空色の言の葉

思い浮かんだシーンを綴っていきます

夏とかき氷

2022-08-21 11:42:05 | 詩・四季
『シャリ』

夏の終わり

かき氷を食べる

今年は特に暑かった

来年はもう少し涼しいといいな

でもそうなると

かき氷を食べる回数が減るかも

そんなことを思いながら

過ぎゆく夏を見送る
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新しい一歩

2022-06-05 20:28:46 | 詩・日常
木漏れ日が溢れる中を

ゆっくりと歩く

ずっとこもっていたから

吹く風も優しく感じる

心も身体も

思いっきり解放して

新しい生活を楽しんでいこう
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

何処へ向かう心

2022-01-22 16:56:26 | 詩・切ない
目の前に広がる

真っ白な世界

ただ ただ 歩く

何の目的もなく・・・・・

私の心は

何処へ向かうのだろう


*****************
久々の色シリーズ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋の色

2021-10-10 14:04:50 | 詩・四季
緑一色だった木々の

葉が少しずつ

秋を感じさせる色に変わっていく

出掛けられなかった夏

その分を取り返しに

ちょっとだけ遠出してみようか
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

空に想う

2021-04-24 18:27:06 | 詩・その他
雲一つない

水色の空に

飛び込んだら

何か見えるだろうか?

夢 希望 それとも・・・


*********************************

「色」シリーズ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする