民謡/梅若朝雲(駅前仙人)の徒然日記2007.1.28~

民謡&三味線の師範・釣り・料理など多趣味。

Day.4276 佐渡おけさ・・・

2018-10-12 19:45:00 | 民謡夜話
久し振りの民謡談義である。
仙人は民謡が好きだ・・当然の事やが「メッチャすっきゃ!
そやから右も左も分からん若いうちから隠岐の島へ当時絶世の福浦国子を尋ねたり
南部牛追い唄の神様畠山幸一師から直接テープを送って貰ったり・・・。

きらびやかな民謡歌手より正に「土の香り」のする唄が好きなのだ。
そこで「ご当地競演集」が手元に沢山ある。
佐渡おけさ競演集をはじめ越中・郡上など枚挙にいとまがない。
その割に、自身はあまり上手くはならなかった
声も壊してしまったし・・このまま終わって行くしかない←←「暗い!
だが、案外気にしていないネアカ仙人ナノダ

さてその佐渡おけさ・・40年以上も前に買ったテープだから今様とは少し違う。
そこが又イイノダ。
耳新しいと言うか普段は聴けない歌詞・・
「こいちゃ~こいちゃ こいちゃで二度騙されてよ またもこいちゃでだます気か」
こいちゃは「いらっしゃい」だ。

似たような歌詞は他の曲にもある。
鹿児島よさこい・・「よさこいよさこいと迷わせおいて 来てみりゃ柳に春の風」
高知のよさこいにも同じ似たような歌詞が。
よさこいは「夜さ来い」。

もう一つは・・「来いと言うたとてちょっこらチョイト隣の酒屋へ徳利持って
          一合や二合の酒買いに行くような訳には 行かりょうか佐渡へよ」
この「一合や二合」にビビット来る
人間に色気が無いとこんな良さは分からない(Hの色気とはチャイます

仙人はマニアの様にCDにコピーしては配りまくる(今回は一枚だけ)。
が・・案外感動が無いのか「感想」が来ない。
無論それを期待している訳では無いが「もう止めよ」とそのたびに思う・・が・・
治らないのが病と言うモノでR


さて、冒頭の写真はXO醤(XOじゃん)・・恥ずかしながら初めて買った。
干し貝柱・干しエビ・干し鰈・・等が主な原料と有る・・香りを嗅ぐ・・GOO!
早速・・

いつものチャーハンに・・今夜は「カニチャーハン」・・味付けにこのXO醤。
ひっくり返る程美味かった・・ひっくり返らなかったけど
これは魔法の調味料やな・・が・・感想である・・屹度病みつきになる

今日は今里まで譜面台を借りに行った・・明日はお昼過ぎにお弟子が来て
4時半からホテルKKRで先日の反省会・・3時には家を出る心算。
無理を言って従妹にお留守番を頼んだ。


コメント