民謡/梅若朝雲(駅前仙人)の徒然日記2007.1.28~

民謡&三味線の師範・釣り・料理など多趣味。

Day.2432 ヘンバーグ?

2013-09-25 20:24:24 | 民謡夜話
ハンバーグに特別な定義があるかと思ったが、取り上げるほどの事は無い。
仙人の周りでは「料理教室」の通われる本格派が多いので近々は面映い・・・
仙人のバヤイは究極の我流である
ただし、味に於いて引けを取るとは思った事もない
が・・・如何にも「プロ」と認識する香辛料などに就いては及びもない。

挽きたての「挽き肉」を召し上がる機会は殆んどないと思う。
ふうわりとしたミンチ・・・格別・別物です。
肉屋に友達がいないと無理・・・
そんなコンナが男の手料理の醍醐味なのである。
さて、今夜のスペシャルは・・・何と呼べばいいのでしょう

海老を美味しく食べたいと思って・・・。
「こんなものは常識じゃ」と言われるかも知れないが・・・ひとくさり。
一口に言えば「海老のハンバーグ?」ってアリ?

インド産ブラックタイガーを12匹ばかり(・・・こだわりがアルノデス)
背ワタをきれいに取ってまな板の上で粗微塵にトントントン!
生食用のホタテを6個ばかりトトトントントン!
玉子1個・・・片栗粉、メリケン粉少々、パン粉で繋ぐ・・・塩胡椒は言うまでもない。
広げたパン粉の上に転がし・・・分厚く・・・弱火でじっくり。

仙人のバヤイ、ソースはソース・・・ウスターとトンカツとマヨ&ケチャ&胡椒。
食べる前にレンジでチン・・・3分。
これは温めると同時に分厚い食材に完全に火を通す意味合いが強い。
ご予約さんの「オイヒイネ!」の評価は言うまでもない

男の手料理・・・初期にはレシピを書いて居ったが、今はもうしない。
日々の食材・・・日々の思い付き・・・レシピは経験と言う言葉に変わって「臨機応変」
貧しくも楽しい夕餉が少しでも長く続くことを只管願う老宅でアリマス。


コメント (6)