民謡/梅若朝雲(駅前仙人)の徒然日記2007.1.28~

民謡&三味線の師範・釣り・料理など多趣味。

Day.4147 岡田浦漁港顛末記・・・

2018-06-05 23:18:00 | ちっちゃな旅
今日も退屈しのぎ(妻の)に泉南岡田浦漁港までひとっ走り。
先日食レポで「ヨサゲ!」と思ったので・・1時間半圏内・・。
ご覧の通りです・・朝市は日曜日だけとかで飯屋も無い閑散漁港・・。
食レポ追っかけで失敗した例は多いが「コレはないやろ!

行き掛けに見掛けた店を求めて数分・・

道の駅「の様な」・・食堂の裏がすぐに海岸で白い玉石を敷き詰めて美しい。
遠くに見える海上橋が関空への道。

飯は漁港間近かと言うのにどうと言う事もない。
 

さて、昼飯も終え・・気を取り直して近くの泉佐野漁港へ(数分)

ここも来た事は無いが音に聞こえた・・「青空市場」とあるが屋内。

午後2時過ぎであったのでボチボチ値下げ販売。
生きた魚も数多く・・こんな店が30件も有ろうか・・中々のモンであった。
タコ一杯と鱧を2本・・計4.000円也買い物をした。

 
タコはタップリの塩でもみ洗い・・鱧は「自分で骨切りするから」と言ったら随分負けて呉れた。
塩もみは兎も角、骨切りで左手の指が吊り・・これこそ年寄りの冷や水であった。
これからは荒っぽくとも切って貰おう・・と・・決めた
しかし乍ら・・ヤッパちやうね・・スーパーで買ったのとは・・久しぶりに美味しい蛸を食べた。
勿論仙人の絶妙なる茹で加減も功を奏した。
鱧も納得の味・・これから益々美味しくなる・・「また行こ!」暇つぶしに

待ち兼ねたラッキョウが田舎から届いた。

その話は又明日に・・「今夜はここらで良かろうかい」
UPが遅くなったのは泥付きラッキョウのお掃除をしていたから。


コメント