それが結構ドキドキする。実は、二階堂ふみが満島に謝りにきたのだ。「・・...
【Woman】最終回(第11話)感想と最高視聴率で有終の美 (ショコラの日記帳・別館)
「こどもたちのこどもたちへ」 最終回(第11話)の視聴率は、前回の14.0%より
《Woman》#11(最終話) (まぁ、お茶でも)
新学期が始まった。望海は、学校へ行くので母の見送りを受けて、 行きかけて戻って来た。なぞなぞですと言った。 「望海のモノなのに、お母さんが良く使うものはなんなんでしょう。 帰ってくるまでに考えといてね」 新しい家族との生活が、親密度を増している日々だった。
映画並みの質と演技と (笑う社会人の生活)
ドラマ「Woman」を見ました。 日テレにて 水曜10時からやってました この枠、大人向けの作品が多いイメージですが 今回もまさに、そしてヘビーに 「Mather」のスタッフということですが そちらは見てないのでなんとも しかし、とにかく質の高さというか ...