民謡/梅若朝雲(駅前仙人)の徒然日記2007.1.28~

民謡&三味線の師範・釣り・料理など多趣味。

Day.4242 無題・・・

2018-09-08 20:20:10 | 男の手料理
今日のタイトルは無題・・何だか思考がまとまらない。
書き出せばどうにかなるだろうと・・まるでスーダラ節だ

珍しいお菓子を頂いた。
珍しいとは仙人にとってであるが、羊羹を買う事などついぞ無かった。
仙人、現在は大変な酒呑みであるが・・30歳くらいまでは一滴も呑めなかった。
うそのようなホントの話。
大勢のお弟子に鍛えられ鍛えられコンニチニイタル。

それまでは羊羹なら一棹・・おはぎなら10個・・と言う酒豪ならぬ甘豪
信じられまいがその頃は未だ細かった。
そんなキョウコノゴロではあるが、貰ってみると昔の虫が蠢き出す。
チッコイ羊羹だから一個なら良かろうと・・「なるほど美味い!」・・流石虎屋でR。


メンドクサでお昼を食べたついでにまた水餃子の追加製作を頼んだ。

 
夏大根で美味しくは無かろうと思ったが人参とでナマス。
&キンピラ・・おにぎり一個ずつで簡単に・・焼魚の残りとか・・誠に健康的な夕食でアリマシタ。

さて明日は三味線おさらい会・・朝が早いので・・少しは早く寝ようと思っている。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« Day.4241 餃子物語・・・ | トップ | Day.4243 三味線おさらい会... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美味しいですよね! (鯉)
2018-09-08 22:01:46
私も先日同じ物を頂きました。

毎日一ヶ・・・あっと言う間に食べきりました!

ああ、美味しかった!

それにしても「飲まない時代がおありでしたとは」!!
鯉さん・・・ (仙人)
2018-09-10 21:19:54
ハイ!・・呑まない時代とスリムな時代が有ったのデス^0^;

コメントを投稿

男の手料理」カテゴリの最新記事