民謡/梅若朝雲(駅前仙人)の徒然日記2007.1.28~

民謡&三味線の師範・釣り・料理など多趣味。

Day.2691 銭の値打ち

2014-06-11 00:50:00 | 老境ものがたり
断捨離に際して銭の値打ちと言うか価値観の相違とかを知る良い機会になった。
それは誰に言うと言うのではなく自分自身への嘲笑である。
「遅いっちゅうねん!
「これはこれは天の神さんゴキゲンヨウ!

何につけても、良かれと静かに進行出来る事は結構な事である。
その上で全てに於いての低退化(脳力も含む)を意識して対処する仙人を褒めてあげたい
くれぐれも申し上げるが決して愚痴ではアリマセン・・・ネンノタメ
何処までも仙人のツブヤキなのでアリマス。
日がなスローに暮らし、手に触れるものに思いを致しながら不幸ではない時間を過ごす。
差し当たって入院の必要な病もないのも大きな要因である。





閑話休題。
全く関係ないが「ゴキゲンヨウ!」は・・・朝ドラである
近年になく面白く引き込まれているが、それには若干の要素があるように思う。
結論が見える賢く貧しい女の子の立志伝に対し、ハイソな華族令嬢の行く末・・・
この二人が時に絡み合って物語を展開していくことで退屈することなく鑑賞出来る。
が、今は「蓮子」の方に興味が傾く・・・美しく素晴らしい女優と言うだけではない。
筋として、高貴の夫人が粗野な暴君を・・・と言う方が・・・タノシミだ
ドラマの筋書きは決まっているだろうから、それこそタノシミである。

が、・・・ここで終わらないのが仙人の薀蓄。
時代劇を見るに・・・若い女優に限らず若い俳優にも気に成る「ピアス穴」
テープを貼ったりしてメイクアップしているようだが、うっかりしたのか時にクッキリと。
余談の余談だが韓流ドラマには「モロ」と言う画像が多い(こちらはどうでも良い)

アッチのじゃなくコッチのテレビはデスクの上で、
しかも老眼鏡を掛けての「ついで見」だからシッカリハッキリクッキリ!
取り敢えずが娯楽番組だから目くじらを立てる事でもない・・・とは言いながらである。
この先4Kだの8Kだと言う時代、役者志望者も「身体髪膚」を大切にして貰いたいもんだ。
「ナルホド」の話だが、かつてハイビジョンになった時、多くの女優は嘆いたそうだ

日曜日からチョコチョコ出の数日、今日は久しぶりにゆっくりしている。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Day.2690 外食 | トップ | Day.2692 やっぱ!内食... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

老境ものがたり」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事